ドラマセラピーって? どんな効果があるの?

ドラマセラピーは、さまざまな状況に取り組むのに非常に有効なセラピーです。様々なセラピーの中でも、社会的スキルの向上や表現力の向上を見出すことが期待できます。
ドラマセラピーって? どんな効果があるの?
Maria Fatima Seppi Vinuales

によって書かれ、確認されています。 心理学者 Maria Fatima Seppi Vinuales.

最後の更新: 02 1月, 2023

ドラマセラピーと呼ばれるセラピーは、メンタルヘルスを向上させるために、行動や人格の側面に働きかける心理療法の様式で、個人でもグループでも適用することができます。

特に、身体を主な表現媒体とした様々な演劇的なテクニックを通じて、様々な状況に対処することができます。体の動き、即興、ロールプレイ、ダンスなどが含まれ、自己認識、自信、自尊心を強化することを目的としています。

このセラピーはどのように行われるのでしょうか? また、どのような効果があるのでしょうか? ドラマセラピーは、他の心理療法に比べるとあまり知られていないため、疑問を抱く人も多いのが事実です。この記事では、ドラマセラピーについて、そしてその実施方法についてご紹介します。

ドラマセラピーはどのように行われるのですか?

ドラマセラピーは、1920年にJ.レヴィ・モレノによって創始された治療法で、さまざまなリソースを使って、不快な感情を表現したり、葛藤を解決したり、変化のプロセスに参加するように仕向けるものです。

さまざまな技法を用いますが、ほとんどすべてが、セラピストの指導や導きによって、ある状況を表したり演じたりする人々の周りで行われます。集団療法で行われる傾向がありますが、個人で実践することも可能です。

集団で行う場合、演出家のほかに、補助的な自分(場面に協力する二次的な登場人物)、舞台(自信を持って自分を表現できる安全な場所)、患者または主役の人が必要となります。

通常、次のステップで実行されます。

  • ウォーミングアップ。セラピストは、人々が心地よく感じられるような適切な感情的環境を作り、それから自己表現ができるようにする必要があります。
  • ドラマタイゼーション(脚色)。主人公役が、割り当てられた役割を表現するクライマックスとなります。ジェスチャーや口頭表現など、状況を思い通りに表現します。グループワークであれば、他の登場人物も協力してシーンを展開するので、とても生き生きとした印象を与えることができます。
  • グループエコー、またはシェアリング(共有)。このパートでは、主人公は自分がどう感じたかを共有します。他の参加者も、自分がどう感じたかを表現し、主人公の表現についてのビジョンを提供します。
ドラマセラピー
ドラマセラピーは、個人でもグループでも行うことができます。また、さまざまな種類の技法を用いて実施されます。

ドラマセラピーの基本原則

ドラマセラピーの基本原則としては、自発性と「今、ここ」の哲学が大切にされます。

  • モレノは、自発性については、感情を閉じ込めたままにするのではなく、表現することで解決できるという、創造的な観点からアプローチしています。
  • 瞬間の哲学とは、「今、ここ」を意識することであり、過去や未来の要素があったとしても、特定の瞬間と時間の中で働くことを意味します。

ドラマセラピーは演技を主なリソースとしていますが、舞台と同じものではないこと、演技の経験が必要なわけではないことを指摘しておきます。単なる演出以上のものを追求するため、治療目的によって差別化されているのです。

「ドラマセラピー」と「サイコドラマ」は共通する部分があるため、同義語として使われることもありますが、そのアプローチには違いがあります。前者が問題や状況を間接的かつ現実的でない方法で扱うのに対し、サイコドラマは具体的かつ現実的な状況に基づいて、その場の主人公に言及するものです。

こちらもお読みください:心理学と哲学に関する孔子の教え

ドラマセラピーの効果

ドラマセラピーは、デザインされた状況があることから、感情や自発性の表現が容易になることに加えて、他の利点もあります。以下で、それらを1つずつ取り上げていきます。

1. 患者が自分の癒しの積極的な主人公になる

他の多くのセラピーと同様に、ドラマセラピーは、変化にコミットする本人の主体的な役割が大きく考慮されます。実際、患者がどのような方法を選ぼうと、自分の不快感や心配事を演じているのですから、本人の役割はより明確なものになります。

2.カタルシスを促進する

多くの人は、「自分自身」であるときには、自分の感情や気持ちを表現しにくいものです。しかし、問題から距離を取り、別の役割を体現できると感じると、それが容易にできるようになります。

3. 新しい物事の見方や新しいスキルを獲得するのに役立つ

集団でセラピーを行うときに、他の人の事実に対する見方を学ぶことで、別の角度から状況にアプローチすることが可能になります。その結果、視野が広がり、創造的な解決策を考えたり、これまで考えていなかった側面を考慮したりすることができるようになるのです。

同じように、適応の障害となる、凝り固まった「古い考え」を取り除き、より機能的で柔軟な対応をすることも期待できます。

ドラマセラピーではどのような活動を行うことができますか?

ドラマセラピーでは、関係者の自由な表現を助けるさまざまなテクニックを実践することができます。最も一般的なものを以下に挙げます。

1.マイミング

その名の通り、「模倣」、つまり身振りや動作で表現することを用います。非言語、つまりボディランゲージが重要になり言葉で表現することが難しい人には非常に有効な手法です。

2.ロールプレイング

参加者一人一人が特定の役割を体現するというものです。

3. ダビング

他のメンバーが同じ主人公を演じ、あたかも自分こそが主人公であるかのように振舞う。このように、自分の考えていること、感じていることを表現するのです。この鏡のような技法は、自分自身を見るために使われます。自分自身の振る舞いや、外からの見え方について、とても勉強になります。

4.役割の逆転

相手を理解し、相手の立場に立つことを目的とした技法です。つまり、相手の立場に立って考えるということです。場面展開の指示は、相手を表現すること、相手がどう考えているか、相手が何を感じているかなどに関係します。

5.独り語り

この場合、主人公は自分の身に起こっていること、自分の考えや感情をすべて観客と共有します。自分自身、または想像上の他の人に話しているかのように、ディレクター(セラピスト)に話すことによってこれを行うことができます。

6.マスク

人は何度も、自分が自分でないものになれると解放されるものです。その場合、マスクのような変種を導入して、状況を表現できるようにすればよいこともあります。

マスクをした女性
マスクは、内向的な人、内気な人の感情表現を容易にします。

上記の各テクニックは、子供の頃から適用できます。パペットや衣装などの要素を組み込むことも可能です。

それぞれに適したセラピーを選ぶ

ドラマセラピーは、システム心理療法、認知療法、ゲシュタルト療法など、他の理論との相性もよく、活用することができます。ドラマセラピーをより効果的に使うには、セラピストが患者のニーズに合わせて何をすべきかを計画し、もちろん技術を習得できるように指導することが重要なポイントになります。

このセラピーは、特に非常に内気な人や内向的な人が、特定のテーマに取り組んだり、表現力や感情的なスキルを伸ばしたりするのに非常に有効な代替手段となりえます。



  • Litwińska-Rączka, Katarzyna. (2018). Jacob Levy Moreno’s Psychodrama As a Work Technique For Treating Patients in Group and Individual Psychotherapy. Current Problems of Psychiatry. 19. 10.2478/cpp-2018-0019.
  • Espina Barrio, José Antonio. (2001). Integración del Psicodrama con otras líneas teóricas. Revista de la Asociación Española de Neuropsiquiatría, (77), 33-49. Recuperado en 10 de mayo de 2021, de http://scielo.isciii.es/scielo.php?script=sci_arttext&pid=S0211-57352001000100004&lng=es&tlng=es.
  • Severino, G., Silva, W. S., & Silva Severino, M. F. (2016). Psicodrama: cuerpo, espacio y tiempo hacia la libertad creadora. Arteterapia. Papeles De Arteterapia Y educación artística Para La inclusión Social, 10, 139-151. https://doi.org/10.5209/rev_ARTE.2015.v10.51688.
  • Berghs M, Prick AJC, Vissers C, van Hooren S. Drama Therapy for Children and Adolescents with Psychosocial Problems: A Systemic Review on Effects, Means, Therapeutic Attitude, and Supposed Mechanisms of Change. Children (Basel). 2022 Sep 6;9(9):1358. doi: 10.3390/children9091358. PMID: 36138667; PMCID: PMC9497558.

ここに記載された内容は、情報提供のみを目的としたものです。専門家による診断、治療、推奨を促進したり、それらに代わるものではありません。疑問がある場合は、信頼できる専門医に相談し、許可を得てから施術を開始しましょう。