血液をきれいにする薬用植物

4月 9, 2016

むくみや疲れを感じて、お肌もハリがなく、乾燥していませんか?  このような症状は、血液に毒素や余計な老廃物がたまっている兆候です。また、このような症状は、ビタミン不足のサインでもありますが、私たちの細胞が排出しなければいけないものでいっぱいになっているしるしでもあります。今から、役に立つ薬用植物をご紹介しましょう。

血液の健康

血をきれいにして、毒素をとりのぞく働きをしている内臓は腎臓と肝臓です。この内臓がよく働いてくれるようにするには、バランスの取れたダイエットをすることがいちばんで、血液をきれいにするお茶もよいでしょう。

血液を健康にしておくことは、病気の予防になるだけではなく、乾燥したハリのない肌をふせぐことや細胞を強く保っておくことで老化を遅らせることにもなります。これが重要です。ですから、基本的な栄養素をとって、ビタミン不足にならないようにして、身体のコンディションを良くしておくことと、身体から毒素を抜いて血液をきれいに健康にしておくことが大事です。この記事では薬用ハーブの役立ち方を紹介します。

どうやって血液をきれいにするの?

どのようなハーブやお茶が血液をきれいにするのにいいのかをお話しする前に、以下のような食べ物も役立つので気に留めておいてください:

  • 役立つ果物:レモン、ぶどう、オレンジ、グレープフルーツ、パイナップル、ブルーベリー、キーウィ、いちご、など
  • 血液をきれいにする野菜:にんにく、たまねぎ、ニンジン、セロリ、パセリ、アルファルファ、大豆、など

血液をきれいにするハーブと薬用植物

1.ゴボウ

goboucha

ゴボウは血液循環やリンパ系をきれいにするすばらしい植物です。お近くのお店でも売っていると思いますが、ゴボウには血液の流れを改善し、体液の停滞やむくみをふせぐなど、デトックス効果があることが知られています。

皮膚と尿によって毒素を排出すると、尿酸も少なくなります。他に何が期待できるでしょう? 驚かれるでしょうが、ゴボウにはいろいろな効果があります。関節炎、坐骨神経痛、痛風、吹き出物、床ずれ、胸やけ、腎臓結石、胆石、肝臓のいろいろな病気、膀胱炎、帯状疱疹、発熱、糖尿病・・・このような病気の改善にゴボウは役立ちます。食べるだけでなく、カップ一杯のお湯にティースプーン一杯のゴボウエキスを入れたものを一日に二杯飲むのもよいでしょう。身体がスッキリするのがわかります。

2.ニワトコ

niwatokocha

この花をご存知でしょうか?この花はすぐれた下剤です。また、洗浄作用や防腐作用もあります。天然のアストリンゼン(化粧水)で、また殺菌薬品です。むくみをとって血液をきれいにして、腎臓や肝臓の働きを助けます。健康食品のお店で液体や錠剤が手に入ります。理想的には、食事のあとカップ一杯を飲むのがよいでしょう。さまざまな効果があります。

3.イラクサ

irakusacha

たぶんイラクサの効果については聞かれたことがあるでしょう。イラクサのお茶は最高です。イラクサはデトックス効果が大きく、身体と血液から毒素をすぐに抜いてくれます。利尿作用があり、ここまでご紹介した植物と同じように肝臓と腎臓の働きを助けます。イラクサは選んで間違いがないでしょう。

4.タンポポ

tanpopocha

タンポポもお茶にすると、毒素を排出し、血液のめぐりをよくします。カップに入れたお湯に何個か花を入れ、5分ほど待って飲みます。

5.ヤナギハッカ(ヒソップ)

hisoppucha

血液をきれいにして、悪い脂肪を身体から排出してくれるヤナギハッカのすばらしい作用を聞かれたことがありますか?それは本当です。ヤナギハッカを売っていたら、きっとお店の人は体重を減らし、血液をきれいにするこの植物の能力を教えてくれるでしょう。カップ一杯のお湯にティースプーン一杯の葉っぱを入れたものを、一日に二杯飲めばよいでしょう。

6.アロエ

aroenogeru

アロエは栄養補助食品に使われる薬用植物です。その効果は免疫系を刺激することやデトックス効果から、殺菌作用、抗菌作用、抗ウイルス作用まで幅広いです。肝臓や腎臓の働きを助けて、身体全体を元気にします。必要なのは、茎の内側にある透明なゼリー部分で、テーブルスプーン一杯で十分です。丁寧にはがしたゼリーをカップ一杯のお湯の中に入れてください。よく混ぜてから5分待ちます。レモン汁を何滴か入れると、さらにおいしくなります。

あなたへおすすめ