素早く体重を落とすのに大事なこと7つ

4月 4, 2019
運動は代謝を高め、寝ている間も脂肪を燃焼させるため、体重を落とすには欠かせないものです。

減量は多くの要素が絡まって成功することが出来ます。食事はもちろんですが、それ以外にも結果に影響を及ぼす要因があります。

とにかく早く痩せたいからと、厳しく無理のあるダイエットをする人がたくさんいます。ですがそうやって早く痩せたとしても、健康には悪い影響が沢山及んでいるのです。

こちらもご覧ください アルカリ性ダイエット:人気の秘密は?

食事そのものを基本的に変えていきましょう。ですがそれはある特定のものを取り除いたり、代謝を上げるサプリメントを飲むというのではあってはいけません

もっと簡単に減量を成功させる方法がある?

もちろんあります! 魔法のようにあっという間に痩せるわけではありませんが、体重を落としたいという方にはとても役に立つ情報です。

 

1.ヘルシーな朝食をとる

朝食は1日のうちで最も重要な食事です。あまり重要視しない人もいるかも知れませんが、減量の大きなカギとなるものでもあります。

朝ごはん

朝一番に取る食事は、その日に必要なエネルギーと栄養分を補給するのに大切なものです。

・毎日しっかり食べると代謝を高め、食に対する不安感を和らげます。

代謝を高めるので、脂肪を燃焼します。

 

2.食間は水を飲むようにする

水

減量をするのに最もおススメしたいのが、食間に水を飲むことです。

・水はその他にも、血液を浄化するなどの作用があります。

・また毒素を排出し代謝にも良い影響を与えます。

・カロリーゼロなのに、満腹感を与え、活力が沸き上がります。

 

3.運動

言うまでもなく、運動は必須です。運動は体のエネルギー消費量を増加させるので、不要なカロリーを燃焼します。

運動

どんな運動でも代謝を高めることは出来ます。有酸素運動とウエイトリフティングを交えた運動プランを立ててみましょう。

1週間に3回は運動するようにしましょう。

こちらもご覧ください お尻と太もものセルライトを撃退する5つのエクササイズ

 

4.新鮮な果物や野菜を食べる

りんご

新鮮な果物や野菜が体に与えるメリットは数知れません。カロリーが低いというだけでなく、必須栄養素を含んでいるので、ダイエットには最適です。

・毎日食べると消化が良くなり、体重が増えにくくなります。

繊維や水分が多く含まれているため、満腹感を与え、間食することが少なくなります。

・抗酸化成分がコレステロールの蓄積を減少させ、血流を良くし、心臓の健康を維持します。

 

5.食事を数回に分ける

食事を数回に分ける

減量をするのに常に空腹でいなきゃいけないなんてこと、あるでしょうか? 確かに食べる量を減らし、カロリーを減らすことは大切ですが、長時間食べないというのはかえって良くありません。

・代謝を活発にするため、食事を数回に分けます。1日5回から6回がおススメです。

・たくさんの量を3回の食事でとるより、数回に分けて少しずつ食べた方が良いです。

 

6.緑茶を飲む

緑茶は減量の強い味方です。脂肪を燃焼する飲み物と言われています。

緑茶

・抗酸化成分が含まれており、脂肪組織が蓄積するのを妨げます。

・利尿作用、浄化作用があるので、炎症を抑え、毒素の蓄積を妨げます

 

7.十分な睡眠を取る

睡眠

良い睡眠もまた体重に大きな影響を与えます。あまりダイエットには関係ないと思う方も多いかもしれませんが、実は睡眠のトラブルは体重のコントロールを難しくします。

・睡眠が足りない(8時間以下)と、代謝が低くなり、体のエネルギーも減少します。

・不眠症や睡眠障害は食欲が増し、食べ過ぎてしまうことが多くなります。

効率的に体重を減らしたいのなら、ご紹介した事柄を覚えておいてください。我慢強くしっかりと続ければ、きっと目標を達成できるでしょう。

  • Slade, P. D. (1994). What is body image? Behaviour Research and Therapy. https://doi.org/10.1016/0005-7967(94)90136-8
  • Blundell, J. E., & King, N. A. (1998). Effects of exercise on appetite control: Loose coupling between energy expenditure and energy intake. International Journal of Obesity.
  • Boone, L., Claes, L., & Luyten, P. (2014). Too strict or too loose? Perfectionism and impulsivity: The relation with eating disorder symptoms using a person-centered approach. Eating Behaviors. https://doi.org/10.1016/j.eatbeh.2013.10.013