一番ヘルシーなクリーミー野菜スープって結局どれ?

· 6月 21, 2018
レシピには塩が欠かせないように見えても、代わりにスパイスを使ってクリーミー野菜スープに味を付けても大丈夫です。

どのクリーミー野菜スープもヘルシーですが、1番ヘルシーなタイプは健康に悪い材料を含まないものです。

健康に悪い脂肪分

例えば、脂肪分や炭水化物や塩を過剰に含むクリーミー野菜スープは、もはや健康的とは言えません。削ったチーズ・トースト・揚げたパン・生クリーム・塩・砂糖・肉等々、ついつい入れてしまいがちですよね。

何よりも、このように色々加えてしまうと、摂取カロリーが多くなります。しかも、コレステロール・トリグリセリド・塩分の値も上げてしまい、健康上のリスクになります。

クリーミースープやピューレを作るときは、旬の野菜をぜひ選んでください。栄養素が高い上に低脂肪で、炭水化物や塩分の含有量も抑えられます。

クリーミー野菜スープをヘルシーにするために使える代替材料

スープ

上記で説明した追加で入れがちな材料(脂肪分)は、美味しい他の材料と簡単に入れ替えることができます。

いくつかご紹介します:

  • バターやいつもの油の代わりにオリーブオイルを少量使う。
  • 脂肪分が多いチーズの代わりに、フェタチーズや豆腐を使う。
  • 生クリームや牛乳の代わりには、植物性のミルクがパーフェクト。クリーミー野菜スープにはココナッツミルクがピッタリ。
  • 加工品のソーセージよりも、魚や肉が正解。
  • トーストや揚げたパンのカリカリ感が欲しいなら、市販のナッツや低カロリーのクルトンを代わりに使う。
  • スープにとろみを出すために生クリームを使わず、他の材料の野菜と一緒に炒めたじゃがいもでとろみを出す。
  • 味を深めるなら、パクチーやタマネギやバジルのように、ハーブと天然スパイスを使ってもピッタリ。
  • 正しい材料で作られたクリーミー野菜スープには、塩は不要。にんにく・唐辛子・柑橘類の絞り汁・胡椒など少々で、健康に悪い塩の代わりになります。

こちらもお読みください:塩の代わりとなる8つのスパイス

オススメの楽しいレシピ

ここからは、ヘルシーなクリーミー野菜スープのレシピを3つご紹介します。

クリーミーかぼちゃスープ

カボチャスープ

材料

  • かぼちゃ(中) 1個
  • オリーブオイル
  • たまねぎ(小)1個
  • ねぎ 1本
  • ニンニク 2片
  • パクチーまたはその他のハーブ(味付け用)
  • 胡椒
  • 塩 1つまみ
  • じゃがいも または 熟れたりんご 1個
  • 野菜だし 6カップ(1500ml)
  • ナチュラルヨーグルト 1箱(125g)
  • ナッツ、フェタチーズまたは豆腐(味付け用)(お好みで)

作り方

  • かぼちゃの皮を剥義、種を取り出し、小さく切る。オリーブオイルで炒め、取り出す。
  • たまねぎ・ねぎ・みじん切りにしたニンニクを炒め、ハーブ・塩・胡椒を加える。炒めたかぼちゃと、じゃがいもまたはみじん切りにしたりんごも加える。
  • 野菜だしを加え、10〜15分間煮詰める。
  • ヨーグルトと残りの材料を入れ、とろとろになるまで煮込む。
  • 最後に、歯ごたえが良いナッツや、フェタチーズか豆腐を加え、バジルをふりかける。

クリーミーねぎスープ

ネギのスープ

材料

  • ねぎ 4本
  • たまねぎ(中)1個
  • オリーブオイル
  • 胡椒と塩 ひとつまみ
  • じゃがいも(中)または熟れたりんご 1個
  • 野菜だし 4カップ(1ℓ)
  • ナチュラルヨーグルト 1箱(125g)
  • ナッツまたはバジル(味付け用)(お好みで)

作り方

  • ねぎを洗い、切り刻む。
  • たまねぎを千切りにし。オリーブオイルで炒める。
  • ねぎを加え、炒め続ける。
  • 塩胡椒を加え、じゃがいもか刻んたりんごも加える。
  • 野菜だしを加え、柔らかくなるまで煮込む。
  • ヨーグルトを加えとろとろになるまで煮込む。
  • 仕上げに、ナッツと刻んだバジルをふりかける。

こちらもお読みください:おいしくてヘルシー! ヨーグルトスポンジケーキレシピ

クリーミー野菜スープ

野菜スープ

材料

  • ねぎ 2本
  • ズッキーニ(大)1本
  • にんじん 1本
  • オリーブオイル
  • ほうれん草 2カップ(60g)
  • 塩胡椒 ひとつまみ
  • 野菜だし 4カップ(1ℓ)
  • ナチュラルヨーグルト 1箱(125g)
  • ナッツ(味付け用)(お好みで)
  • みじん切りにしたバジル(味付け用)(お好みで)

作り方

  • オリーブオイルで、みじん切りにしたねぎ・ズッキーニ・にんじんを炒める。
  • みじん切りにしたほうれん草を加え、塩胡椒も加え中火で炒める。
  • 野菜だしを加え、15分間ほど(または野菜が柔らかくなるまで)煮込む。
  • ヨーグルトを入れ、お好みのとろみ加減になるまで煮込む。
  • 仕上げに、オリーブオイルを垂らし、ナッツのような噛みごたえのあるものをお好みで加える。
  • バジルをふりかける。

新鮮な食材を使う。

旬の野菜を使ってクリーミースープを作っていただけると、新鮮で栄養価が高いスープになります。

ご紹介したスープを作るにあたって大切なことは、加工品からではなく、天然の材料から味を出しつつ健康的な料理にすることです。