症状緩和かも?!胃炎のための洋ナシとバナナ

· 5月 19, 2019
自然療法が胃炎の症状を緩和してくれるかもしれませんが、症状が長引く場合は医師の診察を受けましょう。

胃炎の症状の解消に洋ナシとバナナが役に立つかもしれない、と聞いたことがありますか?

胃炎は現代社会で最もよくある疾患の一つです。大人だけでなく子供も胃炎になる場合があります。

人の胃の中には胃を保護する細胞膜があります。また、食べ物を分解し、消化を助ける胃酸もあります。胃の膜胃酸は刺激や炎症を引き起こす場合もあります。

今日は、そんな不快な症状を伴う胃炎について見ていきます。また、胃炎に効くとされる洋ナシとバナナを使ったスムージーの作り方をご紹介しましょう。

胃炎の原因

胃炎は様々な原因が考えられますが、最もよくあるきっかけはヘリコバクターピロリ菌の感染でしょう。

またそれ以外では、以下のような原因も考えられます。

  • 寄生虫
  • 痛み止めの長期服用
  • 胃潰瘍
  • クローン病
  • 自己免疫疾患など免疫系の疾患
  • ウイルス疾患
  • 喫煙やお酒の飲み過ぎなどの悪習慣
  • 胃の手術
  • ストレス
  • 胃酸の逆流
ピロリ菌

胃炎の状態が続く場合は、以下のようなものを豊富に食べることをお勧めします。

  • 野菜
  • フルーツ
  • 穀物
  • 繊維

また、以下のようなものは完全に避けましょう。

  • 飽和脂肪酸を豊富に含む食品
  • 酸性の飲み物や食べ物
  • 辛い食べ物
  • 乳製品
  • コーヒー
  • 糖分の多い食べ物

上述した、避けるべき食べ物を取り続けると、胃炎の症状が悪化したり炎症が悪化することがあります。これは逆効果です。

さらに、胃炎には常に注意を払い、すぐに対処しましょう。慢性の疾患となってしまう場合があるからです。

 

こちらも合わせてどうぞ:自宅でできるコツで胃炎をコントロール

 

胃炎の症状

胃炎は、初期にはほとんど症状がないことが多いでしょう。他の消化トラブルや単なる胃痛と勘違いしてしまうこともあるでしょう。

深刻なケースでは、以下のような症状に気がつくことが多いでしょう。

  • お腹の痛み:一般的に酷い腫れからくる痛みです。食後に感じることが多いでしょう。
  • 燃えるような感覚:胸焼けとして知られています。粘膜の炎症によるもので、上述したような避けるべき食べ物を食べた後などに悪化することが多いでしょう。
  • 食欲不振:食後の胸焼けや痛みのせいで食欲を失う人も多いでしょう。
  • 吐き気や嘔吐:食べ物を正常に消化することができず、排出しようとします。深刻なケースでは、吐瀉物に血が混じっていることもあります。これは胃の内部が傷ついたためです。

胃炎のための洋ナシとバナナ

洋ナシとバナナ

洋ナシはビタミンB群(B1、B2、B3)、ビタミンA、ビタミンC、繊維を豊富に含むため、胃炎の症状改善の助けとなるかもしれません。神経や消化系を正常に保ってくれるかもしれません。

バナナは繊維やたんぱく質を豊富に含むフルーツです。また脂肪が低いフルーツでもあります。軽い便通促進効果がありますので、消化の促進を助けてくれるでしょう。また炎症を抑える助けともなるでしょう。

胃炎の症状を緩和するために使うなら、洋ナシとバナナはよく熟れたものを使いましょう。

 

こちらも合わせてどうぞ:空腹時におすすめの健康習慣

 

 

材料

  • 洋ナシ 1個(150g)
  • バナナ 1本
  • 水 1カップ(200ml)

作り方

  • 洋ナシを洗い皮を剥き、種を取り除きます。バナナの皮を剥きます。
  • 洋ナシとバナナをスライスし、水と一緒にブレンダーにかけます。
  • お好みでサラサラの状態が良い場合は水の量を増やしても構いません。
  • 出来上がったらすぐに飲みましょう。

簡単でナチュラルな自然療法、洋ナシとバナナのスムージーを試してみましょう。胃炎からくる嫌な症状がラクになるかもしれませんよ。

Sarkar, D., Ankolekar, C., Pinto, M., & Shetty, K. (2015). Dietary functional benefits of Bartlett and Starkrimson pears for potential management of hyperglycemia, hypertension and ulcer bacteria Helicobacter pylori while supporting beneficial probiotic bacterial response. Food Research International. https://doi.org/10.1016/j.foodres.2014.12.014