胃炎を和らげる自然療法

· 2月 13, 2019
胃炎の場合、特定の食材を避けることで、病気とその症状を抑えることが出来ます。また、症状を和らげる自然食品もあります。

胃炎とは胃の中で起こる炎症のことで、上腹部の痛み、吐き気、消化不良などの症状を引き起こします。胃炎の種類によっては治療し、治すことも出来ます。

家庭で治療をすることも出来ますが、もし治療をやめたり病状を無視してしまったりすると、潰瘍や胃がんにまで発展することもあります。

胃炎の種類

急性胃炎:急性胃炎は痛みや胃の腫れを起こしますが、普通は長くは続きません。通常は数日以内に治まります。

慢性胃炎:慢性胃炎は長い期間続くものです。症状がマイルドで深刻なものでないため、本人もそれに気づかないことすらあります。

 

胃炎の症状は?

胃炎の主な症状は胃の中の炎症です。ですので、その原因となるものを知っておくことが重要です。

急性胃炎の原因:

・抗炎症剤などの過剰服用

・細菌感染

・過剰のアルコール摂取

クローン病や大腸炎などの消化器官の病気

・腎不全

慢性胃炎の原因:

・薬の長期服用

・アルコールの過剰摂取

・細菌感染

・腎不全

・ウイルス感染による免疫システムの弱体化

・胆汁の逆流

・慢性的な重度のストレス

急性、慢性どちらも予防するには、アルコールの過剰摂取や喫煙を避け、たくさんの水を飲むようにしましょう。またストレスをコントロールする方法を学び、抗炎症剤や鎮痛剤の使用を制限しなければなりません。

こちらもご覧ください 腎不全の初期症状かも知れない8つのサイン

 

胃炎と闘う自然食品

1.ショウガ

お茶やしょうが湯として飲んでも、また食事の材料として使って食べても良いです。しょうがの持つ治癒力は、胃炎はもちろん、私たちの健康に様々なメリットがあります。

ショウガ

・しょうがには抗炎症作用がある

・抗菌作用がある。胃炎の症状と不調をもたらすヘリコバクターピロリを排除する

・胃酸の過剰分泌を抑える。胃潰瘍の予防にもなります。

・免疫システムを強化する

・消化を促すため、胃の機能にメリットがある。

 

2.フレーバーの入ってないゼラチン

絶食をしている間にフレーバーの入っていないゼラチンを1カップ食べると、胃酸と胃炎による不快感を和らげることが出来ます。ゼラチンをそのまま食べると胸やけを緩和します。

材料

・フレーバーの入っていないゼラチン  30g

・水  250ml

作り方

・水にゼラチンを入れ、よく混ぜます。

・効果を見ながら1日2回から3回飲みます。

 

3.パセリスムージー

パセリはこの病気の症状を少しずつ解消します。パセリにはカリウム、カルシウム、リンが含まれており、これらは利尿作用があることを意味し、胃のその他の不快感を和らげるのにも役立ちます

パセリスムージー

材料

・パセリ  2束

・水  500ml

・氷  3個

作り方

・水、氷、パセリをブレンダーに入れて混ぜます。

・3分から4分混ぜます。

・濾さずにそのまま飲みます。

1日に2回から3回飲むことをお勧めします。

こちらもご覧ください 無月経に効くカモミールとパセリの治療薬

 

4.はちみつ

ハチミツは胃酸を抑え、病気を自然に治癒します。胃潰瘍の治療にもなります。また、この病院を引き起こす病原性微生物の除去に役立ちます。

方法

・空腹時に25gのはちみつを食べます。

 

医者に診てもらうタイミングは?

胃炎は大きな合併症を伴うことはありません。ですので、以下のような症状が出たら医者に相談してみましょう:

・腹部、上腹部の痛みが消えない

・便が黒い

・吐血、コーヒー豆のような塊の入った嘔吐

Angós, R. (2016). Gastritis. Medicine (Spain). https://doi.org/10.1016/j.med.2016.01.011

Sipponen, P., & Maaroos, H. I. (2015). Chronic gastritis. Scandinavian Journal of Gastroenterology. https://doi.org/10.3109/00365521.2015.1019918

Correa, P. (1992). Human Gastric Carcinogenesis: A Multistep and Multifactorial Process- First American Cancer Society Award Lecture on Cancer Epidemiology and Prevention. Cancer Research. https://doi.org/10.1056/NEJMra020542

Lane, E., Lobetti, R., & Burroughs, R. (2004). Treatment with Omeprazole, Metronidazole and Amoxicillin in captive cheetahs (Acinonyx jubatus) with spiral bacteria infection and gastritis. Journal of Zoo and Wildlife Medicine. https://doi.org/10.1638/03-050 ER