尿酸値を下げる自然療法

· 7月 12, 2016
尿酸値が高くなりすぎると、痛風や高尿酸血症など悪い影響を引き起こします。関節に結晶が形成され、関節炎になったり、結晶が腎臓にも作られて腎臓結石となります。今回の記事では尿酸値を下げる自然療法をご紹介します。

尿酸値が高いと関節に問題が起きるようになります。固くなったり腫れたり痛みを生じ、痛風など深刻な問題を引き起こします。今回の記事では尿酸値を下げる自然療法をご紹介します。

尿酸はそもそも悪いものなのか?

痛風を患うと、その原因が尿酸であることを知らされるので、尿酸は悪いものだと思われがちです。しかし、必ずしもそうではありません。尿酸は強力な抗酸化物質であり、老化や発がんなどの危険因子とされる活性酸素から体を守る働きがあることがわかっています。

しかし、尿酸値が高くなりすぎると、痛風や高尿酸血症など悪い影響を引き起こします。関節に結晶が形成され、関節炎になったり、結晶が腎臓にも作られて腎臓結石となります。

炎症を起こした関節

尿酸値を減らす方法

尿酸値を減らすには適度な運動が効果的です。さらには食事習慣を変えることが必要になります。

以下に避けた方が良い食べ物を挙げます。

  • 赤肉
  • アルコール(特にビール)
  • 肉を材料としたソース
  • イワシ
  • アンチョビ
  • キノコ類
  • 白い砂糖
  • 牛乳
  • ソーセージ
  • 揚げ物
  • ファストフード

また、穀物よりも野菜や果物を多く食べるようにしてください。腎臓を働かせるためにも水を多めに飲むと良いでしょう。

こちらもご覧ください。:
尿酸を減らして健康に

尿酸値を下げる自然療法

ブルーベリー

腎臓の問題や尿路感染症、糖尿病、高血圧など、様々な問題に効果があります。

ブルーベリージュース:4分の1カップのブルーベリーと1リットルの水を混ぜます。3分間沸騰させて完成です。冷やして飲むとおいしくなります。ヨーグルトと一緒に食べたりフルーツサラダにかけたりするのも良いでしょう。

尿酸値を下げる自然療法

セロリ

セロリには利尿作用があります。そして抗炎症作用もあります。一日あたり500ミリグラム消費するのが良いでしょう。しかし、妊娠していたり重い腎臓病があったりする場合は、食べるのを避けたほうが良いです。

サクランボ

関節痛を減らし、尿酸値を低くする効果があります。一日に一握りのサクランボを食べると良いでしょう。

パセリ

利尿作用によって尿酸を身体から出しやすくします。サラダやお茶に入れてください。しかし、流産に関係しているという研究もあるので妊娠している場合は多く取らないほうが良いでしょう。

パセリ茶:ティースプーン二杯分のパセリを細かく刻みます。250ミリリットルの水を沸騰させ、パセリを追加して五分間待ってください。軽く混ぜたら完成です。一日二回飲むと良いでしょう。ハチミツや甘味料であるステビアを入れてもおいしいです。

パセリ

トウガラシ

高い抗炎症作用を持っています。尿酸値が高くなることで起きる症状を和らげてくれるかもしれません。

ご存知でしたか?
尿酸を減らしてくれる薬草

アルファルファ

スプラウトの王様とも呼ばれています。サラダにして食べます。悪玉コレステロールや尿酸を減らすのに役立ちます。

アルファルファ茶:一握りのアルファルファとお茶一杯分の水を用意します。両方を混ぜて三分間沸騰させ、さらに火を止めて五分間置き、アルファルファを取り除いたら完成です。

ムラサキツメクサ

和名ではアカツメクサとも呼ばれる花です。一般的には赤クローバーと呼ばれます。解毒作用があるので痛風の方にオススメです。

ムラサキツメクサ茶:乾燥したムラサキツメクサティースプーン二杯分とお茶一杯分の水を用意します。沸騰したお湯にムラサキツメクサを入れて、6分間待てば出来上がりです。