重曹を使った8つの美容法

· 1月 5, 2016

重曹は歯のホワイトニングに役立ちます。しかし、研磨剤がエナメルを傷つけるかもしれないので、使い過ぎには注意したいものです。

誰もが自分に自信が持てるよう、いつまでも明るく美しくいたいと思うものですよね。そして多くの人が、お肌や髪、歯の美容に一番いい材料が、実は身近にあることに気が付かず、美しさを保つためには、化粧品や美容に沢山のお金を掛ける必要があると思っているようです。自宅にある美容に優れている材料の一つとして、重曹があります。すでにキッチンで使ったり、健康のために使えることは知っていますが、実は美容に素晴らしい威力を発揮してくれます。何より、お買い求め安さが魅力でもあります。しかもお店やスーパーなどで簡単に手に入ります。では、美容に重曹をどうやって使えるのでしょうか。

ピーリング

ビューティー エキスパートは、毎日少しずつたまった角質を、定期的にピーリングで除去してあげることを勧めています。重曹はピーリングに打ってつけのアイテムです。重曹3に対してお水1の割合で溶かし、円を書くようにお肌をマッサージします。洗い流した後は、しっかり保湿して下さい。

髪の毛をきれいに洗う

髪

私たちの髪の毛は、油と外気のホコリなどが混ざり、時間と共に油っぽく気持ちが悪くなってきてしまいます。そこでシャンプーに小さじ1の重曹を混ぜて、10分ほどマッサージするように洗髪すると、洗い流した後にすっきり、さっぱりするでしょう。

ひじと膝

ひじと膝は乾燥で悩む箇所ですね。この2箇所を保湿させるために、通常使用しているクリームなどに少量の重曹を混ぜて、ひじと膝の硬い所へクリームが肌に浸透するまで、すりこみます。

やわらかな手

手

お水で溶かした重曹でペーストを作り、爪と手を良くマッサージし、角質やほこりなどを除去してスベスベで健康的な手と爪にします。

白い歯

重曹は自然素材でありながら、ホワイトニングに効果がある物質です。ホワイトニングの効果があるため、市販の歯磨き粉で重曹を使用している場合もあります。自然に歯を白くするために、水に重曹と少量の塩を混ぜて使ってみてください。ただし、エナメル質を傷つけてはならないので使い過ぎにくれぐれもご注意ください。

ナチュラル・デオドラント

重曹2

重曹は悪臭を断つのに最良の材料なので、発汗による匂いを抑えるのに優れています。ペースト状にした重曹を脇の下につけることもできるし、カップ半分の重曹をお風呂の中に入れて入浴することもできます。市販のデオドラントの使用で付いてしまったシミをピーリングする目的でも使用できます。

にきび治療

重曹はにきびやブラックスポット、余分な脂を除去することにも有効です。レモンのしぼり汁に少量の重曹を混ぜて気になる箇所へつけます。この方法は日に当たるとシミの原因にもなりかねるので、夜に行うことが重要です。

疲れた足をリラックスさせスベスベに

足

私たちの足は、長い1日の疲れ、そして古い角質を残さないためにも、十分にケアされリラックスする必要があります。重曹は貴方の足を美しく健康的に見せる手助けをしてくれます。お湯の入った洗面器に、大さじ3の重曹を溶かし、その中へ10分間足を浸けましょう。