胃炎の緩和効果が期待できる薬用茶5選

6月 13, 2019
胃炎の治療は、症状の深刻度によって異なります。今回は、胃炎の症状を緩和する効果が期待できるお茶をご紹介します。

胃炎の治療に使われるのは、抗生物質、プロトンポンプ阻害薬、そして制酸薬などですが、治療には食生活やライフスタイルの改善も欠かせません。

そして、これらの治療を補完する5つのお茶を使った自然療法があります。

ハーブや香辛料が持つ特性を活用するお茶は、胃炎の症状の多くを最小限に抑えるのに効果を発揮します。

処方薬の中には副作用がある強い薬もあるため、自然療法への理解を深めるのは最善の方法の一つです。

胃炎とは?

胃炎は胃の内壁の炎症や腫れを特徴とする病気で、原因や症状の持続期間によっては急性と慢性に分類されます。

多くの場合はピロリ菌が原因だと言われますが、過度の飲酒、非ステロイド系抗炎症薬(NSAID)の長期使用、ストレス、または喫煙などにも起因すると考えられています。

胃炎の症状には、消化不良、吐き気、嘔吐、そして満腹感がありますが、びらん性胃炎などのより重篤な症例では、黒やタール状の便、嘔吐、腫脹、重度の腹部不快感などの症状が起こります。

胃炎の緩和効果が期待できる薬用茶5選

胃炎の臨床症状は、他の消化器系疾患と似ているため、自己判断をせずに必ず専門医の診断を受けてください。

専門医は、検診に加えて血液検査、便検査、または呼気検査を行いますが、場合によっては内視鏡検査や生検を提案されることがあります。

症状が重い場合は、医師が処方した薬と治療を行って症状を改善することが不可欠です。

症状が穏やかで、医師に生活習慣や食生活を改善するように指導される場合は、医師に相談の上で今回ご紹介する薬用茶を取り入れてください。

こちらもお試しください:胃炎の症状を軽減するのに役立つ9つの食品

1. マヌカハニー入りの緑茶

緑茶の効果

緑茶の抗菌効果はピロリ菌を軽減するのに役立つと言われています。

マヌカハニー入りの緑茶は、胃炎のための最良の治療法の一つで、このお茶を飲むことで、ピロリ菌による感染のリスクを最小限に抑えます。

材料

  • 緑茶 小さじ1杯(7 g)
  • マヌカハニー 大さじ1杯(15 g)
  • 水 250ml

作り方

  • 沸騰した湯の中に緑茶を入れます。
  • 蓋をして、10分間抽出します。
  • 濾してからハチミツを加えます。。
  • 1日2回、少なくとも週に3回は飲んでください。

2. 生姜茶

生姜に含まれるジンゲロールをはじめとする活性化合物の働きにより、胃の内壁の炎症を最小限に抑え、ピロリ菌の増殖を抑制することで、急性胃炎と慢性胃炎をコントロールするのに役立ちます。

材料

  • 生姜 小さじ1(7 g)
  • 水 1カップ(250ml)
  • 蜂蜜(お好みで)

作り方

  • 沸騰した湯に生姜を加えます。
  • 蓋をして抽出します。
  • 適温になったらお好みで蜂蜜を加えてから飲んでください。
  • 1日2杯飲んでください。

3. カモミールティー

カモミールティ

カモミールは胃のむかつきや消化機能の低下など、胃炎に関連するいくつかの症状の緩和に役立ちます。

強力な治療法ではないかもしれませんが、消化不良、炎症、胸やけなど胃炎に関連した症状を軽減するのに役立つだけでなく、子供が服用しても安全なハーブです。

材料

  • 乾燥カモミールの花 大さじ1杯
  • 水 1カップの水(250ml)
  • 蜂蜜(お好みで)

作り方

  • カモミールの花を沸騰した湯に注ぎます。
  • 5〜10分程度抽出させた後、漉してください。
  • お好みで蜂蜜を加えて甘みをつけてください。
  • 症状を和らげるためには、1日に2〜3杯がおすすめです。

こちらもご参考に:胃炎の症状を緩和する7つの果物

4.ミントティー

ミントティーは、胃炎や消化器系の問題が原因で生じる不快感の軽減に使われる人気の方法の一つです。

腹部のけいれん、ガス、および胃酸過多などを和らげるために昔から使われており、実際に炎症の軽減に役立つと考えられています。

材料

  • ミントの葉 大さじ1杯(15 g)
  • 水 1カップの水(250ml)

作り方

  • 沸騰したお湯にミントの葉を注ぎます。
  • 10分間そのままにして抽出します。
  • 漉してから飲みましょう。
  • 1日3杯まで飲んでください。

5. アメリカニンジン茶

アメリカニンジン茶

アメリカニンジンは、胃炎とその症状の治療に効果を発揮すると言われますが、他の自然療法ほどの人気は​​ありません。

しかし、昔からアメリカニンジンは、消化の改善し、嘔吐の軽減、そして結腸の炎症の緩和などに使われており、胃壁の炎症を最小限に抑えるのにも効果があると言われています。

材料

  • アメリカニンジン 小さじ1 (7 g)
  • 水 1 カップ(250 ml)

作り方

  • アメリカニンジンをすりおろします。
  • 沸騰した湯の中にアメリカニンジンを入れたら、2分間弱火にかけます。
  • 火を止めた後、蓋をして抽出します。
  • 10分が経過したら漉してください。
  • 胃炎の症状が現れたら1日1~2回飲んでください。

注意事項:抗うつ剤や糖尿病の薬を飲んでいる場合は、このお茶を飲んではいけません。

高血圧や神経系の病気や問題を発症している場合は、医師に相談して許可を得てから飲んでください。

最後に

今回ご紹介した薬用ハーブティーは、胃炎の症状を緩和するのに役立ちますが、医師の処方による薬の代替えになるものではありません。

必ず医師に相談の上、これらのハーブティーの副作用などを理解してから服用を始めてください。

  • Boyanova, L., Ilieva, J., Gergova, G., Vladimirov, B., Nikolov, R., & Mitov, I. (2015). Honey and green/black tea consumption may reduce the risk of Helicobacter pylori infection. Diagnostic Microbiology and Infectious Disease. https://doi.org/10.1016/j.diagmicrobio.2015.03.001
  • Mahady, G. B., Pendland, S. L., Yun, G. S., Lu, Z. Z., & Stoia, A. (2003). Ginger (Zingiber officinale Roscoe) and the Gingerols Inhibit the Growth of Cag A+ Strains of Helicobacter pylori. Anticancer Research.
  • Haniadka, R., Saldanha, E., Sunita, V., Palatty, P. L., Fayad, R., & Baliga, M. S. (2013). A review of the gastroprotective effects of ginger (Zingiber officinale Roscoe). Food and Function. https://doi.org/10.1039/c3fo30337c
  • Srivastava, J. K., Shankar, E., & Gupta, S. (2010). Chamomile: A herbal medicine of the past with a bright future (review). Molecular Medicine Reports. https://doi.org/10.3892/mmr.2010.377
  • Cash, B. D., Epstein, M. S., & Shah, S. M. (2016). A Novel Delivery System of Peppermint Oil Is an Effective Therapy for Irritable Bowel Syndrome Symptoms. Digestive Diseases and Sciences. https://doi.org/10.1007/s10620-015-3858-7
  • SAITO, H., MORITA, M., & TAKAGI, K. (2012). PHARMACOLOGICAL STUDIES OF PANAX GINSENG LEAVES. The Japanese Journal of Pharmacology. https://doi.org/10.1254/jjp.23.43