脂肪肝の人が避けるべき食べ物

· 11月 5, 2015

近年、脂肪肝になっている人が増えています。脂肪肝とは、肝細胞に中性脂肪が溜まりフォアグラのようになった状態のことを指します。脂肪肝の主な原因は運動不足や食べ過ぎ、飲み過ぎなどです。更に、ファストフードやジャンクフードが食生活に入り込んできたこと、食の欧米化も大きな要因です。

もし脂肪肝と診断された方は、日常生活を早急に改善する必要があります健康な食生活を送り日常的に運動する必要があるのです。そうすれば体重も減り、脂肪肝も後に改善することでしょう。

脂肪分の多い食べ物

Junk-Food

脂肪肝になると脂肪分を多く含む食べ物を消化しにくくなるので、そういった食べ物を避ける必要があります。更に、脂肪分を多く含む食べ物は体重が増える原因になり不健康になります。脂肪肝の合併症には糖尿病、肝炎、肝硬変、高血圧、動脈硬化、高脂血症、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、肝臓がんなどが考えられます。

糖分の高い食べ物

糖分の高い食べ物は、体内のブドウ糖の値を高めます。そして肝臓に良くない影響を与えます。ジャガイモ、スイカ、レーズン、バナナ、白パン、生産物由来のコーン、アイスクリーム、フレーバーヨーグルト、チョコレートなど、単に炭水化物が高いものは過度な消費を避け、適度に消費しましょう。

加工穀物

加工された穀物は避け、全粒穀物を摂取しましょう。そうすることで、コレステロールや血中グルコースを安定させる手助けとなります。これらは脂肪肝の改善にきわめて重要なものです。

アルコール

Alcohol

アルコールは肝臓細胞への脂肪蓄積を促します。脂肪が過剰になると細胞が刺激され、血流が悪くなり、回復出来ない程のダメージを受けるのです。従って、アルコールの消費はできるだけ控えましょう。もし脂肪肝と診断されている場合は、アルコールはやめるべきです。

脂肪肝は他人事ではなく、誰もがなる危険性をはらんでいます。これらの食べ物はできるだけ避けて、健康な食生活を送りましょう。