オレンジとニンニクで下肢静脈瘤を治す

18 12月, 2018
これを塗ると、下肢静脈瘤になっている患部の血行改善を助けるので、肌上に見える下肢静脈瘤を減らせるだけでなく、浮腫みを癒し和らげることもできます。

下肢静脈瘤は女性が頻繁に抱えるトラブルです。下肢静脈瘤とはねじれて炎症をおこした血管を指し、明らかに目に見えるもので、特に足に目立って現れます。

これは、血行不良の初期徴候であり、深刻な健康問題を引き起こすかもしれないので対処することが必要です。

今日は血行を良くし下肢静脈瘤を減らすニンニクとオレンジを使った治療薬をシェアします。是非お試しください!

下肢静脈瘤を減らすニンニクとオレンジを使った治療薬

ニンニクの成分とオレンジジュースを合わせると、脚の静脈瘤を減らしてくれる代替治療薬となります。これを常時使うことで患部の血行が改善され、目に見えて下肢静脈瘤が減るでしょう。

また、疲れた脚を癒し、水分貯留による不快な浮腫みの感覚を和らげてくれます。

ニンニクの下肢静脈瘤への効果

ニンニク

ニンニクは伝統医学において最も人気のある材料の一つです。ニンニクには、多くの病的問題の治療を助けるのに欠かせない成分が含まれています。

  • 循環器系の健康に利益をもたらす抗炎症作用と抗酸化作用を持つ硫黄化合物が含まれています。
  • 脂肪が蓄積している動脈や狭くなっている動脈を広げる助けをする血管拡張効果もあります。
  • 血行を促進し、血栓や下肢静脈瘤、その他の炎症障害の形成を防ぎます。
  • 血行の悪化によってよく起こるジンジンした浮腫みの感覚を和らげます。
  • 血液を無理なく心臓へと戻す助けをするため、下半身の痛みを抑えます。

こちらもご参考に:
天然の抗凝血剤であるニンニクの健康効果

オレンジの下肢静脈瘤への効果

オレンジ

オレンジジュースには、下肢静脈瘤の症状をコントロールするのに役立つ実に興味深い効能があるのです。

  • ニンニクと混ぜることで、血管の膨張が抑えられ、血流が再度確立されます。
  • 患部を癒し、この症状に伴う浮腫みや痛み、痺れを抑えます。
  • 血行低下に関連する要因である脚の水貯留を抑えます。
  • 更に、肌の弾力性やハリを保つのに役立つ肌の強壮剤として作用します。

ご存知でしたか?:
静脈を強くして下肢静脈瘤を予防

ニンニクとオレンジを使った自宅でできる治療薬の作り方

このニンニクとオレンジを使った自宅でできる治療薬は、下肢静脈瘤を緩和するのに売られていることが多い軟膏や外用薬の代替品となります。

即効性はありませんが、何回か適用すると良くなったと感じるでしょうですから、満足のいく結果を手に入れるには定期的に適用することが重要です。

材料

  • オレンジ 3個
  • ニンニク 5片
  • オリーブオイル 大さじ2(32 g)

道具

  • ガラス瓶
  • 木製のスプーン
  • ラップ

作り方

  • オレンジから果汁を抽出し、ガラス瓶に注ぎます。
  • ニンニクの皮を剝き、ペースト状になるまでつぶし、瓶に入れます。
  • オリーブオイルを入れ、木製のスプーンで材料を全て混ぜます。
  • 瓶に蓋をし、使う前に10時間~12時間寝かせます。

用法

  • 治療薬を下肢静脈瘤になっている患部に塗ってしみわたらせます。
  • 患部を5分~8分マッサージし、栄養分の吸収を高めます。
  • その後、患部にきつくなり過ぎない程度にラップを巻きます。
  • 40分間その状態にして作用を促し、洗い流します。
  • 毎晩寝る前にこの療法を少なくとも週に3回行います。

注意:この治療薬を使った後は日光に肌を晒すのを避けて下さい。クエン酸が含まれているため、肌の色が変色することがあります。水でたっぷり洗い流してください。

下肢静脈瘤とさよならしたければ、この方法に加え、良い食生活を送り運動をすることも忘れないでください。

  • Arora, M. (2017). Management of varicose veins. JK Science. https://doi.org/10.1080/00325481.1957.11691434
  • Cleanthis, M., & Lees, T. (2011). Varicose veins and chronic venous insufficiency. In Postgraduate Vascular Surgery: The Candidate’s Guide to the FRCS. https://doi.org/10.1017/CBO9780511997297.021
  • Piazza, G. (2014). Varicose veins. Circulation. https://doi.org/10.1088/0031-8949/91/2/025201
  • Schäfer, G., & Kaschula, C. (2014). The Immunomodulation and Anti-Inflammatory Effects of Garlic Organosulfur Compounds in Cancer Chemoprevention. Anti-Cancer Agents in Medicinal Chemistry. https://doi.org/10.2174/18715206113136660370
  • Schafer, G., & H Kaschula, C. (2014). The immunomodulation and anti-inflammatory effects of garlic organosulfur compounds in cancer chemoprevention. Anti-Cancer Agents in Medicinal Chemistry (Formerly Current Medicinal Chemistry-Anti-Cancer Agents), 14(2), 233-240.
  • Coelho, R. C. L. A., Hermsdorff, H. H. M., & Bressan, J. (2013). Anti-inflammatory properties of orange juice: possible favorable molecular and metabolic effects. Plant foods for human nutrition, 68(1), 1-10.
  • Várices: MedlinePlus en español. (2019). Retrieved 31 July 2020, from https://medlineplus.gov/spanish/varicoseveins.html