産後の脇の黒ずみを解消する9つのアドバイス

9月 3, 2018
妊娠中のホルモンの変化によって、多くの女性が皮膚の黒ずみやシミを発症します。その中で脇の下はその影響を最も受ける場所の一つです。本記事では、産後の脇の黒ずみを解消する方法をご紹介します。

妊娠中は皮膚が全体に黒くなるのが一般的で、これは可愛らしいそばかすから、脇の下の黒ずみまでその発症の仕方には個人差があります。

その発症方法は違いますが、妊娠中のホルモンバランスが影響する黒ずみは、どの女性にとっても望ましくない症状の一つでしょう。

妊娠中の皮膚の黒ずみは、産後に消滅することがほとんどですが、黒ずみが消滅する速度を促進する方法があります。

今回はその中でも脇の黒ずみを解消する方法をご紹介します。

脇の下が黒ずむ理由

妊娠中の女性の一部は、脇の下や乳首が黒ずみます。これは妊娠中のホルモンバランスの変化が原因で、ホルモン状態が妊娠前の状態に戻ると解消される傾向があります

本記事では、黒ずみを解消する方法や回復スピードを促進する方法をご紹介します。

脇が黒ずみやすい肌タイプ

皮膚の黒ずみは、肌の白い人と比べて肌が濃い人が発症しやすく、産後のホルモンの状態が安定した後も、色素沈着が回復しないことが多くあります。

ご存知ですか?:毛穴の黒ずみを解消する自家製ヨーグルトマスク

 

脇の下の黒ずみを解消する方法

一番大切なのは、黒ずみの発症をできる限り予防することです。

  • 保湿効果のある化粧水や乳液を使用するだけでなく、水分補給を十分に行うことで肌を保湿します。
  • 紫外線にさらされるときは、必ず日焼け止めを使用してください。妊娠中は日焼けの悪影響を受けやすいため、普段よりも特に日焼けの予防を行う必要があります。
  • 脇の消臭剤やデオドランドを使う場合は、アルコールが含まれていない製品を使ってください。また脇の下の保湿や黒ずみを解消しながら消臭を行う製品も販売されているため、それらを試すのも良いでしょう。
  • 脇の下のワックスやシェービングも黒ずみに悪影響を与えるため、可能であれば妊娠中はできる限り頻度を減らしてください。

1.新生児の尿

科学的な根拠は明らかになっていませんが、新生児の尿が脇の黒ずみを解消する自然療法薬であるのは「おばあちゃんの知恵」として伝えられています。

使用方法

  • 赤ちゃんのオムツが濡れたら、その尿を化粧用コットンにひたして脇の下に塗布してください。
  • そのまま拭かずに乾燥させてください。

2.母乳

母乳には多くの成分が含まれていますが、実は脇の下の黒ずみにも高い効果を発揮します。

使用方法

  • 少量の母乳を脇の下に塗布したらそのまま乾燥させてください。
  • 脇の下以外にも、妊娠前から悩んでいた黒ずみにも効果があります。
母乳

3.オートミール

材料

  • オートミール 大さじ2
  • ハチミツ 大さじ1
  • レモン果汁 1個

使用方法

  • 材料を混ぜたら、脇の下に塗布し、15分間そのままにします。
  • 15分が経過したらぬるま湯で拭き取ります。
  • 赤ちゃんが寝ている時間を自分の体のケアに使ってください。

ご存知ですか?:角質除去効果のあるオートミール石鹸の作り方

4.グリセリン

材料

  • グリセリン 10滴
  • レモン果汁 10滴
  • アーモンドオイルまたはオリーブオイル 10滴

使用方法

  • すべての材料を容器の中に入れて混ぜ合わせたら、入浴またはシャワーの前に脇の下に塗布します。
  • 数分そのままにした後、通常通りシャワーを浴びてください。

5.ヨーグルト

マイルドな角質除去を週に1回行うことをお勧めします。

材料

  • ナチュラルヨーグルト 大さじ1
  • オートミール 大さじ1

使用方法

  • 材料を混ぜ合わせたら、脇の下に塗布して優しくマッサージをしてください。
  • 5分間そのままにした後、ぬるま湯で洗い流してください。
  • 角質除去が終わった後、保湿クリームを塗りましょう。

6.酸素水

使用方法

  • 脇の下をきれいに洗った後、化粧用コットンに酸素水をつけたら、脇の下に塗布します。
  • 5分間そのままにして浸透させた後、たっぷりの冷水を使ってきれいに洗い流してください。

7.ココナッツオイル

ココナッツオイルは美しい肌を保つのに欠かせません。

使用方法

  • ココナッツオイルとオートミールを混ぜ合わせたペーストを作ったら脇の下に塗布します。
  • 15分間そのままにした後、水で脇の下をきれいに洗います。
ココナッツオイル

8.ケミカルピーリング

黒ずみを起こしている皮膚の層を除去するケミカルピーリングでは、メラニンの除去を促進するサリチル酸やマンデル酸、またコラーゲンを増加させる抗酸化物質を含むコウジ酸をはじめとする皮膚の色を復元するための様々な酸を使用してピーリングを行います。

授乳中でない場合は、この治療法を行うことができますが、授乳中の女性は避けてください。

9.レーザー治療

皮膚の黒ずみに焦点を絞ったレーザー治療は、ダメージを受けた皮膚組織の黒ずみを明るくする効果があります。

ただし、完全に明るい色になるためには1回以上の治療が必要です。そのため、新生児の世話をしながらレーザー治療を行う時間が作れない人も多くいます。

最後に

産後の女性の脇の下は繊細で敏感になっているため、刺激の強い方法、特に重曹の使用は避けてください。

重曹は健康、美容、そして美白に効果のあるため、様々な自然療法に使用されますが、ピーリング作用が高いため、産後の敏感な肌に使うと、脇の下の黒ずみを悪化させる可能性があります。

あなたへおすすめ