自宅でできる!綺麗なまつげを得る方法

· 12月 24, 2015

映画女優やモデル、歌手などのセレブのような素敵なまつげが欲しいと思いませんか? でも、美容やエステはお金がかかるもの。しかし、いくつかの道具と化粧品が要るだけで自分でもできるやり方で完璧なまつげを得ることができるのですこの記事では、自宅でできる綺麗なまつげを得る方法をご紹介します。

美しいまつげをつくる5つのステップ

マスカラを使用

マスカラを使うと、印象は大きく変わります。まつげに水分を補給して保護するために、すぐとれず、かつ簡単に落とせる、天然成分入りの高品質の製品を選びましょう。長持ちさせるために、涼しくて比較的湿度の高い場所に保管してください。使用前に、メイク落としや保湿クリームでまつげをきれいにした後、ぬるま湯で洗い流すことを忘れないでください。よく乾燥させ、マスカラを薄くつけます。 乾燥させ2回目を塗ります。まつげの端に重点的に塗ると 、目に深みを与えます。

まつげカーラーを使用

カールしたまつげはより女性の美を引き立ててくれます。 カーラーでまつげを数秒押さえて完了!

まつげ

こちらもお読みください:さらに美しく見える!メイクアップ7つの秘訣

まつげを分離

マスカラをつける場合、まつげがいくつかの部分に固まってしまいがちです。良い品質でない場合は、塊になってしまいます。 こうした事態を避けるには、スプーン型に曲がった部分を上向きにして、その下の部分で上向きのカーブに沿ってマスカラをつけましょう。乾かして、未使用の歯ブラシや専用ブラシを使って好きな形にします。

まつげブラシを使用

マスカラが乾く前に、ブラシを使って好きなスタイルに仕上げましょう。高品質のマスカラの場合は、化粧の前に行うのも良いアイデアです。ブラシはまた血流を増加させ、抜けたまつげを取り除きます

常にまつげの手入れを

まつげ2

毎日化粧しない場合でも、まつげを常に良い状態に保つことを忘れないでください。寝る時は、絶対マスカラをつけたままにしないこと。常にメイク落としと柔らかいコットンを使って、1日の汚れを取り除いてください。アーモンドオイルをつけてマッサージし、水分補給をすると、まつげが太くて強く、綺麗になります。

まつげをナチュラル素材でケアする

ミックスしたオイル

同量のヒマシ油、アーモンドオイル、アボカドオイル、オリーブオイルをボウルに入れます。 その中にコットンを浸して化粧を落とします。次に、まつげラインに1滴つけて寝ましょう。 朝、それを洗い流してください

ヒマシ油とラム酒

ヒマシ油大さじ3杯と、サトウキビ製のラム酒大さじ1杯を混ぜます。 それをコットンでまつげにつけます。その時目に入らないように注意してください。そのまま一晩放置します

カモミール

ティーバッグではなく、天然のカモミールの茶葉を使います。乾燥カモミールフラワーを買い、カップ1杯の熱湯に一握り入れて蒸らし、漉してから冷まして、コットンを浸します。 毎晩、まぶたやまつ毛に塗ってください。

オリーブオイル

オリーブ油

上記のミックスオイルの代わりに、オリーブオイルだけを使用することもできます。オリーブオイルは、髪や肌のための比類なきホームレメディです。毎晩、コットンボールや指先を使って、まつげに2滴つけます。 常に下まつげから始めて上まつげにつけ、翌朝までそのままにします

こちらもお読みください:えっ!? と驚くオリーブオイルの使い方

パーフェクトなまつげのためのその他のヒント

  • ダメージを与えやすいので、マスカラでまつげをカールしないでください。
  • まつげカーラーを使用する場合、まぶたにあまりプレッシャーをかけないように注意してください。まぶたはまつげが生える場所で、強く健康なまつげの成長を阻害し、まつげが弱くなってしまいます。
  • まつげを三つの部分に分けて、傷つけないように注意しながら、常に優しくカールしましょう。より自然な効果が得られ、まつげを様々な問題から守ります。
  • まつげの水分を維持するために、週二回、美と健康に役立つ天然オイル(オリーブ油、アーモンド油、ヒマシ油)をつけましょう。 「長い」まつげ効果を得るには、白色ワセリンが良いです。
  • ホットビューラーは、ヘアアイロンと同じく、十分注意して使用する必要があります。 100%満足のいく結果ではありませんが、特別な日に使うといいでしょう。
  • まつ毛を1本1本離す、ボリュームを与える、くっきりしたカールを作る、2色のマスカラを塗った時に固まらないといった、いろんな効用のあるマスカラ下地を、マスカラの前に使いましょう。
  • オレンジ、にんじん、はちみつをたくさん食べると、体の内側からまつ毛の成長を助けてくれます。
オレンジ