潰瘍性大腸炎の5つの自然治療法

01 1月, 2020
潰瘍性大腸炎の症状がありますか? 今日ご紹介する自然治療法も効果がありますが、当然、医者にかかることが不可欠です。
 

潰瘍性大腸炎は慢性腸疾患の一つで、結腸(大腸)の内側にダメージを与えて害を及ぼす病気です。

はっきりとした原因は解明されていませんが、遺伝に関わっていることがほとんどです。微生物叢の変化が腸の浸透性を増加させてしまいます。下痢と一緒に起こる事があり、単なる下痢だとよく間違われることがあります。しかし結腸の炎症により、他の症状と混ざって大腸炎の症状が現れます。

腸内部に内出血や傷ができ、腹痛や腫れ、また便に血液や膿が出ることもあります。

食生活の改善が主な治療方法ですが、症状を抑える自然治療薬も役に立ちます。

今日は5つの方法をご紹介します。試してみてください!

1、キャベツ水

キャベツ 潰瘍性大腸炎

浄化成分で人気が出てきたキャベツですが、キャベツ水は大腸炎によって起こる不快感を和らげる成分も含まれています。

抗酸化成分が含まれおり、食物繊維、ビタミン、ミネラルも豊富で消化されると結腸の炎症を抑制してくれます。

材料

  • 水 2カップ(500ml)
  • キャベツの葉 5枚

作り方

  • 水を鍋に入れて、キャベツの葉を加えます。
  • 火にかけ沸騰させます。沸騰したら弱火にし3分間煮続けます。
  • 火から下ろし、室温になるまで冷まします。摂取できる温度になったら、キャベツの葉をざるにあげます。

飲み方

  • 空腹時にコップ一杯のキャベツ水を摂取しましょう。午後も飲むようにしましょう。
 
  • 毎日2〜3杯飲むと良いでしょう。

2、カモミールティー

カモミールティー 潰瘍性大腸炎

腹痛を和らげてくれる伝統的な自然治癒薬で、潰瘍性大腸炎にも効き目があります。

カモミールティーは抗炎効果、鎮痛効果、リラックス効果があり、結腸の傷を抑えて痛みと下痢を抑制してくれます。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • カモミール 小さじ2杯(10g)
  • はちみつ 大さじ1杯(25g)

作り方

  • 水を沸騰させます。沸騰したらカモミールの花を加えましょう。
  • 火を消し蓋をします。室温で冷ましましょう。ぬるくなったらざるでこします。
  • はちみつを入れて甘くしましょう。

飲み方

  • 腹痛時、または空腹時に飲むようにしましょう。
  • 毎日2〜3回の摂取を続けるとよいでしょう。

3、アロエとはちみつのジュース

アロエ 潰瘍性大腸炎

アロエの治癒成分と消化成分が、結腸の内側にある傷の炎症を抑えてくれます。

はちみつを少し加えると、潰瘍と粘液を治しながら、消化管通過を手助けしてくれます。

 

材料

  • アロエの液 大さじ3(45g)
  • はちみつ 大さじ2(25g)
  • 水 1/2カップ(125ml)

作り方

  • アロエ液、はちみつ、水をブレンダーに入れて混ぜ合わせます。

飲み方

  • 空腹時に飲んでください。最低でも3習慣は続けましょう。

こちらもご覧ください:アロエベラの健康効果5選

4、オートミルク

オートミルク 潰瘍性大腸炎

オート麦は潰瘍性大腸炎の患者さんの食事には、大変優れた食べ物です。食物繊維が豊富で、抗酸化成分も含んでいるので、腸を健康に保ってくれます。

今回は、下痢、腹痛、など腸炎の症状を緩和してくれる、滑らかな自然治療薬ベジタブルミルクを紹介します。

材料

  • オートミール 大さじ3(30g)
  • 水 1カップ(250ml)
  • はちみつ 大さじ1(25g)

作り方

  • 水にオートミールを入れて、数時間置きましょう。
  • 置いた水とオートミールをブレンダーに入れて混ぜ合わせます。
  • 滑らかになったらはちみつを加えます。

飲み方

  • 空腹時に飲んでください。2週間続けてみましょう。
  • お好みであれば、週に3回程、習慣づけて飲むのもいいでしょう。

こちらもご覧ください:植物性ミルクの作り方と効果

5、フェヌグリーク種のドリンク

フェヌグリーク 潰瘍性大腸炎
 

フェヌグリーク種のドリンクは、消化器官の問題を解決してくれる伝統的な自然治癒薬です。結腸の不快を取り除いてくれる、抗炎症成分と痛みを和らげてくれる成分が含まれています。

材料

  • 水 1カップ(250ml)
  • 挽いたフェヌグリーク種 小さじ1杯(5g)

作り方

  • 水を沸騰させて、フェヌグリーク種を加えます。
  • 火を止めて蓋をし、10分置きます。

飲み方

  • 空腹時に飲んでください。1日2〜3回飲みましょう
  • 大腸炎の症状が治るまで飲み続けましょう。
 
  • Al-Snafi, P. D. A. E. (2016). Beneficial medicinal plants in digestive system disorders (part 2): plant based review. IOSR Journal of Pharmacy (IOSRPHR). https://doi.org/10.9790/3013-067038592
  • Butt, M. S., Tahir-Nadeem, M., Khan, M. K. I., Shabir, R., & Butt, M. S. (2008). Oat: Unique among the cereals. European Journal of Nutrition. https://doi.org/10.1007/s00394-008-0698-7
  • Langmead, L., Dawson, C., Hawkins, C., Banna, N., Loo, S., & Rampton, D. S. (2002). Antioxidant effects of herbal therapies used by patients with inflammatory bowel disease: An in vitro study. Alimentary Pharmacology and Therapeutics. https://doi.org/10.1046/j.1365-2036.2002.01157.x
  • Miraj, S., & Alesaeidi, S. (2016). A systematic review study of therapeutic effects of Matricaria recuitta chamomile (chamomile). Electronic Physician. https://doi.org/10.19082/3024
  • Rajeswari, R., , M. Umadevi, C. S. R., & , S. Selvavenkadesh, K. P. Sampath Kumar, D. B. (2012). Aloe vera: The Miracle Plant Its Medicinal and Traditional Uses in India. Journal of Pharmacognosy and Phytochemistry.