いつでも新鮮なレタスを楽しもう!人気の品種と育て方

20 1月, 2020
レタスの品種は、200種類以上あります。ロメインレタスやアイスバーグレタスなどはより育てやすく、普及しています。本日は、家庭菜園のためのレタスの品種の選び方をご案内します。

庭で育てることができるレタスの品種はたくさんあり、それぞれ大きさ、形、味が異なっています。

それでは、どの品種がいいのでしょうか?

本日は、自分で育てることができるレタスの品種をいくつかご紹介します。

レタスの健康効果

レタスには健康効果がたくさんあります。そして、健康に良いだけでなく、美味しく低カロリーなこともレタスの魅力の1つです。実際、レタスの95%は水分であり、100グラムあたり15カロリーしかありません。

栄養面については、レタスはビタミンA、C、葉酸が豊富に含まれています。また、カリウム、カルシウム、リン、マグネシウム、ナトリウムなどのミネラルも含まれています。

さらに、次のような健康効果があります。

  • 睡眠を助ける。
  • 鎮痛作用および鎮静作用がある。
  • 消化腺を促す。
  • 食物繊維により、緩下剤として機能する。
  • 糖尿病でも食べることができる。
  • ベータカロチンが豊富であり、特定の癌の予防に役立つ。

とは言っても、レタスの品種は200種類以上あります。その中でも良く知られているのは、アイスバーグレタス、ロメインレタス、ミニロメインレタス、サマーワンダーレタスなどがあります。どの品種にしても、レタスは比較的育てやすい野菜です。また、品種によっては1年中栽培することができ、3~4か月後には収穫することができます。

しかし、ナメクジ、カタツムリ、菌類、アブラムシ、鳥については心配する必要があります。

庭で育てることができる4つの人気の品種をご紹介します。

レタスの品種

レタスの品種

アイスバーグ(ヘッドレタス)

アイスバーグレタスは、1年中栽培することができます。また、約3カ月待てばサラダで楽しむことができるのです。

このレタスは丸く、キャベツのようにも見えます。シャキシャキした食感であり、サラダに広く使用されています。

こちらもご参考に:栄養たっぷり!素早く簡単にできるサラダ6選

ロメイン(立ちレタス)

育てやすさと保存のしやすさのため、最も世界中で普及しているレタスの品種の1つでしょう。葉は細長く、真ん中に厚い芯があるのが特徴です。

1年中栽培することができ、あまり労力も必要としません。しかし、冬の間には霜から守る必要があります。

ミニロメイン

このレタスはロメインレタスに似ていますが、より小さいので、「ミニロメイン」と呼ばれています。通常のロメインレタスよりも甘味が強いのが特徴です。また、真ん中に厚い芯があり、小さく縮れた葉があります。

夏の間あまり暑すぎる環境でなければ、1年中栽培することができます。それでも、夏に収穫できるように1~4月に栽培するのがお勧めです。または、8~11月に栽培して冬の間に収穫することもできます。

ご存知ですか?ヘルシーサラダのNGトッピング!ワースト7

サマーワンダー(リーフレタス)

レタスの品種

赤みを帯びた縮れた葉が特徴であり、地域によっては縮れレタスとしても知られています。このレタスは料理界で最も高く評価されている品種の1つです。

育て方についてですが、名前も「サマーワンダー」と呼ばれるくらいなので、寒さに弱いです。

つぼみが閉じて小さくなる周期である20日に1度植えることで、1年中楽しむことができます。

レタスを育てるためのヒント

  • 苗または種から育てることができます。
  • レタスを植える際には、それぞれの間隔を18~30センチあけます。
  • 1年中栽培したい場合には、ブロック分けしたほうがいいでしょう。
  • 水やりについては、芽が出てくるころに、適度に与える必要があります。
  • たくさんの栄養素が必要なため、肥えた土で育てましょう。

このように、レタスは簡単に栽培して、収穫することができます。そして何よりも、タイミングを合わせて栽培すれば、新鮮で美味しいサラダを1年中楽しめるということです。レタスの健康効果の活かしましょう!

  • Hae Dun Kim et al. “Sleep-inducing effect of lettuce (Lactuca sativa) varieties on pentobarbital-induced sleep”, Food Sci Biotechnol. 2017; 26(3): 807–814.
  • Jeon YJ et al. “Effects of beta-carotene supplements on cancer prevention: meta-analysis of randomized controlled trials”, Nutr Cancer. 2011 Nov;63(8):1196-207. doi: 10.1080/01635581.2011.607541. Epub 2011 Oct 7.
  • Diana M. Cheng et al. “Development and Phytochemical Characterization of High Polyphenol Red Lettuce with Anti-Diabetic Properties”, PLoS One. 2014; 9(3): e91571.