ニンニクとレモンによる/コレステロールの低下と動脈の浄化

9月 25, 2015
ニンニクとレモンは、身体を浄化し病気を防いでくれます。ただしこの方法を実践する前に、疾患があったり既に薬を服用している場合などは必ず医師の指示に従ってください。

一定の年齢以上の多くの人々が、心血管に問題を抱えており、治療を必要としています。しかし、そのような事態になる前に、副作用のない自然で、しかもお金をかけない方法で予防することができるのです。この記事では、レモンとニンニクの薬効を活用する方法をご紹介します。

この治療法の利点

ニンニクとレモンを用いた治療法を試す場合、次のような効果が期待できます:

  • 体内に蓄積した脂肪の排除。
  • 悪玉コレステロール(LDL)の低減と善玉コレステロール(HDL)を向上。
  • 血液中のトリグリセリドの低減。
  • 血栓の形成の防止。
  • 血圧の低下。
  • 肝機能と体内の浄化作用の向上。
  • 腎機能の改善と保持液の量の低減。
  • 循環系の改善。
  • 自然免疫システムの強化。
  • 腫瘍の形成の防止。
  • 抗酸化作用と、それに伴う細胞の活性化。
レモンとにんいく2

この方法が効果的な人

この洗浄療法は、年に一度だけでも体内をきれいにする方法として推奨されています。さらに、もしあなたが次のいずれかで苦しんでいたとしたら、この記事は特に参考になることでしょう。

  • 肥満
  • 虚血
  • 副鼻腔炎
  • 肺疾患
  • 頭痛
  • 脳の血栓症
  • 関節炎
  • 関節症
  • リウマチ
  • 胃炎
  • 視覚の疾患
  • 聴覚の疾患
  • アテローム性動脈硬化症
  • 貧血

必要な材料

ニンニクとレモンを使って治療するために、以下の物を準備してください:

  • レモン4個
  • ニンニク4片
  • 3リットルの煮沸したお湯

特に有機レモンを使用するとよいでしょう。皮は、果物部分よりもさらに効果的ですが、有機栽培でないない製品は、有害な農薬で覆われているかもしれないので注意が必要です。

レモン

作り方

  • ニンニクの皮を剥いて、1かけを半分に割ります。
  • レモンをしっかりと洗い、皮をむかずにそのまま小さな断片にカットします。
  • 沸騰した水にこれらを混ぜます。
  • 3つの別々のガラス容器にそれぞれできたものを分割します。
  • 容器を密封して、3日間冷蔵庫に保管します。
  • 3日後、容器の中身を濾して、冷蔵庫に戻します。
にんにく

飲み方

  • 最初の数日間、毎回の食事の30分ほど前にこのドリンクをスプーン1杯ずつ摂ってください。
  • 副作用がない場合、毎回の食事の30分ほど前に、スプーン2杯ずつに増やしてください。
  • 1日3回、50ミリリットルまで徐々に量を増やし続けてください。1日に150ミリリットルより多く摂らないように注意してください。この処方は1年に1度、40日間継続してください。

どんな療法も、医師の指導の下で行うことをお勧めします。もし病気を患っていたり薬を服用したりしている場合、これは特に重要なことです。

この治療を始めてから最初の数日間、症状の悪化(粘液異常、頭痛など)が見られる可能性があることに注意してください。これは、体内から毒素を排出しようとする状態なのです。

他の類似方法

ニンニクとレモンは、いずれも一般的に体を浄化するために使用される食品です。先に紹介したニンニクとレモンの治療法の細かい指示とは別に、食事療法としてこれらの食品を料理に加える方法もあります。

体内の中和剤や下剤として浄化作用などの利点を有効活用するために、1日を通して様々な形でレモンを食べたり飲んだり、あるいは他の食品で補うこともできます。

ニンニクは、チベットニンニクで類似の効果があることが知られています。その際、レモンの代わりにアルコールが有用ですが、この場合、この記事で紹介した用量で5年に1回以下の使用で対応できます。

あなたへおすすめ