ダニに刺された場合の治療と予防方法

ダニに刺されると、アレルギー反応や、特定の病気の原因になることがあります。この記事で、ダニ刺されの治療と予防法を学びましょう。
ダニに刺された場合の治療と予防方法

最後の更新: 13 3月, 2022

ダニに刺されると、人間も動物も軽い不快感から危険な病気まで、さまざまな症状が現れます。ダニは、土や草、落ち葉、低木、樹木などに生息するクモの仲間です。足が8本あるのが特徴で、色は赤、赤っぽい、または黒です。

ほとんどの場合、この虫によって引き起こされる傷は命にかかわるものではありません。しかし、小児科専門誌『Atención Primaria』は、ダニにはさまざまな種類があり、中には非常に危険な病気や感染症を媒介するものもいると指摘しています

公園や野原、森を歩いていると、ペットや人の皮膚に飛びついてくるダニに噛まれることがあります。

ダニ刺されの見分け方

ダニに噛まれても、症状が現れてからやっと感染に気づくことがあります。症状が出るまでの期間は、接触してから10日ほどで、その間マダニは皮膚に付着したままです。摂食期を過ぎると、ダニは膨張し、地面に落ちる傾向があります。

ダニが通常刺す人体の部位は、股間、耳の周囲と内側、脇の下、へそ、頭皮、腰、お尻、膝の裏などで、温かく湿った、目に見えにくい場所を狙います。

ダニに刺されたときの症状

ダニに刺されても軽症な場合は、少し赤くなったり、かゆみを感じたりする程度で、ほとんど気にならないかもしれません。マダニは皮膚に付着する際に麻酔物質を注入するため、痛みすらないことが多いのです。

以下のようなサインで、ダニの存在を知ることができます。

  • 発疹
  • 火傷
  • 水ぶくれ
  • 吐き気
  • 発熱
  • 頭痛、関節痛
  • リンパ節の炎症
ダニに刺されたときの症状
ダニは、血液の吸引によって腫れると剥がれ落ちる傾向があります。

ダニの種類によっては、ウイルスや細菌に感染し、アレルギー反応や深刻な病気を引き起こす可能性があります。

ダニに噛まれることで発症する病気

咬まれても害のないものや、一般的な感染症にかかるだけのものもありますが、無視できない珍しい症状もあることが、Annales Nestléのスペイン語版で強調されています。また、予防措置の欠如、診断の遅れ、治療の適用により、死亡率にばらつきがあることも指摘されています。

マダニに咬まれることで発症する複合疾患は、通常以下のようなものがあります。

  • 野兎病
  • アナプラズマ病
  • ライム病
  • コロラドダニ熱
  • バベシア症
  • ロッキー山紅斑熱

米国疾病対策予防センター(CDC)によると、米国で最も多く報告されているのはライム病です。ライム病の感染には、虫が皮膚に付着してから少なくとも36時間かかりますが、他の関連する病気は数分の接触で済みます。

ダニに刺されたときの治療法

ダニに刺されたことを発見したら、まず皮膚からマダニを取り除きましょう。手袋を着用し、ピンセットでも構いませんので、できるだけ真皮に近いところでつかみます。

押さえたまま、引き上げるようにして剥がします。剥がし終わったら、噛まれた部分に頭や口の破片が残っていないか確認します。傷口を水できれいにし、ヨウ素やイソプロピルアルコールで消毒します。

ダニは、アルコールに漬け置いて、蓋をした容器に保管します。病院に行く必要がある場合は、ダニを持参してください。ダニの種類を知ることで、より複雑な感染症の場合、医師が具体的な治療法を処方するのに役立ちます。

こちらもお読みください:皮膚炎とコルチコステロイドの関係

ダニに刺されないようにする方法

ダニに刺される確率を下げるコツや習慣があります。

  • 生い茂った場所に座らない。
  • つま先の閉じた靴を履く。
  • 長袖、長ズボンの服を着る。
  • 草の生い茂った道は避ける。
  • 着用した衣服は、数日後にお湯で洗濯する。
  • ペットをチェックする

また、庭や庭園がある場合、米国疾病予防管理センター(CDC)はそれらをダニのいない地面にするために変更を実装することを推奨しています。この場合、例えば、鹿のマダニは人間に害を与える病気を媒介するので、鹿を寄せ付けないことが重要です。また、上記の方法以外にも、マダニの数を減らす薬剤を使用することも可能です。

実際、マサチューセッツ州公衆衛生局の出版物には、これらの昆虫に対する代替手段として、DEETを含む忌避剤とペルメトリン入りの忌避剤について言及されています。使用する際は、必ず製造元の指示と警告に従いましょう。

ダニに刺されないようにする方法 治療
ハイキングやキャンプなど、この昆虫が多く生息する地域で活動する場合、マダニに刺される危険性があります。

病院を受診する場合

ダニが外れない場合は、医師の診察を受けましょう。ダニが付着している時間が長いほど、病気を媒介する危険性が高くなることに留意してください。重篤な合併症の兆候としては、動悸、筋肉の麻痺、呼吸困難などがあります。

ただし、最初から無症状であったり、違和感が消えても、医師の診察を受けるのが一番です。数日後、あるいは数週間後に症状が現れることもありますし、後遺症が残らないような適切な治療を遵守することが大切なのです。

こちらの記事もおすすめです。
ダニ用スプレーを作る
みんな健康
で読むことができます。 みんな健康
ダニ用スプレーを作る

私たちは常に微生物の巨大な世界にさらされており、ダニは単にそれを構成する無数の存在の一部なのです。今回はそんなダニに効果的なスプレーの作り方と、普段気をつけたい習慣を紹介します。家の中のダニに悩まされているなら、是非すぐにでも試してみてください。