フムス:栄養豊富な天然の抗うつ剤

フムスはビタミンが豊富で抗酸化作用に優れています。また、天然の抗うつ剤として、消化促進、食欲のコントロールなどの効果があります。
フムス:栄養豊富な天然の抗うつ剤
Elisa Morales Lupayante

によって書かれ、確認されています。 体育教育学者、栄養士 Elisa Morales Lupayante.

最後の更新: 22 10月, 2018

フムスという言葉を聞いたことがありますか?食べたことがありますか?日本ではまだあまり知られていないかもしれませんが、アメリカの食卓ではよく見られるようになってきた食べ物です。

ひよこ豆が好きな方は、間違いなくフムスのファンになるでしょう。レモン汁、オリーブオイル、ニンニク、パプリカ、ゴマ、オリーブ、そしてひよこ豆をペースト状にしたものです。

フムスのレシピは国や地域によって異なりますが、どのレシピにしても体に良いヘルシーな材料を使用して作られます。意気消沈状態を癒す治療としても効果があることがわかっています。今回は、フムスについて詳しく見ていきましょう。

フムスの驚くべき効能

フムスは中東地域の食卓には欠かせないものです。トルコ、レバノン、シリア、そしてギリシャやキプロスといった国や地域でよく食べられています。

輸入食品を取り扱うスーパーマーケット等に行けば既製品が販売されていますが、材料の質や新鮮さを重視するなら家で作る方が良いという方も多いようです。

新鮮な生のレモン汁、柔らかく茹でたひよこ豆、お好みのスパイスを混ぜるだけで、お好みのフムスの完成です。

では、この柔らかく美味しいペースト、フムスを食べる利点とは何でしょうか?

こちらもご参考に:
抗うつ作用のある食品9選

天然の抗うつ剤

フムス

イスラエルのテル・アヴィヴ大学で行われた2007年の研究によると、以下のことが判明しています。

  • フムスには天然の抗うつ剤として、薬と同じような効果がある。
  • パプリカ、オリーブオイルが含まれたフムスにはセロトニンの分泌を増やす作用があるため、精神を安定させる効果がある。パプリカ、オリーブオイルにはセロトニンを促進するアミノ酸の一種が含まれている。
  • フムスを食べると満腹感が得られ、リラックス効果もあるため、自然に睡眠を促す。

植物性たんぱく質が豊富

ひよこ豆はタンパク質が豊富で、様々なレシピに使える美味しい豆です。

ひよこ豆をエネルギー源として食生活に取り入れているアスリートは多いようです。オリーブオイルとレモン汁は抗酸化作用に優れており、消化を助けます。また、満腹感を得やすく、血糖値を正常に保ちます。

栄養豊富

植物性タンパク質が豊富だということはすでにお話しましたが、以下のような栄養や効果も含まれています。家族みんなの体に良い食べ物なのです。

  • 鉄分
  • カリウム
  • カルシウム
  • ビタミンB群
  • マグネシウム
  • 葉酸(妊娠中の女性や成長期の子供に必要な栄養素)
  • チアミンとリボフラビン(筋肉と神経系を強くするビタミン)
  • レノチール(組織を若く柔軟に保つ)
  • 抗酸化作用(高血圧に効果があり、心臓の健康を促進)
  • 利尿作用(尿酸を除去

消化を促す

ひよこ豆

便秘に苦しんでいる方は是非、普段の食生活にハマスを取り入れてください。

フムスに含まれるのは健康的な炭水化物で、ゆっくりと体に吸収され、エネルギーを体に与えながら血糖値を正常に保ちます。

食物繊維が豊富なひよこ豆は、レモン汁、ニンニク、オリーブオイル、健康的なスパイスと一緒に摂ると腸の通過を促進し、大腸から毒素を取り除きます。

脂肪が少ない

フムスに使われている材料は健康に良いものばかりで、リノール酸、オレイン酸、オメガ3脂肪酸など欠かすこのできない脂肪酸が豊富に含まれています。

フムスはライ麦パンともよく合います。生のニンジンやセロリにつけて食べると、美味しくて健康に良いおやつとなるでしょう。

抗がん作用がある

栄養豊富なフムス

ニンニクは、抗酸化作用があり天然の抗生作用がガンを形成する悪い細胞と戦ってくれます。また、葉酸やサポニンの効果も忘れてはいけません。ガンを引き起こす遺伝的細胞から体を守ってくれます。

是非栄養豊富で健康に良いフムスを試して見て下さい。

こちらの記事もおすすめです。
うつ病に6つの天然ドリンクで対処する
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
うつ病に6つの天然ドリンクで対処する

もしうつ病に医学的な措置をとっている場合は、この自然療法を使う前に医師と相談してください。そして、同意なしにこの療法でうつ病治療の代用をしてはいけないことをしっかり覚えておいてください。 うつ病は精神障害で心と体の健康に様々な影響を与えます。



  • Jukanti, A. K., Gaur, P. M., Gowda, C. L. L., & Chibbar, R. N. (2012). Nutritional quality and health benefits of chickpea (Cicer arietinum L.): A review. British Journal of Nutrition. https://doi.org/10.1017/S0007114512000797
  • Giron-Calle, J., Vioque, J., del Mar Yust, M., Pedroche, J., Alaiz, M., & Millan, F. (2004). Effect of chickpea aqueous extracts, organic extracts, and protein concentrates on cell proliferation. Journal of Medicinal Food. https://doi.org/10.1089/1096620041224175
  • Magee, P. J., Owusu-Apenten, R., McCann, M. J., Gill, C. I., & Rowland, I. R. (2012). Chickpea (Cicer arietinum) and other plant-derived protease inhibitor concentrates inhibit breast and prostate cancer cell proliferation in vitro. Nutrition and Cancer. https://doi.org/10.1080/01635581.2012.688914
  • Gupta, N., Bisen, P. S., & Bhagyawant, S. S. (2018). Chickpea Lectin Inhibits Human Breast Cancer Cell Proliferation and Induces Apoptosis Through Cell Cycle Arrest. Protein & Peptide Letters. https://doi.org/10.2174/0929866525666180406142900
  • Thomson, M., & Ali, M. (2003). Garlic [Allium sativum]: A Review of its Potential Use as an Anti-Cancer Agent. Current Cancer Drug Targets. https://doi.org/10.1177/21.3.279

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。