フライパンのこびりつきをなくす9つの方法

9月 3, 2016
フライパンを傷つけないためには、まず、収納する時に重ねるのをやめましょう。重ねるとノンスティック加工の表面に傷がついてしまいます。

家中を綺麗に保とうとした時、一番面倒なのはキッチンの掃除ではないでしょうか。

1日に何度もキッチンの掃除や片付けを行っているという人が多いかと思います。トータルするとかなりの時間がかかっているのではないでしょうか。特に、使ったものを綺麗にし、元にあった場所に戻す作業に時間がかかりますよね。

実は、料理が好きな人、得意な人は、これらの作業が楽にできるコツをたくさん知っているのです。

例えば、フライパンにこびりついた食べ物や油を綺麗に取るときなどです。

せっかく時間をかけて美味しい料理を作っても、その後、食べ物がこびりついたフライパンの掃除に長時間格闘するとなるとゲンナリしますよね。

フライパンのこびりつきをなくすコツを抑え、このストレスから解放されましょう

1. オリーブオイルを使う

2-cooking-oil

食べ物がフライパンにこびりつくのを防ぐには、オリーブオイルを使う方法がお勧めです。

オリーブオイルをフライパンに入れ、ペーパータオルで全体に広げます。この時、まんべんなく全体にオイルが行き渡るようにしましょう。

必ず、フライパンが熱くなっていることを確認してから、調理する食材をフライパンに入れましょう。(もちろん、オイルを熱しすぎて燃えることのないようにしましょう)

2. 塩を少量加える

アルミニウム製の鍋やフライパンは多孔質のため、食べ物が焦げ付きやすくなります。

このトラブルを回避するには、鍋やフライパンにひまわり油を薄く塗ります。そして塩を加え、表面を覆うようにします。

料理の味が変わってしまいますので、は入れすぎないようにしてください。もし入れすぎたと感じたら、フライパンや鍋を熱する前に、余分な塩をペーパータオルで拭き取りましょう。

3. アップルサイダービネガーを使う

3-apple-cider-vinegar

アルミニウム製や多孔質な物質できたフライパンは、焦げ付きを防ぐために調理する前に表面を何かで覆うことが必要です。

少しオイルを垂らしてフライパンを温めた後、アップルサイダービネガーをひと吹き吹きかけるという方法も良いでしょう。

この時、火は必ず弱火にしておきましょう。そして、完全に酢が蒸発してから食材を入れて調理してください。

4. バターを使う

バターには体に必要な栄養が豊富に含まれています。また、その油分がノンスティックタイプのフライパンにも良いのです。

バターは基礎脂肪酸、ビタミン、ミネラル、抗酸化作用が豊富です。

卵やソーセージなどを調理する前には、バター小さじ1杯分をフライパンに入れましょう。

焦げ付きを防ぐには、中火で調理し、塩をひとつまみ加えましょう。

5. 金属製のものを使わない

4-spoons-and-oil

ノンスティックタイプのフライパンを使って調理している時は、金属製のスプーンや器具を絶対に使わないでください。

その代わりに、木やプラスチック、シリコンなどでできたものを使うとフライパンの表面を傷つけることがありませんし、結果として食べ物がこびりつくのを防いでくれます。

6. 金属たわしを使わない

金属たわしやスチールウールの台所用スポンジはアルミニウム製のフライパンの孔質を広げ、ノンスティックタイプの表面を変化させてしまいます。

洗う時は、柔らかいスポンジやタオルを使いましょう。

7. 鍋やフライパンを積み重ねない

5-pots-and-pans

テフロン加工の調理器具を使っている場合は、絶対に重ねないでください。テフロン加工の素材はとても繊細で、簡単にダメージを受けてしまいます。

8. 収納する前に必ずよく乾かす

フライパンを綺麗にした後、戸棚にしまう前に必ずよく乾かしましょう。

水分が残っているとカビが発生しやすくなりますし、表面に食べ物がこびりつく原因となります。

9. フライパンの表面が乾燥するのを防ぐ

6-cast-iron-maintenance

フライパンに食べ物がこびりつくのを防ぐには、調理中に油を欠かさないということです。

もし、乾いているようであれば、を少しずつ足しましょう。

こういった簡単なことに気をつけていれば、食べ物が焦げ付いてしまうことがなくなります。

お料理上手になれるだけでなく、後片付けもとっても簡単になりますね!また、大切なフライパンを長持ちさせる方法でもあります。これからはフライパンの使い方にも少し気を配ってみましょう。

あなたへおすすめ