子供部屋のインテリアデザイン:家具を選ぶ方法

12月 22, 2019
子供部屋とは、子供が多くの時間を過ごす場所であり、子供にとって使い勝手の良い快適な場所でなくてはいけません。今回は、子供部屋に必要なスペース、家具、そして子供部屋のインテリアデザインに役立つガイドラインについてご紹介します。

子供部屋は、子供が多くの時間を過ごす場所ですが、床におもちゃや洋服が散らかり、家の中の小さなジャングルのようになることがあります。

子供部屋のスペースが狭い場合は、どれだけ綺麗に保とうとしても混沌とした場所になる可能性があります。

今回は、子供部屋を整理整頓して、子供が過ごしやすい快適な場所へと変身させるアイディアをご紹介します。

子供の年齢や親の趣味、そして子供部屋の広さによっても子供部屋のインテリアデザインが変わります。

子どもたちが居心地がよく感じるだけでなく、子供の個性を反映した部屋を目指すことで、子供が快適にいられますが、そのためには見逃してはいけないいくつかのポイントがあります。

子供寝室のインテリアデザイン:家具を配置するときのアドバイス

子供部屋のインテリアデザイン:家具を選ぶ方法 ミニマリスト
子供部屋にはあまり多くのものを置かないようにすると、整理整頓を効率よく行うことができるだけでなく、子供の遊ぶスペースが広くなります。

家具は機能的なものを選び、ベット、机かテーブル、そして多くのものをしっかりと片付けることができる家具が必要です。

子供が遊んだり動くのに十分なスペースを作るためにも、不要な家具やいらないものを置かないように注意しましょう。

また、子供の視界に多くのおもちゃが入らないように、使わない時には片付ける習慣をつけましょう。子供が使うおもちゃだけを取り出して使うことで、自分のお気に入りを選ぶ習慣や片付ける習慣が身につきます。

子供の個性を尊重する

子供部屋のインテリアデザインを決める時には、必ず子供の話を聞きましょう。

子供の趣味、興味、そして好きな色を取り入れてください。

子供には子供の世界や趣味があるため、親の好みを押し付けることなく、子供の個性を尊重することが大切です。

子供が自分の部屋を快適に感じると、自分から進んで整理整頓するようになります。すべての物には必ず収納場所があることを学ぶためにも、子供が簡単に片付けることができる、機能的な収納ユニットを選びましょう。

収納ユニット

大型収納のある子供部屋
子供部屋で大切なのは、子供の持ち物すべてを整理整頓して配置できる、広い収納ユニットです。

子供に「部屋を片付けなさい」と怒っていませんか?

このような不必要な会話を避けるために大切なのが、子供に片付ける方法を教えることです。

そのためには、片付けるのが簡単にそして楽しくなる、機能的な収納家具を選ぶことが大切です。

小さい子供には、車輪付きの容器や箱を用意しましょう。これは、子供の身長に合わせて選んでください。

ラベルをつけてどこに何を収納するのかを教えれば、おもちゃなどをしっかりと分類して片付けることができるでしょう。

子供部屋が小さい場合でも、工夫をすれば多くの収納スペースを作ることができます。

例えば、ベットの下のスペースを利用することができますし、ベットの下に収納があるベットを購入することもできるでしょう。

ベット下の収納は低い位置なので、子供の手に届きやすいという利点があります。

子供のベッドに引き出しが付いていない場合は、ベットのサイズに合わせた車輪付きのボックスを使います。

ただし、重いものを入れたりものを物を詰め込みすぎないようにしてください。

これは、子供が自分で動かそうとした時に怪我をする危険があるからです。

発見:洋服を綺麗に整理する10のコツ

小さなスペース

小さなスペースを最適化するためには、ちょっとしたコツを使う多くの方法があります。

子供部屋が狭い場合は、まずベット選びを慎重に行なってください。

一つ目の選択肢は、畳むことができるベットです。これは日中ベットを畳むことで、子供部屋を広く活用できます。

二つ目の選択肢は、二段ベットのような機能的なベットですが、ベットは一つです。

上がベットで、ベットの下のスペースには、机などを置くか、遊び場として活用することができます。

また一部屋を子供2人で共有する場合は、もちろん二段ベットが良い方法でしょう。

こちらもご覧ください:失敗例から学ぶ:狭い部屋を広く見せる方法

子供部屋の壁

子供部屋の壁収納

子供部屋の壁について考えることはあまりないかもしれませんが、実は壁を活用して様々なものを整理整頓することができます。

例えば、棚やフックを取り付ければ、アクセサリーなどを飾りながら収納できます。

子供部屋のインテリアデザインを行うときはいつでも、子供のための部屋であることを忘れず、子供の個性と意思を尊重した部屋作りを心がけてください。