働きすぎが心臓に与える悪影響

7月 17, 2018
働きすぎが心臓に与える影響について考えたことはありますか?

働きすぎを避けるため、日々の生活の中に休息日や休息時間、そして楽しい時間を作ることが大切です。

現代社会で生きる私たちは、忙しい毎日を過ごしています。

特に仕事を行なっているときは、緊張と不安の連続で、溜まった感情が爆発する寸前まできていることもあれば、仕事が全然終わらず、時間だけが過ぎていくこともあります。

そして自分が持っている仕事の量に圧倒されて過ごしている人も多くいます。

実はこれが心臓病が発症する大きな原因の一つです。

人生を楽しむ時間がないだけではなく休む時間さえない人々は、残業などの毎日で健康に悪影響を及ぼし、心臓発作を起こすリスクが高いと言われています。

仕事を一生懸命行うことは大切です。そして責任を持って仕事を最後までやり遂げることは大切ですが、過度に働いてはいけません。何事にも限界があります。

過剰な仕事の健康への影響

普段よりも多く働くと体はそれを感じて心身への影響が現れます。また、自分が気づくよりも早くその兆候が現れます。

働きすぎによる疲労の症状の一部をご紹介します:

  • 頭痛
  • めまいまたは吐き気
  • 視界のぼやけ
  • 背中の痛み

ここでの問題は、多くの人々がこれらの兆候に注意を払わないということです。

毎日1時間余りの残業でも、私たちの健康に悪影響を与える可能性があります。たった1時間だと思うかもしれませんが、健康を重大な危険にさらします。

つまりあまりに必死に働くと、健康に悪影響を及ぼして危険です。

身体的または精神的な影響

心身の健康維持
働きすぎが健康に及ぼす悪影響は、単に身体的なものだけではありません。

自分のできる仕事の量を超えた仕事をこなすことで、ストレスや不安などの精神的な負担も増えて、心身の健康に悪影響を及ぼします。

  • 働き過ぎや座る時間の長い生活は肥満と結びつき、心臓発作のリスクが高まります。
  • 喫煙者の場合はさらに状況が悪化します。心臓血管の問題を抱えている確率が高い喫煙者が働きすぎるとさらにリスクが高まります。。

心臓発作や脳卒中の予防

心臓発作や脳卒中の主な原因の一つが働きすぎです。

不安、ストレス、疲労は、あまりにも多くの仕事を行なっていることが原因で起こる精神状態で、私たちの健康に大きな影響を与えます

本記事では、予防を行うための方法をご紹介します。最善の方法は働きすぎを解消することです。

仕事の日の過ごした方についてのアドバイス

仕事の日

  • 標準の就業時間を設定する必要があります。
  • 残業などは必要な場合にのみ追加してください。健康状態にすでに悪影響を及ぼしている場合は、残業時間を増やさないようにしてください。
  • 職場を離れるときは、仕事を持ち帰らないようにしてください。家で仕事をするのは残業と同じで、精神状態が休まらず、心身に悪影響を及ぼします。
  • 毎日の生活は、仕事、休息、余暇の3つで成り立つべきです。可能ならば睡眠時間も含めて、それぞれを8時間ずつにするべきです。

職場や仕事の問題に関する肯定的な態度

職場での問題

  • 仕事への執着は、心身の健康に否定的な結果をもたし、本来は楽しむことができた余暇の時間を病院などで過ごし医療費の支払いに追われる人生を送る羽目になります。
  • 自分の健康が何より大切だということを忘れないでください。もちろん保留中の仕事や同僚の問題、また仕事への責任などもありますが、自分を一番に考えることが大切です。
  • 仕事が終わったらすっきりと切り替えて自分の時間を楽しむための運動をお勧めします。
  • 30分のウォーキング、スポーツ、ジム通い、またはダンスクラスなど、頭をすっきりさせる効果があります。また音楽、瞑想、ヨガ、そして趣味の時間などもおすすめです。
  • 自分の体に感謝をして自分を大切にしましょう。
あなたへおすすめ