100以上の病気を治す/自然療法

· 11月 24, 2015
生のニンニクに含まれている成分、アリシンには殺菌・抗菌作用があります。赤ワインは心臓を健康に保ち、早期老化を防ぐ抗酸化作用に優れています。
 私たちは歳をとるにつれて様々な病気にかかりやすくなり、生活の質が低下する傾向があります。

健康を維持し、長い人生を楽しむには、バランスのとれた食生活や適度な運動をするなど、健康的なライフスタイルを送ることが欠かせません。

そしてまた、健康的なライフスタイルは、心身共に安定した良い状態を保つ効果があります。

今回は、ある2つの食物を使った自然療法をご紹介します。

私たちの健康に優れた効果を発揮する食品で、一緒に取り入れることで、 呼吸器系、免疫システム、心臓血管系、 肝臓、腎臓、リンパ系などに関連する100以上もの病気の治療に役立つ可能性があるとされています。

古代から受け継がれるこの自然療法に含まれているものは?

この自然療法は、ニンニクと赤ワインの特質を合わせたものです。

私たちの健康に優れた効能を与えて、様々な病気を予防してくれる効果があるとされています。

ニンニクの効能とは?

自然療法.にんにく液

 

生のニンニクに含まれている成分アリシンには、優れた殺菌・抗菌、消毒作用がある為、ウイルスやバクテリアに打ち勝ち、体を洗浄してくれます。

ニンニクには抗酸化作用もありますので、高コレステロール、高血圧症、インフルエンザ、風邪、消化器系のトラブル、感染症、血行不良などの病気と闘ったり、予防する働きをします。

またニンニクには、胃ガンのリスクを50%にまで下げ、大腸ガンのリスクを66%にまで下げる抗ガン作用があるとの研究結果も発表されています。

ニンニクは、私たちの病気に対する免疫力を高め、ガンや心臓血管系のトラブルを予防し、肌の健康を促進する働きがあるとされるスーパーフードです。

こちらもご参照を:ニンニクのすすめ:/毎日食べてヘルシーでセクシーに!

赤ワインの効能とは?

適度な量(1日グラス2杯まで)の赤ワイン摂取は、とても健康に良いとされています。

赤ワインは世界中で消費されている飲み物で、抗酸化作用に優れ、体に良い栄養素を多く含んでいます。

最も優れている点はレスベラトロールやフラボノイドを多く含んでいる点で、これら物質は心臓の健康を促進、悪玉コレステロール値の低下、血行促進、細胞の再生を促進、肥満を予防、体内の浄化、早期老化の予防など、抗酸化剤として高い効果を発揮すると言われています。

自然療法.ワイン

赤ワインにはまた、虫歯の元となる口内バクテリアと闘うアストリンゼント作用があり、抗炎症作用をもたらします。

また、体を最適な状態に保つため、健康的な老後を送るのに役立つと言われています。

ある研究によると、赤ワインを適量消費することが、ガン発症リスク軽減に関係があると発表されました。

これはレスベラトロールが多く含まれている為で、肺ガン、乳ガン、前立腺ガンのリスクを軽減するのに役立つ可能性があるからです。

ご存知ですか?:赤ワインの10の素晴らしい効果

ニンニクと赤ワインを使った自然療法。その作り方とは?

ニンニクと赤ワインの栄養を全て取り入れた天然の治癒薬をご家庭で作ることができます。

この自然療法薬は以下を促進するのに役立つと考えられています。

  • 血液の浄化
  • 免疫システムを強化
  • 悪玉コレステロールの低下
  • 心臓血管系の健康改善
  • 様々な病気の予防をサポート
  • 肌の健康状態の改善
  • 感染症の予防・緩和

材料

  • ニンニク 12片
  • 赤ワイン(品質の良いもの) 1/2ℓ

作り方

  • ニンニクの塊を剥いて丁寧に小さく分けましょう。そして、赤ワイン1/2ℓと一緒にグラスの容器に入れます。
  • グラスの容器はしっかりと密封できる蓋が付いたものを使用しましょう。2週間、家の中の日当りの良い場所に保管します。
  • 液体を入れた容器は、1日2〜3回、2週間毎日よく振ってください。
  • 2週間経ったら、液体を暗めの色の保存容器に移し入れ、毎日飲みます。

飲み方:

  • 1日3回、小さじスプーン一杯ずつ1ヶ月間続けて飲みましょう。
  • これを1年に2度繰り返すのが理想的です。
Bhanot, A., Sharma, R., & Noolvi, M. N. (2011). Natural sources as potential anti-cancer agents: A review. International Journal of Phytomedicine. https://doi.org/10.5138/ijpm.v3i1.278 Lawson, L. D. (1998). Garlic: a review of its medicinal effects and indicated active compounds. Phytomedicines of Europe. https://doi.org/doi:10.1021/bk-1998-0691.ch014 Fleischauer, A. T., Poole, C., & Arab, L. (2000). Garlic consumption and cancer prevention: Meta-analyses of colorectal and stomach cancers. American Journal of Clinical Nutrition. https://doi.org/10.1093/ajcn/72.4.1047 He, S., Sun, C., & Pan, Y. (2008). Red wine polyphenols for cancer prevention. International Journal of Molecular Sciences. https://doi.org/10.3390/ijms9050842