朝ごはんにタンパク質を摂る重要性

タンパク質は重要な栄養素です。朝ごはんに取り入れるのが最も良い摂取法です。
朝ごはんにタンパク質を摂る重要性
Elisa Morales Lupayante

によってレビューと承認されています。 体育教育学者、栄養士 Elisa Morales Lupayante.

によって書かれた 編集チーム

最後の更新: 06 12月, 2022

朝のあなたの体

午前中はエネルギーを変換し筋肉量を再生させるホルモンが活発です。なぜならこの時間帯の体は、タンパク質をエネルギーに変えるコルチゾールが支配しているためです。

つまり午前中にタンパク質を摂る方が、より簡単に多くの筋肉量の維持やエネルギーの確保が出来るのです。また、長時間グルコースのレベルを一定に保ちます。

 

朝ごはん

筋肉量を維持ことが出来るだでなく、メンタル面においては何時間にも及ぶ仕事や勉強に必要不可欠な集中力を改善します。腹持ちも良く、体温も上昇します。

また、夜食べるよりもずっと代謝を活発にします。これは脂肪の蓄積を防ぐことにもつながります。

 

タンパク質の機能

朝ごはんにタンパク質を取り入れると、血中グルコース値を安定化し、集中の維持を可能にします。

また記憶力や推論力を高めます。

グルコースを適切に利用出来るようにすることで、脳は他のソースからそれを得るために緊急システムを活性化させる必要がなくなり、知的機能に専念することが出来るようになります。

朝食べるタンパク質は、脳のドーパミンとアドレナリンの分泌に直接働きかけるため、とても大切なのです。

朝食とタンパク質

また、減量にも良い効果があります。食事にタンパク質を加えることは、エネルギーの確保と空腹感のコントロールするために必要です。

また、セロトニン値を上昇させ、ヘルシーな食事や減量に最適な炭水化物の摂取量をコントロールします。

代謝が活発になることで空腹感や依存をなくし、お菓子に手をつける回数が減ります。

こちらもご覧ください 空腹時にやってはいけない7つの事

 

タンパク質が豊富な食材

それではタンパク質が豊富な食材をご紹介します。1日の始まりにぜひ取り入れてみてください。

 

オートミール

オートミール

オートミールは朝食にぴったりです。

炭水化物や可溶性繊維がたっぷり。消化を促進するだけでなく、腹持ちが良いです。

・含まれる可溶性繊維は血糖値をコントロールし、血圧を下げます。

・タンパク質も豊富に含まれており、ベジタリアンの食事にもぴったりです。

 

ギリシャヨーグルト

ギリシャヨーグルト

ヨーグルトは、タンパク質が豊富な朝食にぴったりの乳製品です。

また、カルシウムとビタミンDも含んでいます。

 

オムレツ、またはスクランブルエッグ

オムレツ

卵は炭水化物なし、。タンパク質たっぷりの美味しい朝食です。

卵に含まれるコレステロールを心配する人もいますが、実はこれは体に良い「善玉コレステロール」です。卵を1日10個以上食べない限り、飽和脂肪酸の推奨される摂取量を超えることはありません

そのため卵は朝食におススメしたい食材の1つと言えます。世界中で朝ごはんに食べられ続けている理由とも言えますね。

こちらの記事もおすすめです。
エネルギーたっぷり 元気の出る朝ごはん
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
エネルギーたっぷり 元気の出る朝ごはん

1日の始まりに十分な‛燃料’を取れていないと、朝からずっとまるでゾンビのようにパワーが出ません。元気のもととなる食材を取り入れていないのではありませんか? ここでは1日のエネルギーがしっかりと取れる食材をご紹介します。朝食の重要性を分かっていない人がとても多いようです。



  • Davies RW., Carson BP., Jakeman PM., The effect of whey protein supplementation on the temporal recovery of muscle function following resistance training: a systematic review and meta analysis. Nutrients, 2018.
  • Kung B., Anderson GH., Paré S., Tucker AJ., et al., Effect of milk protein intake and casein to whey ratio in breakfast meals on postpandrial glucose, satiety ratings and subsequent meal intake. J Dairy Sci, 2018. 101 (10): 8688-8701.
  • Reynolds AN., Akerman AP., Mann J., Dietary fibre and whole grains in diabetes management: systematic review and meta analysis. PLoS Med, 2020.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。