減量に役立つ脳のだまし方を学ぼう!

7月 20, 2019
脳をだますことで、食生活や食事の量をうまく調節することができます。そのためここでは、効果的かつ健康的な減量に役立つ脳のだまし方をご紹介します。

脳をだますことで、食生活や食事の量をうまく調節することができます。そのため、効果的かつ健康的な減量に役立つ脳のだまし方をご紹介します。

1.小さいお皿と大きいコップを使う

大きいお皿を使うと、無意識のうちにより多くの食べ物を盛り付けてしまいます。

人間の脳は、視点の変化によって簡単に騙されます。これを利用することによって、食べていないと感じることなく食べる量を軽く減らすことができます。

そのため、お皿の大きさが非常に重要なのです。適切な大きさのお皿を見つけたら、「そのお皿に何を盛り付けるか?」と自分自身に問いただしてみましょう。

多くの場合、どれくらいの肉、鶏肉、魚、シチューを盛り付けるかと考えがちです。基本的にタンパク質のみに重点を置いているのです。

脳をだますダイエット

ここで脳をだますことが役に立ちます。野菜に重点を置き始めれば、食事内容は自動的に健康的になります。

ちなみに、脳は簡単にだまされることを覚えておきましょう。ダイエット用の甘味料など実際には砂糖が含まれていない何か甘いものを食べれば、甘いものへの欲求がなくなり、甘い罠にはまることがなくなります。

こちらもご参考に:減量に役立つ食べ物の組み合わせ4選

2.噛む回数を数える

2つ目の脳のだまし方は、食べ物を味わい、食べているものにより注意を払うというものです。噛む回数を数えて、食べるごとに噛む回数を増やすようにしてみましょう。

こうすることで、必要以上に食べることを防ぎ、お腹が破裂しそうになることなく満足感および満腹感を与えてくれます。また、より健康的な食事を選び、体重を減らすのに役立ちます。

そして、お皿にあるものに感謝しながらゆっくりと食べましょう。食べ物を大事にすることが重要であり、そのためにはよりじっくりと味わうことです。

ご存知ですか?素早く体重を落とすのに大事なこと7つ

3.盛り付ける前に分量を量る

直接容器から食べる場合、食べる量のコントロールができず、必要以上に食べてしまう可能性があります。そのため、まずは分量を量り、直接容器から食べないことが最善でしょう。

脳をだますダイエット

小さいお皿を使う方法について覚えていますか?

盛り付ける時にも同じことができます。盛り付けの時に小さいスプーンを使うことで、無意識のうちに少なめの量を盛り付けることができます。

4.大きな容器を小さい容器に分ける

一般的に、必要以上に食べているということは、必要量の70%以上の食べ物、そしてもちろんより多くのカロリーを摂取していることになります。しかし、少なめの量であっても、多めの量と同じくらいの満足感および満腹感を得ることができます。

4つ目の脳をだます方法は、ビニール袋やタッパーなど小さい容器に保存することです。容器の全てを食べたように感じ、脳を満足させることができます。

脳をだますダイエット

例えば、大袋に入ったミックスナッツを小さい袋に小分けにします。何か香ばしいものやおやつを食べたくなったら、小さな袋を手に取りましょう。

しかし、袋から直接食べてはいけません!小さなお皿やボウルに入れてから食べましょう。

5.脳をだます:見えるところに1番健康的な食品を置く

脳はいつでも、一番近くにある食べ物を選びます。健康食材を見えるところに置き、簡単に取り出せるようにしておけば、常により良い選択をすることができるでしょう。

そのため、簡単に取り出せるところに果物と野菜を置き、減量の助けにならない食べ物は隠すか、または届きにくいところにしまいます。

最後に、脳をだますのを終わらせたい場合には、スーパーで意志を確認してみましょう。そして、加工食品や既製品を買わないようにします。これら全ての方法を使えば、減量の妨げとなる食べ物への欲求を抑え、より健康的な食生活を送ることができるでしょう。

  • Healthline.com 10 Processed Foods to Avoid [Online] Available at: www.healthline.com/health/food-nutrition/processed-foods-to-avoid
  • Healthline.com The 21 Best Low-Carb Vegetables [Online] Available at: www.healthline.com/nutrition/21-best-low-carb-vegetables