アロエベラの健康効果5選

· 4月 10, 2019
アロエベラの葉の中にあるゲルには、ビタミンとミネラルが豊富に含まれています。ゲルの持つ複数の利点を最大限に活用するためには、アロエベラを外用または内服する方法があります。

アロエベラには数え切れないほど多くの健康効果があるのをご存知ですか?

興味深く効果的な特性を持つアロエベラから抽出されるゲルは、古代から幅広い用途に使われています。

アロエベラには、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、そして様々な酵素をはじめとする多くの有効成分が豊富に含まれているため、驚くほど幅広い特性があります。

本記事では、アロエベラの持つ健康効果の中から特におすすめのトップ5をご紹介します。

アロエベラの持つ5つの健康効果

ここから、アロエベラの持つ健康効果をご紹介します。

1. 歯科衛生

口内の健康

アロエベラは、口内の健康維持におすすめで、蓄積された歯垢を取り除き、歯茎の出血や腫れを軽減するのに役立ちます。

また、歯肉炎や歯周炎などの症状を緩和するのにも効果的です。

アロエベラの持つ、バクテリアなどの細菌を殺す殺菌効果が、口内炎などの痛みの治癒スピードを向上させ、痛みを和らげるのに役立つでしょう。

2. 減量をサポート

アロエベラは、消化機能とデトックス機能を改善するため、最終的には減量の促進に役立つ効果が期待できます。

体内の有害物質や老廃物による負担を軽減する効果、そして消化機能を促進する効果があるため、体内により多くのエネルギーを補給するのにも役立つでしょう。

アロエベラの効果を最大限に活用するためには、本当に必要な時に適量だけを摂取してください。

アロエベラのゲルで作るジュースがおすすめですが、強い風味が特徴的なアロエベラが飲めない時は、他の食材と混ぜて健康的なスムージとして飲んでください。

この植物の恩恵を受けるために、私たちは適度にそしてそれが本当に必要なときにそれを使うことを勧めます。また、そのジュースは非常に

再発見!:アロエベラジュースを毎日飲むと得られる5つの嬉しい効果

3. 髪と頭皮の天然保湿剤

アロエベラ

アロエベラは、フケや頭皮の乾燥に伴うかゆみや炎症を和らげる素晴らしい自然療法の一つです。

アロエベラのゲルに含まれる抗菌および抗真菌特性の働きにより、痛みを伴う頭皮の病変を引き起こす可能性があるフケ、乾癬、および皮膚炎の治療にも役立ちます。

そして、アロエベラを直接塗布することで、ビタミンやミネラルが頭髪の成長を促進し、毛小胞に栄養を与えます。

アロエベラに含まれる天然酵素の役割は次の通りです:

  • 頭皮の角質を取り除きます
  • 毛包の周りの組織の再生を促進します

「健康はお金を出して買うことはできませんが、非常に貴重は貯蓄となる可能性があります。」

– アン・ウィルソン・シェフ –

4. 炎症の軽減

アロエベラには多くの抗炎症作用があることが知られていますが、これは、過敏性腸症候群や関節に関わる炎症を緩和するのに役立ちます。

アロエベラは関節の痛みなどを軽減し、生活の質と幸福度を向上させます。

アロエベラが局所鎮痛剤などの成分に使われているのは、これがその理由です。

こちらもご参照を:見逃せない!抗炎症作用のある食品7選

5. 肌への効果

アロエベラが多くの化粧品や美容製品の成分として使われていることからもわかるように、肌への高い効果が期待できます。

アロエベラは、99%以上が水分なので、肌に潤いを与えて若返らせるのに役立ちます。

水を含んでいるので、肌を潤いと若返らせるための素晴らしい方法です。

アロエベラは皮膚の中でも、真皮の弾力性を高め、コラーゲンとエラスチンの回復を促進しながら、肌に柔軟性を与えます。

肌を柔らかくしながら滑らかにするエモリエント剤として機能し、酸素が細胞に浸透して若々しい肌状態を維持するサポートを行います。

ニキビができやすい肌の場合は、ニキビの原因となる、毛穴を塞ぐ過剰な皮脂を吸収して余分な油を吸収することで、ニキビを予防する効果が期待できます。

アロエベラが多くのニキビ関連製品の成分として使われているのはこのためです。

ニキビが消えるまで一日に数回アロエベラの使用を繰り返すことができます。

今回ご紹介したものから、それ以外のものまで、幅広い健康効果を持つアロエベラは、治癒効果の高い植物です。

市販品のような即効性はありませんが、忍耐強く継続すれば、自然な方法で健康を維持することができるおすすめの方法です。

1. Vogler BK, Ernst E. Aloe vera: A systematic review of its clinical effectiveness. Br J Gen Pract. 1999;
2. Hamman JH. Composition and applications of Aloe vera leaf gel. Molecules. 2008.