胃炎の症状を軽減するのに役立つ9つの食品

5月 3, 2019
胃炎を発症している時には、胃が完全に空になると痛みが悪化する傾向があるため、少量をこまめに食べることが大切です。

胃に起きる炎症である胃炎は、様々な要因によって起こる慢性疾患ですが、幸いなことに胃炎の症状を自然に軽減するのに役立つ食品があります。

本記事では、栄養学的な面から見る、胃炎の症状を緩和するのに役立つアドバイスをご紹介します。

考えられる胃炎の原因

胃炎を発症する原因の一つが、アスピリンや鎮痛剤などの薬の服用です。胃壁などに悪影響を及ぼす可能性があると考えられています。

二つ目は、アルコールの過剰摂取または頻繁な摂取です。アルコールは胃炎の発症に強い影響を与えます。

三つ目は、コーヒー、紅茶、そしてレモン果汁です。これらを食前にそして頻繁に摂取すると、胃の内側を刺激して慢性または長期的な胃炎へと繋がる可能性があります。

最後は、直接的な引き金とは言い切れませんが、非常に熱い食品や冷たい食品の摂取です。これらの食品は胃壁に触れると刺激や痛みを引き起こす可能性があるため、すでに胃炎を起こしている場合は症状を悪化させるでしょう。

こちらの記事もご参考に:胃炎を和らげる自然療法

胃炎の症状

下記の症状のうちの一つまたは複数に悩まされている場合は、急性胃炎を発症している可能性があります。

直ちに専門医の診察を受けてください。

  • 食欲不振、特に朝
  • 灼熱感または胸焼け
  • 腹や肋骨の痛み
  • 嘔吐(時々血液を伴う)
  • 便中の血液

胃炎の症状を軽減するのに役立つ9つの食品

医師から胃炎を発症していると診断された人や、胃炎の病歴がある人が家族にいる場合には、今回ご紹介する情報はとても役立つでしょう。

それでは早速、胃炎を和らげるのに役立つ食品を9つご紹介します。

1. ハチミツ

ハチミツ

ハチミツは、胃壁を強化するのに役立つ抗酸化物質を豊富に含むため、胃炎のリスクを軽減しながら、すでに発症している場合は症状を和らげるのに役立ちます。

  • 空腹時に、ハチミツ大さじ2杯を温かい湯に入れて飲んでください。
  • 胸焼けの症状が緩和にも役立ちます。

2. オリーブオイル

オリーブオイルの持つ抗炎症作用の働きで、胃の内壁の炎症を和らげるのに役立ちます。

  • オリーブオイルの利点を最大限に活用するためには、温かい湯または牛乳にオリーブオイル大さじ1杯を入れてください。
  • 空腹時に毎日飲んでください。
  • 胃への刺激を軽減するのに役立ちます。

3. 玉ねぎ

玉ねぎには、胃炎の発症原因に関与すると言われる細菌の一つ、ピロリ菌を根絶するのに役立ちます。

そのため、胃炎の予防などに効果があると考えられています。

ただし、強力な野菜なので、過剰摂取は控えてください。

玉ねぎを必要以上に食べると、吐き気、嘔吐、および鼓腸を引き起こす可能性があるため、胃炎の予防や症状の緩和のために玉ねぎを摂取する場合は、必ずかかりつけ医に相談してください。

玉ねぎを小さじ1杯摂取してください。

4.  オートミール

オートミール

  • 体内のクレンズに役立つ抗酸化作用のあるオートミールは、胃炎を和らげると考えられています。
  • 朝食にオートミールを食べましょう。
  • ハチミツを加えるとさらにその効果が高まります。

こちらもお試しください:ダイエット中の人向けオート麦と亜麻仁とゴマのクッキー

5. パパイヤ

パパイヤの種が胃の健康の大きな味方になるのをご存知ですか?

パパイヤには、食品からたんぱく質を分解して胃酸を中和するのを助ける酵素であるパパインを含んでいるため、胃酸を和らげるのに役立つと考えられています。

  • パパイヤの種を取り出し、太陽の下で乾燥させます。
  • 完全に乾燥したら、砕いて粉末にしてください。
  • パイナップルをスライスしたら、パパイヤの種で作った子なを少量振りかけます。
  • このパパイヤを朝食時に食べてください。
  • 症状がすぐに緩和するのを助けます。

6. シード類

  • 消化を促進するビタミンとミネラルが豊富に含まれているフェンネル、緑色のカルダモン、そしてシナモンの種を同量ずつ混ぜ合わせます。
  • フライパンの上で30秒間炒ってください。
  • 砕いて粉状にしたら、この粉を食後に小さじ1杯摂取してください。
  • 過剰摂取は逆に有害になるため、摂取量には細心の注意が必要です。

7. ヒマラヤ岩塩

約2ヶ月間、各食後に小さじ2杯のヒマラヤ岩塩を摂取してください。

通常の食卓塩よりもヨウ素の含有量が少なく、抗炎症成分があるヒマラヤ岩塩は、胃炎の症状を大幅に緩和するのに役立つと考えられています。

8. パセリ

利尿作用が豊富なパセリには、カリウム、カルシウム、リンなどのミネラルが含まれています。

パセリを最大限に活用するためには、まずパセリを絞って汁を取り出します。

ヒマラヤ岩塩と黒コショウを加えます。

出来上がった液体を毎食後、大さじ3杯飲んでください。

9. 生姜

生姜は、様々な胃の病気や不快感を和らげるのに役立ちますが、これは胃のクレンズを行う抗酸化物質の働きによるものです。

胃炎や胃潰瘍の場合は、生姜と玉ねぎで作ったお茶を作りましょう。炎症や吐き気を軽減する効果が期待できます。

ただし、生姜と玉ねぎはどちらも強力な食品なので、摂取目安量を守り、無理をしないことが大切です。

胃炎を発症している人向けの食品

ここまででご紹介した食品を補完する、胃炎に効果のある食品や食事法をご紹介します。

  • 低脂肪ヨーグルト
  • 果物
  • ココナッツウォーター
  • 低脂肪食品

避けるべき食品

避けるべき食品

これらの食品は、胃の炎症を悪化させ、胃炎を発症している人の健康に有害となります。

胃炎を発症している場合は以下の食品は避けてください。

  • アルコール
  • コーヒーと紅茶
  • ソフトドリンクまたは低温殺菌ドリンク
  • ココアまたはココアで作られた製品
  • 柑橘系果物のジュース(または果汁)
  • 赤身肉
  • 辛い食べ物

その他のアドバイス

  • 胃炎を発症しているときは、できるだけ空腹を避けるために、少量ずつをこまめに食べてください。
  • 胃が空になると、胃が刺激されて胃炎が悪化するリスクが高まるため、空腹になる前に食べてください。ただし食べ過ぎは禁物です。
  • 一日を通じてグラス8杯以上の水を飲んでください。胃炎を悪化させる有害なバクテリアを体外へと排出するのを助けます。
  • 急性胃炎の場合は、適切な食事をとるだけでは不十分であり、症状の緩和には必ず医師の診察を受けてください。

今回ご紹介した食品は、医師の治療を補完するものだと考えましょう。