胃炎をコントロールするための3つのコツ

10月 3, 2019
胃炎をコントロールするには、適切な食事が大切です。一度にたくさん食べるのではなく、少量の食事を何度かに分けて食べましょう。

胃がキリキリする、という感覚は今までにありますか? これは、胃粘膜が炎症を起こしている可能性を示しています。胃炎の症状は、単にあなたの体が身を守ろうと発しているサインなのです。この記事では、胃炎をコントロールするコツを3つご紹介します。

胃炎にはさまざまな原因があります。たとえば、医師から食事と一緒に服用するように言われたのに空腹時に薬剤を服用すれば、胃の粘膜を刺激してしまう可能性があります。さらに、不健康な食事や飲酒などの習慣も胃炎を引き起こす可能性があります。

今回の記事では、その他の原因についても言及し、日頃の習慣に取り入れることで胃炎を防ぐ方法を見ていきましょう。

胃炎をコントロールする方法

1. 水をたっぷり飲む

水を飲む 胃炎をコントロール

胃炎をコントロールするには、水を十分飲むことが大切です。水は体の解毒に役立ちます。さらに、一時的に痛み、胸焼け、重苦しさを和らげるのにも役立ちます。

ただし、体内の酸性度が不均衡になり、胃炎が悪化する可能性もあるため、飲みすぎないように注意しましょう。1日の推奨量コップ8杯(約2リットル)を飲む前に、日々どのくらい運動している考えてみてください。

常に体を動かす仕事をしていたり、スポーツや筋トレをしている場合は、8杯以上飲む必要があります。しかし、座りがちな生活の場合、8杯というのは飲みすぎかもしれません。

自分の体に問いかけてみて、いつ水を飲むべきかを判断しましょう。

個人差があるので、全員が決まった量の水を飲む必要はありません。量はあなたが何をするか、そしてあなたの体が大量の水を必要とするかどうかにかかってきます。

こちらもお読みください:胃炎の緩和効果が期待できる薬用茶5選

2. 適切な食事をとる

胃炎をコントロール

胃炎をコントロールしたいなら、食事習慣を変える必要がある、と覚えておきましょう。

試してみるべき食事上のヒントをご紹介します。

  • 特定の食べ物を避ける。チョコレート、柑橘類、トマト、玉ねぎは胃炎の症状を悪化させる可能性があります。完全に食べないか、適度に摂取しましょう。
  • ゆっくり食べる。食べ物をよく噛まずに短時間でたくさん食べると、胃炎を悪化させる可能性があります。
  • 少量を何回も食べる。1日に2、3食というのは、健康的な選択肢ではありません。各回にたくさん食べる必要があり、つまり胃と消化に悪影響を及ぼす可能性があるからです。代わりに、1日4、5食にしてみてください。こうすれば、空腹感がなくなり、胃が負荷がかかりすぎないため、消化が良くなります。
  • 禁止されている食べ物を食べない。胃炎に苦しんでいるなら、絶対に避けるべき食べ物がいくつかあります。たとえば、辛い食べ物、脂っこい食べ物、辛い食べ物はすべて胃に悪影響です。
  • 上の4つを実践する間、もっとフルーツと野菜を食べましょう

こちらもお読みください:症状緩和かも?!胃炎のための洋ナシとバナナ

3. 悪い習慣を変える

悪い習慣を続けると、胃炎をコントロールできなくなるので、できるだけ早く変えなくちゃいけません。以下では、胃粘膜に影響を与えなさそうで実際には症状を悪化させる可能性がある習慣を並べました。

  • カフェイン。コーヒー、炭酸飲料、お茶に含まれています。カフェインは胃粘膜を刺激するため、胃炎をコントロールできなくなります。最初は難しいかもしれませんが、カフェイン摂取をやめましょう。
  • アルコール飲料。1日にワインを1杯飲むのは良いことですが、飲みすぎたり酔っ払うと、胃炎が悪化する可能性があります。毎日ではなく、適度に飲むようにしてください。理想としては、胃炎を完全に治すために、アルコール飲料を飲むことなく4ヶ月過ごしてみましょう。
  • たばこ。たばこが影響するのは肺だけでしょ?と思っているなら、考え直してください。実は、胃炎をコントロールするのを阻害する悪い習慣なのです。量を減らすか、理想としては完全に禁煙してください。

今回ご紹介した3つのコツが、胃炎症状の改善に役立つことを願っています。

中にはきっぱりやめるのが難しいものもあるかもしれませんが、やめることであなたの健康が向上します。

胃炎に二度と苦しむことがない…もしくは胃炎をうまくコントロールして日常生活にすぐ戻れる、と想像したら、ワクワクしませんか?