ひじ・膝の黒ずみを治す自然療法

· 1月 25, 2016
肌の古い細胞が蓄積されることによる肌の黒ずみを防ぐために、ひじ・ひざの角質を定期的に取り除き、保湿することが大切です。

ひじと膝は、体の他のパーツと同様、時間とともに、古い細胞などの不純物が蓄積され、肌に付着するせいで黒ずんでいく傾向にあります。また、ひじ・膝は普段あまり気に留めない部分ですが、よく見ると、体の他の部分より、肌が暗い色をしていることに気付くでしょう。これは私たちが、これらのパーツを、汚れることも気にせずに、しばしば体を支えるために使っているからです。

時間とともに黒ずんでいくことに加えて、他のパーツほど皮脂腺が多くないため、乾燥しやすい傾向にもあります。これは肌のひび割れの原因となり、不純物をさらに蓄積しやすくし、肌の色も質感も見苦しいものにしてしまいます。

肌の黒ずみが健康に影響するわけではありませんが、あまり好ましいものではありません。しかし、ひじと膝の古い肌細胞を除去し、肌を明るくし、健康的に見せる自然療法があります。

重曹

重曹は安価で簡単に手に入る上に、古い肌細胞などの不純物を取り除く天然の角質除去剤でもあります。

使い方

  • 重曹の効能を得るためには、適量を少量の水と混ぜ、どろっとしたペーストを作ってください。
  • このペーストを使って、ひじと膝を5分間優しくマッサージしてください。その後再度ペーストを塗り、お湯で洗い流してください。
  • ひじと膝の皮膚は厚いため、少し力を入れてこすっても大丈夫です。
  • 乾燥を防ぐために、マッサージのあとはかならず保湿してください。
  • これを週に2、3回行いましょう。

こちらもご参考に:
産後の脇の黒ずみを解消する9つのアドバイス

オートミール

オートミール

オートミールもまた、不純物を取り除き、肌をなめらかにする効果のある、天然の角質除去剤と言えるでしょう。この自然食品はひじ・膝の黒ずみを和らげ、肌の色を均一にするのに役立ちます。

使い方

  • 2テーブルスプーンのオートミールの粉を、2ティースプーンの生クリームか牛乳と混ぜてください。
  • これを、円を描くような動きでひじや膝に塗り、数分間そのままにしてください。
  • その後10分間こすってから、冷たい水で洗い流してください。
  • 最後に保湿クリームを塗りましょう。

ワセリン

ワセリンそのものには角質除去の作用はありませんが、肌を明るくする効果と保湿効果があります。角質除去のあとに、美白効果を強めるために使ってください。

使い方

  • 粉にしたひよこ豆を水を混ぜてペーストを作り、ひじ・膝に塗ってください。
  • ペーストが乾いたら、水で洗い流し、完全に乾かしてください。
  • その後、ワセリンをふんだんに塗りましょう。
  • ガーゼなどでワセリンを塗った部分を覆い、一晩そのままにしてください。

ご存知でしたか?:
毛穴の黒ずみを解消する自家製ヨーグルトマスク

オリーブオイルオリーブオイル

 

オリーブオイルもまた、黒ずんだひじ・膝を保湿し、乾燥を防ぐ効果があります。

使い方

  • 少量のオリーブオイルを温め、ひじと膝に塗りこんでください。
  • 夜寝る前に行いましょう。
  • 最大の効果を得るためには、週に3回行ってください。
  • ココナッツオイルや、ビタミンE配合オイルなどを代わりに使うこともできます。

レモン

レモンには収れん作用と、肌を明るくする効果があります。時々肌に使うことで、ひじ・膝の黒ずみを除去するのに役立ちます。

使い方

  • ひじと膝を洗ってから、半分に切ったレモンをこすりつけるようにして、円を描くようななめらかな動きでマッサージしてください。
  • 10分間マッサージしてから乾かしましょう。
  • これを毎日行ってください。
  • レモンの角質除去剤としての効果を高めるために、塩または砂糖を混ぜることもできます。レモンの果汁に、2倍の量の塩または砂糖を混ぜ、これをひじ・膝に塗り、円を描くようにマッサージしてください。数分間おいてから、冷たい水で洗い流しましょう。