お腹を引っ込めるリンゴダイエット

医療や栄養学の専門家はこのタイプのダイエットを勧めていません。それでも、リスクを覚悟で試してみる人々がいます。あなたも疑問がありますか?続きを読んでもっと知ってみましょう。
お腹を引っ込めるリンゴダイエット

最後の更新: 22 12月, 2020

お腹を引っ込めるリンゴダイエットは、非常に制限の強いダイエット法です。そのため専門家は、このダイエットを長期間続けるのは望ましくないとしています。基本的に、最大で一週間続けることを念頭に置いて作られた食事法です。

肥満が原因で健康リスクが高く、早急に体重を落とす必要があるがそれが難しいような人には、一時的に制限の強い食事法を指示して体重を落とさせる、という場合があります。

満腹感がなく、栄養のバランスやバラエティーも少ない食事内容であるため、体が健康のバランスを崩してしまう可能性が多々あり、病気にかかりやすくなってしまうかもしれません。肥満に悩む人が医師や栄養士の指導なしにダイエットしようとする場合も、同じようなことが起こります。

だからこそ、効果的かつ健康的に減量したい場合は、医師や栄養士などに相談してその指示に従うのが一番です。しかし、もしリンゴダイエットを試してみたいという場合は、これは長期間続けるべき食事法ではなく、あくまで一時的なものであることを忘れないでください。

1週間のリンゴダイエット

リンゴ

1日目

リンゴダイエットの一日目は、リンゴにプラスしてその他の食品を極少量食べます。しかし、専門家はこのような制限の強いダイエットを勧めていないため、お腹が空きすぎないよう、白身魚の塩焼きとサラダのような軽い食事を取り入れることもできます。

朝食

  • リンゴ2個とトースト1枚、白身だけの卵焼き、ミントティー

昼食

  • 白身魚の塩焼きレモン添え、ミックスサラダ、リンゴ1個

夕食

  • リンゴ 3個

*プラスできる食品のオプション:無糖無脂肪ヨーグルト、生のニンジン、ミックスサラダ(ドレッシングは酢・塩・黒コショウ・オリーブオイルを使用)

2日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの2日目は、空腹を抑えるために野菜サラダを加えます。ドレッシングには酢、塩、オリーブオイルを利用し、マヨネーズは避けましょう。

ドレッシングや調理に使うオリーブオイルは、体に良い脂質を提供してくれます。ただし、常に適量を心掛けましょう。

朝食

  • リンゴ 1個、トマト・オリーブオイル・塩をかけたトースト1枚、無糖の豆乳1杯(250ml)

昼食

  • 鶏むね肉の鉄板焼き2枚とサラダ(ニンジン2本、ビーツ小さいもの1つ、ミント、オリーブオイル、塩コショウ)、リンゴ1個(デザート)

夕食

  • リンゴ 2個

3日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの3日目は、良質のたんぱく質を摂ります。ベジタリアンの方は、チーズやハムの代わりに豆腐を使うことが出来ます。

ベジタリアンではないが別のオプションが欲しい、という人は、チーズやハムの代わりにヨーグルトを取り入れましょう。

木椀に入った豆腐

朝食

  • リンゴ 1個、スクランブルエッグ 卵2個分、アボカドと黒コショウを乗せた全粒粉パン 1枚

昼食

  • リンゴ 1個、サラダ(キュウリ1本、トマト1個、アボカド½個、バジルの葉、ゴートチーズ30g、オリーブオイル、塩コショウ)

夕食

  • リンゴ 1個、サラダ(低脂肪ハム2枚、ニンジン2本、ゆでたブロッコリーカップ½、塩コショウ)

4日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの4日目は、炭水化物の量を増やします。

ジャガイモやレンズ豆は食物繊維も含むので、再び様々な食品を食べ始める時に備えて胃を準備します。その他の豆類を代わりに使うこともできます。

朝食

  • スムージー(リンゴ1個、セロリ2枝、ビーツ小½個、豆乳125ml)

昼食

  • リンゴ 1個、レンズ豆のスープ、紅茶 250ml

夕食

  • リンゴ 1個、野菜スープ、ゆでたジャガイモ ½個、緑茶 250ml

5日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの最終日は、より多くの種類と量の食品を摂ります。これは身体を健康的な食生活を続けるために準備するのが目的です。

ジャガイモが好きでない場合は、サツマイモ、レンズ豆またはインゲン豆などを摂りましょう。

朝食

  • リンゴ 1個、ゆで卵 2個、野菜のグリル

昼食

  • リンゴ 1個、魚のグリル、ゆでたジャガイモ½個、蒸し野菜

夕食

  • リンゴ 1個、クルミ 5個、アーモンドミルク 125ml

 

リンゴダイエットを行う際の注意点

このリンゴダイエットを実行する際、水分補給には十分注意してください。一日を通してたっぷり水を飲むようにしましょう。

  • 朝一番にコップ一杯の水を飲み、体に水分を与えてリフレッシュしましょう。うそのようですが、こうすることでよりエネルギーも湧いてきます。
    • 炭酸飲料や市販の清涼飲料水(ジュース・ティーなど)を避けましょう。これらの飲料は、たとえ「ライト」とラベルに書いてあっても糖分がたくさん含まれています。
    • 果汁100%のジュースやスムージーを飲む場合には、新鮮で健康に良い材料を使った自家製のものを飲みましょう。砂糖や甘味料も避けましょう。
  • 健康的な有機栽培の生鮮食品を摂りましょう。冷凍食品や加工食品には全ての栄養分はないので、避けるようにしましょう。
  • 食間に健康に良いおやつを取り入れましょう。理想的なのはくだもの、新鮮な野菜、ヨーグルト、ミルクやナッツ類のような、食物繊維が豊富で脂質の少ない食品です。

健康的にダイエットしたい?

リンゴダイエットでお腹を引っ込めたいですか?その場合は、専門家が勧めるダイエット法ではないため、十分に注意しながら行うようにしてください。

健康的な食事について疑問がある場合は、栄養士に相談しましょう。専門家なら、個人に合わせた健康で安全な食事法が分かります。あなたの目標を達成できて、その結果を保つことができる方法を教えてくれるはずです。

こちらの記事もおすすめです。
りんごのメリットをたっぷり堪能する9つのレシピ
みんな健康で読むことができます。 みんな健康
りんごのメリットをたっぷり堪能する9つのレシピ

りんごはサラダに入れるなど、様々なレシピに使えるフルーツの一つです。とても食べやすく、栄養価も高いので良いことづくめです。栄養士の多くが、りんごを食べることを勧めています。「1日1個のりんごが医者を遠ざける」とまで言われています。今日はそんなりんごのレシピを9つご紹介します。続きはこちらでどう...