重曹を飲むことの健康効果

8月 31, 2016
重曹には様々な使い道がありますが、水に溶かして飲むことで病気予防の効果もあります。

重曹は、料理に使えるだけでなく、掃除や、健康促進などにも利用できるため、世界中の多くの家庭で使用されている製品です。

現代では多くの人が市販の製品を好んで使っていますが、生活のさまざまな場面において、シンプルな重曹を代わりに使う人もいます。

例えばティースプーン半分の重曹を、コップ1杯の水に加えて、夕食後に飲むことは、体の中が酸性に傾きすぎるのを防ぐために効果的な方法です。

重曹を水に溶かすことは、とても古く、かつ世界中で最も広く行われている自然療法の一つです。いくつかの病気を予防するために効果的な方法でもあります

重曹は適量―ごく少量を摂らなければいけません。少量を習慣的に摂ることで、血液の自然なpHバランスを調整し、体の機能をサポートすることができます。以下で具体的に見ていきましょう。

天然の制酸薬

alleviating-stomach-acid

重曹の制酸作用は、重曹が多くの家庭で利用されている理由の一つです。

重曹は胃酸を中和し、不快な胸やけを抑えます。

ごく少量をコップ1杯の水に溶かしたものを飲むことで、炎症やガスを軽減し、消化不良からの回復を早めます。

天然のアルカリ化剤

食品の中には、体の中に酸を作り出し、体がさまざまな病気にかかりやすくなるリスクを高めるものが多くあります。体内の酸化は、骨粗しょう症や関節炎、がんなどのリスクとも関連しています。

重曹はアルカリ化作用で酸を中和することで、体内のpHバランスを整え、健康を改善する効果があります。低コストで病気予防に貢献する優れた自然療法と言えるでしょう。

毎日最小限の量をコップ1杯の水に溶かして飲み、飲みすぎないように注意してください重曹を摂りすぎると体の中がアルカリ性に傾きすぎ、かえってにダメージを与えることになります

殺菌作用

重曹を飲むことの健康効果

重曹には、有害な細菌を取り除く殺菌作用もあります。

そのため、重曹を溶かした水でうがいをすることは、喉の痛みや炎症の治療に効果があります

こちらの記事もご参考に:https://minnakenko.jp/remon-oiru-tsukurikata/

尿路感染症を軽減する

重曹を溶かした水は、尿酸値を下げる作用によって、尿路感染症に対し保護バリアーとしての働きをします

通常の水やクランベリージュースを飲むことに加えて、少量の重曹入りの水を飲むことも、尿路感染症の再発を防ぐ方法です。

痛風などの関節の症状の治療

重曹を飲むことの健康効果

尿の中や血液中、組織中の尿酸値が高いことは、痛みや、痛風・関節炎などの症状の原因となります。

重曹入りの水は血液のpHを調整し、尿酸を減らす作用があるため、関節の症状の治療にも効果的です。

こちらの記事もご参考に:https://minnakenko.jp/tsuufuu-shizen-naosu-houhou/

パフォーマンスを向上させる

運動をした際に発生する乳酸は、筋肉や関節に蓄積し、コリや筋肉疲労などの原因となります。

水で薄めた重曹を飲むことは、乳酸をコントロールし、スポーツなどのパフォーマンスへの影響を防ぐことにも役立ちます。

コレステロールをコントロールする

重曹を入れたミネラルウォーターを飲むことは、コレステロール、特に悪玉コレステロールと呼ばれるLDLを減らすことにも効果があります。

しかしナトリウムの含有量が多く、高血圧を悪化させる可能性があるため、高血圧の方にはおすすめできません。

重曹水の作り方

重曹を飲むことの健康効果

前述のように、過度に摂取することは危険な副作用を引き起こします

そのようなリスクを避けるために、以下の説明をしっかり覚えておきましょう。

通常の用量

  • 重曹 1/2ティースプーン(3グラム)
  • 水 コップ1杯(200ミリリットル)

これをよく混ぜ、夕食の後に飲んでください。

風邪やインフルエンザを治療するために

重曹を溶かした水は、風邪やインフルエンザ、アレルギーなどを引き起こす細菌への対処法としても優れています。この場合は、1日目は3時間ごとに、2日目は3杯分を一日を通して少しずつ、3日目は昼食後と夕食後に、3日間続けて飲みましょう。

重曹入りの水は、決しておいしいとは言えないかもしれませんが、これまで述べてきたように、優れた健康効果があります。ぜひ習慣として取り入れてみてください。

あなたへおすすめ