1日3杯のコーヒーを飲むことは/健康に良いか?

12月 2, 2015

多くの研究によって、毎日コーヒーを飲むことは(もちろん適度な量ですが)健康効果があることが確認されています。長い間、カフェインは体に有害だと信じられており、コーヒーは避けられてきました。しかし、毎年のように、コーヒーを飲むことは実際には体に良いのだということを確認する研究がでてきています。 

いくつもの研究において、コーヒーが糖尿病、アルツハイマー、そしてパーキンソン病などの健康問題の治療と予防に効能があることが示されてきました。コーヒーを飲むことにより得られる多くの効果と、なぜコーヒーを飲むと良いのかという理由を明らかにしている新たな研究があります。アメリカ合衆国メリーランド州、ベセスタ所在の米国国立がん研究所により行われ、Hepatology米国肝臓病学会雑誌)に掲載された研究によると、コーヒーを飲むことは肝臓に良い影響があると述べられています。この研究を行うために、研究者は全国健康栄養診断調査(NHANES 1999-2010)からのデータを使用しました。また20歳以上の2万7千793人の患者を選びました。

ボランティアはコーヒを飲む習慣についての調査に回答し、研究者は彼らの血液検査を実施し、肝機能のマーカーを測りました。この研究の目的は参加者の肝臓の健康を評価することです。結果として1日に3杯以上のコーヒーを飲む人は、コーヒーを飲まない人に比べて肝酵素値が低いことが分かりました。研究者によるとカフェイン以外のコーヒに含まれる化合物が、適度に摂取された場合に肝臓の健康を促進することが分かりました。

コーヒーで脂肪肝や線維症のリスクを減らそう

肝臓コーヒー

Hepatology米国肝臓病学会雑誌))に掲載された他の研究によると、非アルコール性脂肪肝疾患の患者において、コーヒーを飲むことが肝臓における結合組織の蓄積(肝線維症)のリスクを有意に減少させることが分かりました。

この研究はコーヒーのカフェインが肝臓線維症のような慢性の肝臓病で苦しむ人々における結合組織の蓄積を減らすと確定しました。

この研究を行うために研究者は306人にカフェインの摂取についてインタビューを行い、以下のようにグループ分けを行いました:超音波で線維症の症状のない患者(対照群)、脂肪変性のある患者のグループ、そして非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)のステージ0-1と2-4の患者のグループです。

コーヒーを飲む脂肪変性の患者とステージ0-1の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の患者を比較すると有意な差が見られました。

ステージ0-1の非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)の患者において、コーヒーの摂取量は58%と報告されており、それはステージ2-4の患者の36%に比べると高かったのです。専門家によると、臨床転帰(臨床経過の結末内容)に影響を及ぼす、コーヒーの摂取量を決定するためには、より多くのテストと研究が必要となるそうです。

コーヒーの効果

コーヒー

長い間コーヒーは健康に有害な飲み物と信じられてきましたが、最近では、コーヒーを飲むことの効果はますます明らかになりつつあります。

  • 最近の研究によれば、コーヒーを飲むことにより糖尿病や肥満、エストロゲン(女性ホルモン)、インシュリンに関連する子宮内膜がんのようながんの予防にもなること示されています。
  • 抗酸化物質を含有するため、コーヒーは肝がんや膀胱がんの予防に関係するとされています。
  • コーヒーは肝硬変になるリスクを減らします。
  • コーヒーはフラボノイド(抗がん性、抗酸化性をもつとされる)を含むため心臓病のリスクを減らすとされています。
  • コーヒーは頭痛や特定の片頭痛をもつ人にもおすすめです。
  • コーヒーの摂取量は胆石や胆のうの病気のリスクを下げるとされています。
  • コーヒーを飲むことは胃液分泌を促し、胆汁生成を増加し、消化を良くするために胆のうの収縮を促します。
  • 数多くの科学的研究は、1日に3杯のコーヒーを飲む人は認知低下のリスクが50%低くなることを示しています。

 

あなたへおすすめ