減量促進効果のある果物6選

6月 8, 2018
バナナには、減量を促進する効果だけでなく、運動能力を改善しながら筋肉痛を予防する働きがあります。

あと数キロの体重が落ちないと悩んでいませんか?

実は減量を促進する果物が存在します。

私たちの体に大切なビタミン、ミネラル、食物繊維、そしてその他の必須ミネラルを豊富に含む果物をダイエットに取り入れることで、美味しくそして効果的にダイエットを促進することができます。

1. スイカ

スイカ

スイカには果糖が多く含まれているため、ダイエットに良くないと考える人もいますが、実はそうではありません。

90%が水分でできているスイカには、脂肪を燃焼して体内に脂肪が蓄積されるのを予防するアミノ酸であるアルギニンが含まれています。

またスイカ100gはおよそ30カロリーで、少量で満腹感が持続します。

スイカを食べることで血糖値が急上昇するのを避けるためには、食間にスイカを食べ、可能ならば脂肪分の少ない炭水化物と組み合わせることをおすすめします。

2. レモン

レモン

安価で健康効果の高いレモンは、ダイエットにおすすめの果物です。

減量に欠かせないのが、体内の毒素を排出しながら肝臓と消化機能を健康的に維持することです。

レモンには、リボフラビン、ビタミンB、C、そしてリンやマグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。そのためには、新鮮なレモン果汁を飲み、体内をデトックスすることが大切です。

材料

  • レモン果汁  ½個
  • ぬるま湯 グラス1杯 (200 ml)

使用方法

  • すべての材料を混ぜたものを、毎朝飲んでください。

3.りんご

リンゴ

手軽に食べられるリンゴは世界中で人気の果物です。オーガニックのりんごなら、皮ごと食べましょう。

りんごには食物繊維と水分が豊富に含まれており、カロリーを過剰に摂取することなく満腹感が増すためダイエットにおすすめの果物です。

青リンゴには、健康維持効果のある腸内細菌を増強するポリフェノールと繊維が最も多く含まれています。

一日一個のりんごは医者いらず」という言葉があるように、毎日1個食べてください。

オートミールやサラダに加えたり、スムージーとして、またはそのまま食べる万能な果物です。

4. ブルーベリー

ブルーベリー

すべての果物は私たちの健康維持に欠かせません。その中でもブルーベリーは、減量を促進する最強の果物の1つです。

  • ブルーベリー1カップは、約83カロリーなので、低カロリーながら効率的に脂肪を燃焼しながら代謝を高め、脂肪を減らします。
  • 食物繊維が豊富に含まれているため満腹感が持続します。
  • 記憶力を向上させる効果があります。
  • コレステロール値を正常に保ちます。

そのまま、スムージーまたはジュースなど様々な食べ方があります。ブルーベリーサプリメントも存在しますが、新鮮なブルーベリーを食べることをお勧めします。

5. バナナ

バナナ

  • バナナは約108カロリーで、炭水化物が約18グラム含まれています。
  • バナナは、腸内における食物の消化時間を軽減することで、消化スピードを向上させる酵素が豊富に含まれています。
  • バナナに含まれるビタミンB6は血糖値をコントロールするのに役立ちます。
  • 激しい運動後、体内の健康を維持します。
  • 筋肉痛や筋肉の痙攣を予防し、血圧を調節するのに有用です。

これらの理由により、減量効果を促進するのにおすすめの果物の1つです。

6. グレープフルーツ

グレープフルーツ

毎食前にグレープフルーツを半分を食べると、インスリン値が低下します。またグレープフルーツに含まれる水分量が、満腹感を持続させるに理想的な果物です。

グレープフルーツには、タンパク質、ビタミンC、葉酸、カリウムが豊富に含まれており、ピンクグレープフルーツは約104カロリーで、朝食におすすめです。

グレープフルーツはそのまま楽しむだけではなく、グレープフルーツのエッセンシャルオイルやグレープフルーツの種子エキスを使用することができます。

減量促進効果のある果物を活用する際の注意事項

  • 新鮮な果物を選んでください。
  • チョコレートやクリームのような砂糖や炭水化物が多い食品と一緒に食べないでください。
  • 果物の味だけでは物足りない時はヨーグルトと一緒に食べるのがおすすめです。
あなたへおすすめ