静脈を強くして下肢静脈瘤を予防

· 3月 14, 2016
下肢静脈瘤は、脚の血液循環の問題に起因します。予防には、いくつかの簡単なエクササイズを実践し、オメガ3脂肪酸が豊富な食物をたくさん食べましょう。

静脈は、肝臓によって除去された不要物を集めた血液を運ぶパイプラインで、強くて弾力のある静脈は、血液循環と全体的な健康に不可欠です。

しかし年をとると静脈は弱くなって硬化し、さまざまな問題を起こす可能性があります。

日本血管外科学会は、「手足の静脈には、逆流防止のための弁がついており、血液が心臓に戻りやすくなっています。この弁の働きが悪くなって逆流が引き起こされたり、太い静脈が詰まった場合、静脈圧が高くなります。このような理由で、皮膚に近い部分の静脈が太く長く膨らんでくるのが静脈瘤であり、そのほとんどは足(下肢)に生じます。」と説明しています。

この下肢静脈瘤の主な原因は加齢ですが、悪化させる他の要因としては、座りがちな生活や、脂肪の多い食品、喫煙や栄養不足といった悪い習慣があります。

本記事では、静脈を強くして下肢静脈瘤を予防する方法をご紹介します。

下肢静脈瘤

血管

体の下部の静脈は、他の部分に比べて、より多くの働きをしています

それは、重力のせいで、足から心臓に血液を運ぶのがより困難だからです。

下肢はまた体重を支えるため、それはまた、どれだけうまく血液が静脈を通って循環するかに影響を与えます。

静脈が弱くなると、生成された血液の流れをコントロールする弁は、増加した圧力に負けてしまいます。弁は正常に作動しなくなり、血液を心臓に移動させることが困難になり始めます。

血液が下肢の静脈にたまれば、炎症を起こして、見苦しい静脈瘤を作る結節を形成します。

静脈瘤は、脚の青みを帯びた腫れのある部分が特徴です。これらの悪名高い静脈は見た目も悪く、痛みを伴うこともあります。

見た目の問題にとどまらず、放置すれば潰瘍を形成しかねない毒素の蓄積によって周囲の組織が影響を受けるため、健康にも影響を与えます。

それどころか、血液循環の継続的な問題は、深刻な心血管疾患につながる可能性があります。

静脈瘤を治療し、予防するためのエクササイズ

運動

運動は、静脈瘤を防止し、治療する最良の方法の一つです

常に動きを必要とする運動を行うことは、血行を改善し、下肢静脈瘤を緩和する効果が期待できます。

最も推奨されるエクササイズは:

これらの有酸素運動以外にも、ウェイトを使う筋力トレーニングに脚のストレッチを加えて、20分程度の運動を行うのをお勧めします。

こちらもご参考に:脚力強化のための/簡単なエクササイズ

食事療法

静脈を強化し弾力性を維持するためには、静脈の健康に重要な役割を果たす、魚や種子などオメガ3脂肪酸が豊富な食品の摂取量を増やす必要があります。

また、果物や野菜を食事のベースにして、ビール酵母や大豆などのアミノ酸を含む食品を加えたジュースもお勧めです。

 

静脈を強化するジュース

グリーンジュース

このジュースは、血流から毒素を除去しながら、毛細血管や静脈を強化するのに役立ちます

定期的に飲むことで下肢静脈瘤を減少させ、全体的な血行を改善します。

材料

  • セロリ1本
  • トマト2個
  • ニンニク1かけ
  • タマネギスライス1個分
  • アロエベラゲル1 1/2カップ(300ml)
  • スピルリナ小さじ1(5g)

作り方

  • ブレンダーにすべての材料を入れて数分間混ぜるとスムージーのようなピューレ状のジュースが出来上がります。
  •  空腹時にこのジュースを飲みましょう。

こちらもご覧ください:血液をきれいにする薬用植物

自然療法

サラダ

自家製の自然療法は、とても作り方が簡単で、定期的に行うと高い効果を発揮すると言われています。

作り方

  • ケールを買い、葉を分けます。
  • 麺棒で葉をそれぞれ平らにし、静脈瘤のある部分に当てます。 数時間、または一晩そのままにしておきましょう。

自宅で行う静脈瘤の治療には即効性はありませんが、ライフスタイルや生活習慣を健康的なものへと改善することが必要不可欠です。

バランスのとれた健康的な食生活を実践しながら、適度な運動を続け、今回ご紹介したアドバイスに従えば、下肢静脈瘤の症状を緩和するのに役立ちます。

ただし、症状が深刻な場合は、医学的介入が必要になるため、必ず医師に相談してください。