【エスニックスタイルインテリア】自宅を素敵にするヒント

エスニックスタイルは、色々な形や色、素材があり、温かみや自然との強い結びつきを重視したトレンドです。エスニックスタイルのインテリアをご自宅で実践する方法をご紹介します。
【エスニックスタイルインテリア】自宅を素敵にするヒント

最後の更新: 07 9月, 2022

空間に個性と美意識を与えるインテリアデザインのトレンドがあります。そのひとつが、多くの文化の要素が組み合わされたスタイルです。このトレンドで、エスニックスタイルは、さまざまなオプションとサブスタイルの組み合わせの可能性を持つ、人気な選択肢へと変貌を遂げました。

このトレンドでは、強く陽気な色を使って温もりを感じさせることが基本です。様々な文明のディテールがミックスされています。

アフリカンスタイルからメキシカン、アラブやボーホーまで、エスニックスタイルの装飾はすべて実行可能です。エスニックなスタイルを自宅に取り入れるには、自然物、テキスタイル、クラフトマンシップが重要な役割を果たします。

エスニック調のインテリアとは? その特徴とは?

エキゾチックな雰囲気を構成する要素に基づくインテリア装飾のトレンドです。強い色彩と温かみのあるアクセサリーで、明るい空間を演出することが目標です。

このトレンドの前提は、自然物や文化の組み合わせに特徴的なクラフトマンシップを優先することです。これを実現するために、オリエンタルな雰囲気につながる一連のテクニックを、よりアフリカの装飾に典型的な自然のディテールと組み合わせています。

例えば、プリントや張り地が優先的に使用されています。一見、素朴なファッションのようですが、エスニックスタイルは、温かさとエレガンスの代名詞です。

リビングルームやベッドルームなど、場所を選ばず取り入れられます。色や大きさ、テイストなど、さまざまな要素を取り入れることができるため、多様性に富んでいます。

カーペットはエスニック風のインテリアに最適です
カーペットはエキゾチックなエスニック調のインテリアにぴったり。

エスニックスタイルに含まれる文化様式

エスニックスタイルは、オリエンタル、アフリカン、アメリカンなどのトレンドの組み合わせで構成されているため、その定義は複雑です。しかし、それらはすべて自然や手仕事のディテールによって貫かれています。

  • アフリカン。アフリカ大陸に存在する多様な動物相にリンクしています。幹、石、枝、羽、動物の装飾品など、野生を参照する要素が含まれています。
  • インカ。石や陶器のオブジェ、また強い色彩。
  • アステカ。このトレンドのクッションや家具は、エスニックスタイルの装飾に広く使われています。代表的な緑色はケツァールの羽を指しています。
  • オリエンタル。赤や黒を基調としたオリエンタルなスタイル。
  • アラビア。幾何学的な形、アーチ、カーペット、クッションなどが特徴。

こちらの記事もどうぞ:航海モチーフのインテリアデザイン

エスニックスタイルのインテリアを実現するための理想的な要素

このトレンドを家に取り入れるには、特徴的なものから始める必要があります。テキスタイルから家具、装飾品に至るまで、色や柄、代表的な素材に注目することが重要です。

カラーバリエーション

他のインテリアトレンドと同様、エスニックスタイルも特定のカラーパレットが特徴です。家庭で取り入れるなら、赤系、テラコッタ、ブロンズなどのアースカラーを優先的に選びましょう。また、ブラウンやベージュを取り入れることもおすすめです!

他の中間色とのコントラストが一般的です。強い色調と組み合わせは、エスニックスタイルに特徴的なカラフルな環境を実現し、温もりと調和が強調されるべきです。

素材とフォーマット

カーペットに毛皮や革などのハンドメイドの素材を使うのもポイントです。ベルベット、ウール、リネン、シルクなどのテキスタイルもあります。また、木や銅、銀など、職人の技を感じさせる素材を使うのも効果的です。

デザインは、アステカやアフリカの文化に代表される幾何学模様やジグザグ模様が豊富です。三角形やひし形は、家具だけでなくラグやタペストリーにも取り入れられます。

木の幹や自然のもの

自然とのふれあいをインテリアに反映させるには、室内観葉植物が最適です。エスニックスタイルでは、それらも取り入れることができます。中でも、丸太を飾ることが典型的です。飾りだけでなく、サイドテーブルやシート、カウンターとして機能してくれます

エスニックスタイルの室内植物には、サボテンがあります。まず、自然環境に近い緑色であることが理由です。また、メキシコの文化と強い結びつきがあるためです。土や木の鉢に植えて設置するのがおすすめです。

タペストリー

エスニックスタイルのインテリアには、少なくとも2、3枚のタペストリーを壁に飾りたいものです。タペストリーの占めるスペース、形、色はさまざまですが、このトレンドの代表的な装飾品です。

クッション

ベッドルームやリビングルームのアームチェアの付属品には、クッションが必要です。このトレンドを住まいの美意識に取り入れる良い機会です。

具体的なデザインは好みにもよりますが、幾何学模様やジグザグ、前髪、色合いなど、エスニックファッションに合ったものを取り入れることが大切です。

エスニック風の籐バスケット

このトレンドのお部屋に欠かせない素材が籐です。バスケットを作るにも、ランプやオーナメントを作るにも、自然由来のこの素材は素朴さと職人技をもたらします。

ジュートチェアエスニックスタイル

典型的な彫刻

手工芸品に関連するオブジェは、家庭装飾でエスニックな雰囲気を演出するのに理想的なアクセサリーです。たとえば、円形のお皿やインカの人形、アフリカの仮面などは、壁にかけたり、棚に飾ったりするのに最適です。

木や陶器などの素材がおすすめ。

エスニックスタイルのデコレーションにおすすめのオーナメント

装飾品として使われるものの中には、エスニック・トレンドに特徴的なものがたくさんあります。そのひとつがハンドメイドのプレートで、一般的には対照的な2色でペイントされています。例えば、白と黒、茶と白などです。

もうひとつは、ジュジュやティンとも呼ばれるアフリカンハットで、壁に掛けるのが一般的です。動物の絵や麦わら製のオブジェもこの文化にちなんだもので、エスニックなトレンドに合っています。東洋起源のいくつかの楽器も、壁によく似合います。

こちらもお読みください:居心地の良い家作りのヒント

屋内と屋外

エスニックスタイルは、屋内環境に向いていますが、パティオやテラスに取り入れることも可能です。これは、使用されているオブジェや装飾品、家具のほとんどが、屋外環境に最適な素朴さを持っているためです。

このトレンドは自然や職人技に近いため、デッキのような空間にも適用できます。特に、木製の家具や籐製のオブジェは、屋外で実用的な機能を発揮します。このように、エスニックスタイルのデコレーションには、幅広い可能性があるのです。

こちらの記事もおすすめです。
ミニマリズムを応用してシンプルライフを実践する方法
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ミニマリズムを応用してシンプルライフを実践する方法

ミニマリズムとは、決して退屈な暮らしを送ることではありません。ミニマリズムを実践することで、私たちの生活の中に、シンプルさ、エレガントさ、機能性、そして整理整頓された空間が加わります。また、最小限の方法で家を飾りたい時にも応用したい方法です。