悲しみを乗り越えるための5つのステップ

· 3月 30, 2018
生きているとどこかの時点で愛する人を失った悲しみを経験することになるでしょう。そんな深い悲しみを受け止め、乗り越える方法を見ていきましょう。

生きていると、悲しみや痛み、落ち込みを感じるような状況は多々あるでしょう。生きているとどこかの時点で愛する人を失った悲しみを経験することになるでしょう。それは、家族の誰かの死かもしれませんし、愛する恋人との別れかもしれません。今日は、愛する誰かを失った悲しみを乗り越えるための5つのステップを見ていきましょう。

 悲しみを乗り越える5つのステップ

何かとても悲しいことや難しいことに直面した時、私たちは以下のようなステップでその辛さを乗り越えていきます。

1. 拒否する

拒否する人

まず、自分の身に起こったことが信じられません。全てが悪い夢で、目を覚ませば何もかもがうまくいっていると考えるのです。現実が信じられないこと、そして起こったことを否定することが一番最初の段階です。

2. 誰のせいかを追求する

二番目の段階では、この状況を生み出した誰か、または何かに対して罪や怒りを感じます。この段階を乗り越えなければ、いずれ何年も恨みや憎しみを抱えることになるかもしれません。それによって健康をも害する場合があります。また、心の傷は決して癒えないでしょう。

3. 落ち込む

落ち込む女性

この段階では、とても強い感情を経験します。失ったものの大きさに気がつくからです。泣き、孤独を感じ、眠れなくなり、食生活が変わるというのは状態の一般的なサインです。

こちらも参照『不安感やうつに繋がる6つの食習慣』

4. 怒る

失ったものや関係を取り戻す方法は何もないことに気がついたら、怒りやフラストレーションを感じるでしょう。この状況に直接関係のない人にまでイライラすることもあります。

5. 受け入れる

話し合う男女

心身の健康のためにも、是非とも早めに到達したい段階がこれです。現実を直視し、古い心の傷を癒しながら新しい状況に順応していくことは、簡単にできる人となかなかできない人がいるでしょう。

 悲しみを受け止め、乗り越えるためのポイント

多くの人にとってもっとも辛く悲しい出来事といえば、死や別れでしょう。自分にとってとても大切だった何か、誰かを失うと私たちは嘆き悲しむのです。

喪失感はとても辛いものですが、私たちは立ち上がり、これからも自分のために、また周りの人のためにも前に進まなくてはいけません。さもなければ、悲しみを乗り越えることはできないでしょう。

何もする気が起きない、自分も死んでしまいたいとさえ考えてしまう、強い痛みを感じる、感情が高ぶるといった状態があれば、専門家のセラピーを受けて治療すべきでしょう。

もしも愛する人の死を経験した時には、以下のことを忘れずにいてくださいね。

1. 泣きたいだけ泣く

泣く女性

子供の頃、”泣くのは弱虫だ”と言われたことはありませんか?実は、誰かを失った時の強い悲しみを感じた時に泣くというのは、フラストレーションや悲しみを軽減する素晴らしいが方法でもあるのです。最終的には、体の身体的、精神的、感情的な健康は泣いたことに感謝するでしょう。

ですが、だからといって四六時中泣くべきだというわけではありません。涙が出ることで魂が洗われるのです。痛みを感じて良いのです。泣くことを恥じる必要もありません。つまり、悲しみに打ち勝つためには泣くことが大きな助けとなるのです。

2. 自分に時間とスペースをあげる

深い悲しみを抱える期間は数日、数週間、数ヶ月、時には数年に及びます。これはその状況に及んだ要因やあなたの個性、その人との関係、自分の人生にどのように受け止めたか、状況をどのように乗り越えたかによります。

悲しみに打ち勝とうと自分を急がせないでください。もちろん、いつまでも悲しみを抱えているのは良くありません。いつかは癒えなくてはいけません。ですが、急ぎすぎてはいけません。競争ではないのです。

3. 助けを求める

泣く女性と慰める男性

辛い別れを経験したのなら、友達、家族、パートナーなど泣くための胸を貸してくれる人に頼りましょう。家族の誰かが亡くなったのなら、自分の夫や妻、子供たちがいます。大切なことは、あなたの話を聞き、良いアドバイスをくれる人、またはあなたが嘆き悲しむ間、ただそばにいてくれる人を見つけることです。

専門家によるセラピーを受けたり、同じような経験をしたサポートグループに参加するという方法もあるでしょう。同じような経験をし、苦しんでいる人たちがいかに多いかに驚くはずです。時には、長年知っている相手でなく、全く知らない人に自分の感情を話すのも効果的なのです。

4. 感情を表現する

自分は愛されている、守られていると感じさせてくれる誰かを見つけるのに加え、自分の身に起こったことについて話すことが大切です。鏡の自分に向かって話したり、日記に書き留めるだけでもちょっとした効果はあります。

自分がどのように感じているかを表現したら、背中に背負った荷が軽くなったような気になるでしょう。そして、次のステップへと進む道がはっきりと見えてくるでしょう。自分の抱える感情を心の中に留めていてはいけません。どうか吐き出してください。

5. 自分自身をいたわる

自然を楽しむ女性

嘆き悲しんでいる時は、日々の家事や自分自身の身支度に気を配れなくなるというのはよくあります。ですが、どれほど悲しくても水分はしっかりとり、食べ、眠り、清潔にしていなくてはいけません。さもなければ、感情的にも、スピリチュアル的にも傷が癒えることはありません。

まずしなくてはいけないことは、自分の体をいたわることです。シャワーを浴び、髪をとかし、服を着替え、少しでもメイクをしましょう。外に出て新鮮な空気を吸いましょう。美味しいお茶やスープを飲んで悲しみで冷え切った心を温めましょう。

最後に、自分の人生をこれからも生きていくには、自分にできることをしなくてはいけません。たとえ、難しく思えても、心の中は壊れていても、自分のやっていることに意味がないように思えても…前に進むのです。そのうち、ゆっくりと、傷は癒えていくでしょう。