一時的な別居に潜むリスク

· 10月 21, 2018
一時的な別居には2つの相反する結果が伴います。お互いを恋しく感じるか、その逆に別れの決定打になるかです。

カップルが一緒に住んでいれば、お互いを理解しがたく感じたり口論になったりするのはごく普通のことです。問題はこれが長く続いた場合です。この場合一時的に別居するのはまずいのでしょうか?

大声で熱い口論をしたとしても、落ち着いてみると実はそれは大したことではなかったという気がする事もあるかも知れません。

多くの人が相手と離れてみることの大切さを感じています。

お互いの気持ちを落ち着けるのに役立つからです。ですがいつでもこのようにうまくいくとは限りません。

・多くのカップルは互いの共通点を持っていますが、違いもあるのだという事を忘れてはいけません。

・この違いが喧嘩の元になるのではなく、それをどう互いが扱うかによって喧嘩になるのです。これが一時的な別居へと繋がったりします。

 

一時的な別居は長くてどのくらいの期間にすべき?

正しい答えなどはありませんが、だいたい2か月から半年が目安でしょう。

 

一時的な別居のリスク

口論 別居

別れ

一時的な別居を「2人の関係の終わり」とイコールだと受け止める人も多いでしょう。

実際にその通りである場合、別居を言い出した方の目的は、いきなり別れて相手を傷つけない、という事です。お互い自分を見つめなおし、反省し、状況を分析する事を提案するわけですが、実は別れるためのクッションが欲しいだけだという事です。

 

どちらかが同意しない

別居を提案したとして、片方がその決定に同意しない場合、つまり、片方は、互いの関係性がおかしくなったからと言って、別居がそれを解決するとは考えていない場合はどうすればいいのでしょうか。

明確な目標と意図を相手に伝えることです。互いの時間を無駄にしない事が大切なのです。

 

別居を問題を解決する方法だと考える

別居をすればすべてが上手くいくわけではありません。これは単に解決するための糸口になるだけです。

離れたからといって、互いの違いが解決されたわけではありません。別居に至った問題や出来事をクリアに出来るわけではないのです。

・この時期にカウンセラーを探してみるのも良いでしょう。フラストレーションが募るのを避けたり、適切な問題解決をする事が出来るようになります。

こちらもお読みください:一人の時間を楽しく過ごす人たちを科学が解明

守れない約束をする

別居をすると決めたらお互いが幸せであるために、あなたの出来る事、出来ない事を明確に伝えましょう。

この時に正直である事と、自分も妥協する事は不可欠です。実際に果たすことの出来る約束をすることが大切です。

こちらもお読みください:別れを経験した後に自分を再発見する方法

時間をかけない

自暴自棄 別居

相手を喜ばせる事だけを考えて何もかもに同意していてはいけません。自分がどう感じるかが大切です。

・もし相手から時間が欲しいと言われたらそうしてください。互いの傷を癒し、2人の関係に何が必要なのか改めて見つめなおすことが出来ます。また2人で生活するため自分が何を望むのかを知るきっかけにもなります。

・別れるための心構えもしておきましょう。一時的な別居とはいえ、それが長引く可能性もあります。2人どちらも、また一緒に住むか、もしくは別れるかを選ぶための心の準備をしておく必要があります。

簡単な事ではありませんが、これまで2人でした来たことを自分一人ででも出来るようになっておきましょう。

・絶望しないでください。パートナーが時間が欲しいと言っているのにそれを与えなければ、2人の間にフラストレーションが募ります。

 

別居は解決法ではない

別居 解決法

一時的な別居にはあらゆるリスクが潜んでおり、2つの相反する結果をもたらします。

・これが互いを癒す時間になるカップルもいます。

・離れることでほっとする自分に気づき、別れを選ぶカップルもいます。

お互いのために、この決断は注意深く行ってください。他の物事も含み、この別居は一時的なものではなくなるかも知れないからです。

2人の気持ちが混乱している時は別居も良い事です。大切なのは正しい理由を持って決断を下す事です。