注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは?

04 12月, 2019
注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、女の子よりも男の子に多くみられる傾向があります。この記事では、ADHDの原因、症状、治療法についてご紹介します。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは、小児期に現れる神経発達症群です。世界の子どもの5%以上がこの障害を発症しています。さらに、女の子よりも男の子に多くみられる傾向があります。

幸いなことに、早期診断と適切な治療が効果的であることが研究にて明らかになりました。この障害について、より詳しく見てみましょう。

注意欠陥・多動性障害

原因

この障害はとても複雑であり、現時点では原因を特定できていません。基本的には、さまざまな危険要因に起因し、3つのタイプに分けることができる異質な障害であると言えます。

専門家は、正確な原因を知りません。しかし、遺伝要因と環境要因が大きく影響していることを発見しました。これは、出生前の要因、周産期の要因、そして出生後の要因が関係していることを意味します。

さらに、ADHDの遺伝率は76%です。これはこの障害の76%が遺伝要因によるもので、残りはその他の要因に関連しているということです。

最後に、注意欠陥・多動性障害の家族がいる場合には、この障害の家族歴がない人よりも発症率が5倍高くなることが明らかになっています。

この記事もご参考に:友達間のプレッシャーに直面した子供をサポートする方法

症状

ADHD

ADHDの子どもは、学校や社会での成績に伸び悩むことがあります。

この障害の症状は、不注意、多動性、衝動性の3つのタイプに分けることができます。タイプに応じて、多かれ少なかれ次のような症状がみられます。

  • 不注意優勢タイプ:すぐに気がそれます。女の子に多くみられ、学校の成績に大きな影響があります。
  • 多動性・衝動性優勢タイプ:活動性が非常に高いです。
  • 混合タイプ:最も一般的なタイプであり、全体の活動に影響があります。

注意欠陥・多動性障害の診断には、次の条件に満たされている必要があります。

  • 12歳以前に症状が現れる。
  • 6か月間以上症状が続いている。
  • 2つ以上の状況(家庭と学校など)において症状がみられる。
  • これらの症状が子どもの生活を非常に困難にしており、活動に支障が出ている。

治療法

まずは、心理療法により症状を抑制し、パフォーマンスの改善を試みます。

しかし、小児および青年の注意欠陥・多動性障害は、それぞれの必要に応じて治療が行われる必要があります。現時点では、ADHDを完治することはできません。そのため、治療は症状の改善と他の関連した病気のリスクの軽減を目的としています。

一般的には、ADHDの重症度が中程度から重度の小児および青年には、併用療法が推奨されています。これには、認知行動療法、薬物療法、心理療法、心理教育が含まれます。

1.認知行動療法

ADHD

認知行動療法で扱う内容には、次のようなものがあります。

  • 行動療法
  • 認知療法
  • ペアレント・トレーニング
  • ソーシャルスキルトレーニング

2.心理教育

心理教育的介入は併用療法の基礎です。

これには、子どもの学業成績の改善から学校環境の改善まで、一連の介入が含まれます。

3.薬物療法

薬物療法では、注意欠陥・多動性障害の中核症状の軽減に役立ちます。これにより、学業成績や行動の改善がみられる可能性があります。

また、心理療法や心理教育の効果を高めてくれます。ADHDの治療薬としては、精神刺激薬であるメチルフェニデートが一般的に処方されます。

こちらもご参考に:新しい依存症?ゲームがやめられない子供達について

注意欠陥・多動性障害の現実

ADHD

注意欠陥・多動性障害は、子どもの自尊心に影響を与える可能性があります。

珍しい障害ではないですが、現実では無知が蔓延しているためです。

残念ながら、この障害について知識がある人はほとんどいません。さらに、ADHDは家族や学校が原因であると誤って信じている人も多くいます。

ADHDについて適切な知識がないと、障害に悩まされている子どもとその家族、友達、そして周りの人々に直接的な影響を与えてしまいます。誤った情報や情報の欠落は、汚名、無神経、配慮の欠如を導いてしまうのです。

 

  • Asociación Americana de Psiquiatría (APA) (2013). Manual Estadístico y Diagnóstico de los Trastornos Mentales, quinta edición (DSM-5). Washington, DC: APA.
  • Faraone, S. V., & Larsson, H. (2019). Genetics of attention deficit hyperactivity disorder. Molecular Psychiatry24(4), 562–575. https://doi.org/10.1038/s41380-018-0070-0
  • Lopez, P. L., Torrente, F. M., Ciapponi, A., Lischinsky, A. G., Cetkovich-Bakmas, M., Rojas, J. I., Romano, M., & Manes, F. F. (2018). Cognitive-behavioural interventions for attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) in adults. TheCochrane Database of Systematic Reviews3(3), CD010840. https://doi.org/10.1002/14651858.CD010840.pub2
  • Osland, S. T., Steeves, T. D., & Pringsheim, T. (2018). Pharmacological treatment for attention deficit hyperactivity disorder (ADHD) in children with comorbid tic disorders. The Cochrane Database of Systematic Reviews6(6), CD007990. https://doi.org/10.1002/14651858.CD007990.pub3