塩の代わりとなる8つのスパイス

11月 2, 2017
私たちが毎日口にする食べ物には塩分が多く含まれているものがたくさんあります。これ以上摂り過ぎないようにするためにスパイスを使いましょう。素晴らしいフレーバーと身体に良い成分をプラスすることとなります。

食べ物の味を引き締め美味しくしてくれる塩は、料理に最もよく使われる材料だと言えます。

少量摂る分にはミネラル源となり、電解質バランスを整え、体内のその他の働きをサポートします。

しかし問題はつい多く取りすぎてしまう事です。過剰摂取の悪影響を考えることなく、どんな食べ物にも塩をかけて食べる人も多いことでしょう。

最初はそんなに影響を感じる事はないかも知れませんが、時が経つとともに炎症、心臓血管や腎臓の障害が出てきます。

1日どれだけの量の塩分を取るか決めておきましょう。塩を使う量を減らして、その代わりその他のスパイスを使ってみてください。

普段よく使うものも含まれているかも知れません。ここではおススメのスパイスを8つご紹介します。

 

1.にんにく

にんにく

にんにくはミネラル、ビタミン、抗酸化成分を豊富に含んでおり、体内のあらゆる病気と闘う力があります。

塩と違って抗炎症作用と利尿作用があるので、むくみを取り除き心臓血管の問題を和らげます。

以下の食材にとても良く合います。

・赤身、白身のお肉

・魚、シーフード

・シチューやスープ

 

2.オニオンパウダー

にんにくと同じようにアリシンを含んでおり、効能も少し似ています。塩分の摂取を減らすには最適な代用品です。

自然素材である野菜の玉ねぎ程は効能がありませんが、食べ物に素晴らしい風味を加えてくれます

良く合う食材や料理

・肉やシーフード

・スープやシチュー

・米

・焼き野菜

・サラダ

 

 

3.ブラックペッパー

黒こしょう

ブラックペッパーには抗炎症作用、抗酸化作用があります。フリーラジカルのダメージから組織を守ります。

高血圧と闘い、老廃物を体外に排除する助けをする事で腎臓の機能を改善します。

良く合う食材や料理

・肉や魚

・シチュー、ソース、ドレッシング

・野菜料理

・パスタ

 

4.オレガノ

オレガノにはあらゆる薬効がある上美味しく、塩の代用品として最適な物です。

ビタミン、ミネラルの他、消毒作用、抗真菌作用、抗炎症作用のある精油を含んでいます。

定期的に取り入れると免疫力を高め呼吸器の問題を改善します。

良く合う食材や料理

・赤身、白身の肉

・魚、シーフード

・ピザや、チーズを使った料理

・シチュー

・フルーツやベジタブルのスムージー

・サラダ

・米

・パスタ

 

5.クミン

クミン

クミンは料理に少し変わった風味を加えてくれます。

抗酸化成分を含むので、環境から受けるフリーラジカルのダメージを打ち消します。

定期的に取り入れるとコレステロール値を下げるので、心臓血管の健康維持に役立ちます

良く合う食材や料理

・肉や魚

・スープやシチュー

・米

・野菜

 

6.アニス

アニスには独特なフレーバーがあり、肉や野菜を使ったレシピと非常に良く合います。

多くの有効成分が含まれていますが、特に消化を促す力があります。

 

7.しょうが

しょうが

抗炎症作用、消化促進、抗酸化作用でよく知られている食材です。塩分摂取を控えるのに最適なスパイスの1つです。

多く含まれているジンゲオールの働きで辛みが加わり、薬用効果を実感できます。

良く合う食材や料理

・パンやクッキー

・フルーツやベジタブルのスムージー

・サラダ

・スープやシチュー

 

8.ターメリック

ターメリックは食の世界ではよく知られたスパイスで、料理に独特な香りとオレンジカラーを加えます。

この抗酸化成分をたっぷり含んだスパイスは、塩分を減らし風味を足したい時に最適なものです。

抗炎症作用、消化促進、抗菌作用があるので、病気になったときなど細胞を守り健康改善に役立ちます。

良く合う食材や料理

・スープやシチュー

・米

・豆類

・野菜サラダ

・ソースやドレッシング

料理に塩をよく使いますか? もし使うならご紹介したスパイスを試してみてください。いつもの料理に素晴らしい風味を付け加えてくれる上、健康にも良いものです。塩を完全に抜く事は出来ませんが、適度に摂り入れ健康に害を及ぼさないようにしましょう。

あなたへおすすめ