お腹を引っ込めるリンゴダイエット

· 8月 9, 2018
リンゴダイエットは、初めはキツイと感じるかもしれませんが、健康的に痩せるために身体をデトックスして代謝を早めるには理想的なダイエットです。

「もう長い間、身体のデトックスをしていない」「身体にたまった毒素をきれいにしたい」「短期間で余分な体重を何キロか落としたい」 いずれの場合にも、お腹を引っ込めるリンゴダイエットをお勧めします。

これはとても効果的で、しかも入手しやすい材料を使う経済的な選択肢です。ただし、とても厳しいダイエットですので期間を延ばすのはやめましょう。

5日間のダイエットプランとなっていますが、初めの数日はエネルギー不足を感じるかもしれません。

1日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの1日目は、リンゴだけを食べます。この日はある程度空腹を感じると思いますが、同時に最も体重が落ちる日でもあります(約1.5キロ)。

リンゴ

しかし栄養分については心配ありません。リンゴには各種ビタミン、各種ミネラル、食物繊維や植物性栄養素が豊富に含まれています。

またこれまでに貯めたものを利用するので、エネルギーの問題もないでしょう。まさにそのおかげで余分な体重が落ち始めるのです。

朝食

  • リンゴ 2個

昼食

  • リンゴ 1個

夕食

  • リンゴ 3個

 

2日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの2日目は、空腹を抑えるために野菜を加えます。オリーブオイルの脂質が細胞に水分を与え細胞の質を良くしてくれます。

サラダの味付けの塩は、できるだけ海塩をその場で挽いて使いましょう。

朝食

  • リンゴ 1個、豆乳 1杯(200ml)

昼食

  • リンゴ 1個、サラダ(ニンジン2本、ビーツ小1個、ミントの葉、オリーブオイル、塩コショウ)

夕食

  • リンゴ 2個

 

3日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの3日目は、良質のたんぱく質を摂りますベジタリアンの方は、チーズやハムの代わりに豆腐を食べましょう。

木椀に入った豆腐

ベジタリアンではないけれど別の食品が良いという場合は、ハムやチーズの代わりにヨーグルトを摂りましょう。

朝食

  • リンゴ 1個、スクランブルエッグ 卵2個分、全粒粉パン 1枚

昼食

  • リンゴ 1個、サラダ(キュウリ1本、トマト1個、アボカド½個、バジルの葉、チーズ30g、オリーブオイル、塩コショウ)

夕食

  • リンゴ 1個、サラダ(低脂肪ハム2枚、ニンジン2本、ゆでたブロッコリーカップ½、塩コショウ)

こちらもお読みください:健康的にやせる! タンパク質を含む7つの野菜

4日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの4日目は、炭水化物の多糖類の量を増やします。

ジャガイモやレンズ豆は食物繊維も含むので、再び様々な食品を食べ始める時に備えて胃を準備します。

緑茶や紅茶には身体を強化する抗酸化成分があります。1日の間に何杯でも飲んで構いません。

朝食

  • スムージー(リンゴ1個、セロリ2枝、ビーツ小½個、豆乳125ml)

昼食

  • リンゴ 1個、レンズ豆のスープ、紅茶 250ml

夕食

  • リンゴ 1個、野菜スープ、ゆでたジャガイモ ½個、緑茶 250ml

 

5日目

お腹を引っ込めるリンゴダイエットの最終日は、より多くの種類と量の食品を摂ります。これは身体を健康的な食生活を続けるために準備するのが目的です。

ここまでダイエットプランに従って実行してきた場合は、代謝が早まっているはずです。つまり今後摂る栄養分をよりよく利用する準備ができているということになります。

青魚とレモン

ジャガイモが好きでない場合は、サツマイモ、レンズ豆またはインゲン豆などを摂りましょう。

朝食

  • リンゴ 1個、ゆで卵 2個、野菜のグリル

昼食

  • リンゴ 1個、魚のグリル、ゆでたジャガイモ½個、ゆで野菜

夕食

  • リンゴ 1個、クルミ 5個、アーモンドミルク 100ml

 

お腹を引っ込めるリンゴダイエットを行う際の注意点

  • 水をたくさん飲むことを忘れずに。毎日2リットルの水を必ず飲む必要があります。朝一番のコップ1杯の水から始めて、2リットルを少しずつ1日かけて飲み、寝る前の1杯で終わります。
  • 健康的な有機栽培の生鮮食品を摂りましょう。冷凍食品には全ての栄養分はないので、避けるようにしましょう。

 

いかがでしょうか。このお腹を引っ込めるリンゴダイエットをぜひお試しください!