知っておきたい/ピロリ菌感染症の症状と治療法

2月 7, 2017
あなたの体内にはすでにピロリ菌が定着しているかもしれず、ただ潜伏期で症状が現れていないだけかもしれません。正しい食生活を送ることで、ピロリ菌の活動を抑えることが可能です。

肉眼では見えないくらいに小さな微生物が、そんなにひどいダメージを引き起こすことができるなんて、ちょっと信じられません。

この細菌の名はヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)。1983年に最初に発見・報告され、患者への感染・定着後の攻撃性で注目を集めました。

接触によって感染するピロリ菌は、感染後ただちに胃または十二指腸の粘膜に定着し、ひどい症状を引き起します。

多くの人たちが、この細菌は衛生管理が遅れている発展途上国によく見られると考えています。

これらの地域で感染率が高いのは事実ですが、どこの国でも絶対に安全であるとはいえません。だれでもこの細菌によって引き起こされる激しい下痢や痛みを体験する可能性があり、適切な治療を受けなければ、慢性胃炎や悪性の胃潰瘍に移行するかもしれないのです。

特に日本人は50%以上が感染者であると言われていますから、今のところ症状がないからといって安心することはできません。今回は、あなたとご家族の健康と安全を守るため、どのようにピロリ菌を治療し、予防すればよいかについてお話します。

ピロリ菌はどうやって感染するの?

現在のところ医師や科学者たちは、何が原因でこの細菌が私たちの体内に感染するか、はっきりとした感染経路をつきとめてはいません。でも感染症として、次の一般的な特徴が挙げられます:

  • ピロリ菌は通常、子供時代に感染します。私たちが細菌や感染症に最も弱いのはこの時期です。
  • 医師たちによると、世界人口の60%近くがピロリ菌の保菌者であると言います。いったん体内に定着したピロリ菌は、私たちが死ぬまで持続感染を起こすことが可能です。
  • 人から人への接触や、汚染された水や食べ物をとおして感染します。
  • 保菌者の中にはどんな症状も経験しない人もいますが、その他の人たちは、ある年齢に達したころから胃炎・胃潰瘍・胃痛・胃酸逆流などを体験し始めます。
  • 覚えておくべきもう1つの特徴は、ピロリ菌は胃リンパ腫のようなある種の胃がんと関連があるケースがあるということがいくつかの研究で報告されていることです。

体内にピロリ菌がいると、どんな症状が現れるの?

先ほども触れましたが、ピロリ菌は通常はどんな症状や病気の兆候も引き起こしません。

でも体内にピロリ菌が生息しているかどうかを確かめたければ、かかりつけの医師に相談し、適切な検査を行ってもらいましょう。

テストの1つとして、非放射性同位元素を含む液体を飲ませたあとに患者の呼気を分析する方法があります。もし体内にピロリ菌が存在する場合、胃の中で尿素が二酸化炭素とアンモニアとに分解されます。

二酸化炭素は血液に溶け込んで、肺によって排出されますから、呼気中に検出されるのです。

もしすでに消化器系の問題があるなら、内視鏡を使って胃の粘膜を検査するよう医師にすすめられるかもしれません。

こちらの記事もお読みください:胃炎を治す自然療法

intestinal-bacteria

でも、もしピロリ菌が体内に存在する場合は、40歳をすぎてから次のような症状が現れるかもしれません:

  • 腹部の不快感
  • ガス
  • 腹部膨満
  • ほんの少し食べただけで満腹感がある
  • 口臭
  • 吐き気・嘔吐
  • 疲労感
  • 暗色便または貧血(潰瘍が胃壁を損傷するため)

ピロリ菌感染症の治療法は?

kefir

1. 抗生物質

抗生物質による治療(除菌療法)を行うには、かかりつけの医師があなたの症状や必要に応じて適切であるかどうかを判断する必要があります。ただ最近は、ピロリ菌に感染している患者さんが抗生物質に耐性を持つようになる場合があるようです。

常に医師の意見に従い、症状がどう進行していくか観察していく必要があります。

こちらもおすすめします:処方箋がいらない天然抗生物質トップ10

2. 天然の抗生物質である食品

このタイプの細菌と闘うためには、天然の抗生成分を持つ以下のような食品をもっと食べることをおすすめします:

  • ニンニク 
  • 玉ネギ 
  • エキナセア 
  • ショウガ 
  • イム 
  • ローズマリー 
  • ミント 
  • ハチミツ

3. プロバイオティクス

日頃からプロバイオティクス(善玉菌を含む食品)を食べることが、毎日の健康のために非常に重要です。乳酸菌やビフィズス菌はピロリ菌を殺すわけではありませんが、感染症を防ぎ、健康状態を改善してくれます。

ケフィアや白いヨーグルトのような食品は、消化不良・吐き気・頭痛などを防ぐのに役立ちます。

4. バーベナ精油

バーベナ精油大さじ1杯をコップ1杯の水に溶かして朝に飲みましょう。さまざまな効能があります:

  • 消化を助ける 
  • リラックス効果がある  
  • 体内のピロリ菌感染症の進行を抑える

こちらの記事もご利用ください:消化を助ける3つの素晴らしいお茶

5. プロポリス

プロポリス(蜂ヤニ)は、すぐれた天然の抗生物質・殺菌剤であり、身体の自然の免疫力を向上させます。感染症や胃炎の治療にすぐれた効果があります。

面白いことに、蜂はこの物質を使って感染症から自分たちの巣を守っているのです。

プロポリスを内服する前に、必ずかかりつけの医師に相談してください。また最初は微量から始めることと、長期間続けないことを覚えておきましょう。

6. 役に立つかもしれないその他の食品

green-smoothie

  • ブロッコリー 
  • ショウガ 
  • クミン 
  • キャベツ 
  • 生のジャガイモを刻んだもの  
  • セロリ 
  • ニンジン 
  • パイナップル 
  • もし潰瘍や胃炎がなければ、リンゴ酢大さじ1杯をコップ1杯の水にまぜて飲んでもいいでしょう。
あなたへおすすめ