痔の症状を緩和する自然療法

· 2月 26, 2017
イライラするほど痛い痔を今すぐ治したいと思っている方におすすめ! 痔の予防や症状を緩和する効果のある自然療法をご紹介します。

痔とは、肛門や肛門周辺に起こる痛みやストレスを伴う疾患です。密かに痔に悩む人は多いでしょう。痔は動静脈を含んだ組織が腫脹したもので、直腸や肛門の壁内にでき、炎症や出血などの症状を伴います。

今回は痔の症状を緩和する自然療法をご紹介します。

痔について知っておくべきこと

トイレ

痔の原因は肛門への圧迫です。痔は肛門の内外にできます。

最も一般的な合併症は排便時の出血、そして血液の塊である血餅の形成です。

一般的な痔の症状:

  • 直腸からの痛みを伴わない出血
  • 痛み、痒み、炎症
  • 座っているときに感じる直腸の周りの痛み
  • 排便時の痛み
  • 肛門にできる固く過敏な塊

痔の主な原因の一部

  • 便秘
  • 小麦粉が過剰に含まれた食事
  • 果物と野菜を十分に摂取しない食生活
  • 妊娠
  • 産後(出産時のいきみによる圧迫)
  • 排便時にいきみすぎる
  • 肝硬変
  • 座っている時間が長過ぎる生活
  • 排便時間が長い

痔を自然に治す方法

まず最初に痔の原因を見つけると、治療方法を決定しやすくなります。

例えば痔の原因が便秘の場合は、食事に食物繊維を増やすことで痔の治療に繋がります。また長時間座っていることが多い生活が痔の原因ならば、座っている姿勢を変えたり座る時間をできるだけ減らすことが効果的です。

では、痔の治療に効果を発揮する自家製の自然療法薬をご紹介します。

アロエベラ

アロエベラ

アロエベラは、怪我や蕁麻疹などの皮膚トラブルや疾患に効果を発揮する植物です。アロエベラを塗るとその部分の炎症を軽減し、燃えるような痛みや痒みを緩和してくれるでしょう。

使用方法

  • アロエベラの葉を切って中のゲルを取り出したら、ゲルを患部に塗ります。患部は事前にきれいに洗い、乾燥させておいてください。
  • もう一つはアロエを配合したクリームを購入して使用する方法です。

こちらもお読みください『アロエベラを使った便秘解消法』

 

エプソムソルト

入浴は痔の治療に非常に効果的です。痔の症状を緩和し、痛みや出血を予防する効果があるかもしれません。

使用方法

エプソムソルトを浴槽またはその他の容器に入れます。浴槽以外の容器の場合、その容器の上に数分座ることになりますので、ちょうど良いサイズを選んでください。ぬるめのお湯か熱めのお湯を使用しますが、やけどしそうな高温の湯は避けてください。

  • エプソムソルトには、痔の痛みや痒みを抑える効果があります。
  • 蕁麻疹などを避けるため、浴槽に大さじ1杯のエプソムソルトを入れてから入浴してください。エプソムソルトがないときは重曹で代用できます。

メディカルハーブ

カモミール

カモミール、トクサ、オークは痔の治療に効果的かもしれません。

使用方法

  • 上記のようなメディカルハーブのうちお好みのものを浴槽に入れ、入浴時に使用してください。少量で十分です。
  • 綿のタオルを使って患部に直接つける方法もあります。この場合は大さじ1杯のハーブと熱いお湯でハーブティーを作り、そこに綿のタオルを浸します。

湿布を作る

綿のタオルまたはお手拭きをぬるま湯で濡らし、その布の上に15分間座ります。痔の症状が気になるときは1日に3〜5回、毎日繰り返してください。

フダンソウ

不断草

痔の症状をすぐに軽減するにはこの方法が効果的かもしれません。

使用方法

  • フダンソウの束を洗い、冷凍庫に入れて凍らせます。1日に3回、凍らせたフダンソウの葉を痔に当てます
  • フダンソウの冷たさと水分が痔に効果を発揮する自然療法です。

ビーツと人参

使用方法

  • 皮を剥いたあと擦りおろし、その後つぶします。水を少し加えてペースト状にします。
  • ガーゼでペーストを包んだら炎症を起こしている患部に当ててください。炎症や痒みを抑えられます。

じゃがいも

じゃがいも
安価で簡単、そして効果的だと考えられているのがじゃがいもを使った方法です。じゃがいもに含まれる痔に効果的な成分と水分が、炎症や燃えるような痛みを軽減してくれるかもしれません。

使用方法

  • じゃがいもを擦りおろし、ペーパータオルでくるんで患部に当てます。
  • また、スライスしたじゃがいもを直接患部に当てる方法もあります。

エッセンシャルオイル

  • ラベンダーオイル:刺さるような痛みの緩和
  • イトスギ:痔の組織の症状の緩和
  • ティーツリーオイル:消毒効果

これらのエッセンシャルオイルを直腸に使う前に、アレルギー症状や蕁麻疹が起こらないか、体の他の部分で確認してからご使用ください

 

こちらもお読みください『5種類のエッセンシャルオイルとその効能』

 

痔になったときの対処方法

今回ご紹介した自然療法の他にも、痛み、痒み、炎症、そして出血などの症状が現れたときの対処方法があります。また生活習慣を改善することで合併症の予防が可能かもしれません。

  • 緩下剤など、便通を促進する薬の使用は避けてください。下痢を引き起こし、神経過敏や燃えるような痛みを増加します。
  • 香りのついていないトイレットペーパーを使用してください。ペーパーに含まれる芳香剤は、患部を刺激し痛みの原因になります。
  • お手洗い後は、患部をきれいに洗ってください
  • 食物繊維が多く含まれる食品を積極的に取ることで便秘を予防します。
  • 水をたくさん飲んでください
  • ビタミンCは静脈の柔軟性を向上させます。食品からビタミンCを積極的に摂取してください
  • 天然の果物を絞った果汁100%ジュースを飲んでください
  • 排便の際は、無理やりいきまないようにしてください。
  • 下着は綿が良いでしょう。
  • 何時間も続けて椅子に座り続けないようにしてください。