美容に良いレモンの7つの利用法

8月 22, 2015

レモンは料理においしさをプラスするだけではなく、健康にも美容にも良いことで知られる果物です。レモンには、引き締め効果と殺菌効果のある成分が含まれており、自然の美白剤として作用します。更に、抗酸化物質のビタミンCが大量に含まれいるのが特徴で、酸をコントロールして脂肪の燃焼を促します。レモンが持つ美容の秘密をまだ知らないというあなたに、ここでその利用法をいくつか紹介します。是非試して見ましょう。

肌に効果的

レモンは、特に脂性の肌に悩む人には強い味方です。レモンの収斂作用が肌の脂を取り除く助けをしてくれ、見た目が劇的にきれいになります。ただし、太陽に当てるとシミになってしまうため、肌に使う場合は絶対に夜寝る前にすることが重要です。そのため、夜寝る前にレモンを使い、次の日は日焼け止めを塗って外出するとよいでしょう。使い方は簡単で、レモンを少し絞って、スプレーボトルかコットンを使って顔に直接塗るだけです。

唇の角質除去

唇乾燥

唇の健康に影響を及ぼす要因には様々なものがあり、結果的に唇が乾燥してひび割れを起こすことがよくあります。この問題とお別れするのに効果的な方法が、夜寝る前にレモン汁を少し唇に塗ることです。これは唇を保湿して角質除去を助ける方法で、すぐに違いが見えてくるでしょう。

髪につやを与える

これはレモンの美容効果の中でも良く知られているものの一つで、非常に高い効果が得られます。髪の色を明るくして艶を与えるためには、髪にレモンの絞り汁をつけてから太陽光に当てます。日光に当たることで髪の色を明るくし、輝きを与えてくれます。より高い効果を得るために、少なくとも週に一回これを繰り返しましょう。

毛穴の黒ずみと戦う

毛穴・黒ずみ

レモンには収斂作用と抗菌作用があり、皮膚の老廃物や余分な皮脂を取り除く手助けをしてくれます。毒素を取り除いて肌を奥からきれいにしてくれるため、毛穴の黒ずみと戦う強い味方です。夜にレモンで少し肌をこすり、10分置いてから水でしっかり洗い流します。ただし、太陽に当たる時にはレモンを肌にぬってはいけないことを忘れずに!

シミを目立たなくする

ニキビ、日光、病気、食事など、シミの原因はたくさんあり、肌の見た目に大きく影響します。シミを目立たなくするのに効果的な方法が、シミのあるところにレモンの絞り汁を少しつけて15分ほど置き、冷たい水で洗い流す方法です。日光に当たると逆効果になってしまうため、必ず夜行いましょう。

爪の強化とシミ抜き

爪・健康

化学製品の使用、家事やその他の悪習慣がを弱くしたり、シミを作る原因になります。レモンは、爪のシミを取り除き同時に丈夫にもしてくれる、私たちの強い味方です。レモンの絞り汁少々をスプーン2杯のオリーブオイルに混ぜて塗るだけです。

腋に使う

レモンは腋の肌にとっても強い味方です。自然のデオドラントとして働き、同時に脇にできやすい黒ずみを明るくしてくれます。レモンに含まれるクエン酸が臭いの元となるバクテリアを殺してくれるため、緊急時のデオドラントとして効果的です。脇下の肌を明るくするためにお勧めなのが、レモンの絞り汁とオーツ麦、はちみつを少し混ぜたものを使うことです。出来上がったペーストを腋下に塗って、1時間置きます。

あなたへおすすめ