ノミ・ダニに効く天然防虫剤として使うことができる植物

· 4月 25, 2019
ペットの悩みのノミとダニ。化学薬品を使用する代わりに、非常に強力な天然防虫剤としてこれらの植物を使うことができます。

ペットにとって、ノミやダニ以上に迷惑なものはありません。

取り除いてあげようと一生懸命になり、ペットの肌にダメージを与える可能性がある化学薬品に手を出してしまい、その結果アレルギーを引き起こしてしまう、ということがあります。

ここでは、ペットのノミ・ダニに効く天然防虫剤として使うことができるいくつかの植物をご紹介します。

ノミは、長距離ジャンプすることができ、皮膚に噛みついて血を吸う小さな虫です。ペットが激しく引っ搔くことにより皮膚のけがを引き起こす可能性があり、それは彼ら自身を傷つけてしまうことになるのです。

ダニに関していえば、犬、うさぎ、羊、そして人間のような温血動物に寄生虫を感染させる小さい生物です。ダニは子供の頭皮に隠れることもできます。

この記事では、これらの害虫に防虫剤として使うことができるいくつかの植物をご紹介します。

天然防虫剤としての植物

これらの植物を栽培することによって、迷惑な虫を排除、または減少させることができ、同時にあなたの庭を生命と色で満たすことができます。自然がもたらす利点の多くについてすでにご存じかもしれませんが、防虫剤としての役割もまた利点に加えることができるでしょう。

ミント

ミント

ミントは、さわやかな香りの植物です。さらに、ペットにも安全なので、ノミやダニを駆除する最も人気な方法の1つです。

ただし、この植物は簡単に広がっていき、庭全体を占領する可能性があるので気を付けましょう。それを防ぐためには、植木鉢にミントを植えるといいですよ。

こちらもご参考に:きっと気に入る ミントを使った5つの自然療法

ニンニク

ニンニク

庭にニンニクを植えることは、ダニを防ぐのに優れた方法です。また、いくつかのかけらを潰して、ペットのベッドの端に撒いてもいいでしょう。

ダニだけでなく、他の害虫に対しても素晴らしい天然防虫剤となります。猫を飼っている場合には、猫に害をおよぼす可能性があるので気を付けましょう。

ローズマリー

ローズマリー

この植物は、地中海地域全体で自生しています。きちんとした手入れをすれば、他の気候でも問題なく育てることができます。

非常に効果的な防虫剤になるだけでなく、素敵な水色の花があり、またアミノ酸が豊富で、調味ハーブにも最適です。

菊 天然防虫剤

この植物は、その美しく、色鮮やかな花のため、庭を飾るのに適しています。また、ノミとダニを家から遠ざけてくれます。この花はまた、シラミやゴキブリも撃退してくれます。

  • 庭の端か他の植物の周りに植えましょう。

ラベンダー~防虫剤として使われている最も人気な植物~

ラベンダー

ラベンダーは美しく、とても色鮮やかな花があり、素敵な香りがします。この植物は、ペットにとって非常に安全です。ノミやダニを遠ざけてくれるだけでなく、蛾や蚊も撃退してくれます。これらが庭で育てるのに最も人気な植物の1つである理由のいくつかです。

ご存じですか?ラベンダーオイルの作り方と使い方

イヌハッカ(キャットニップ)

このハーブはミントにとても似ており、猫が大好きです。猫をメンソール臭で魅了しつつ、ノミから守ってくれています。

この葉は猫のおもちゃを作るときに使われることが多いです。

レモングラス

レモングラスは、防腐剤、消化剤、ノミの天然防虫剤などさまざまな性質があります。その強い香りと風味のため料理にもよく使われています。

デイジー

デイジー

そのフルネームは、Margarita Fleabane Daisy(マルガリータ・フレアバーン・デイジー)といい、黄色の花芯とともに美しい白い花を咲かせます。この美しさが、庭で育てるのに非常に人気である花となった理由でしょう。また、ペットにとって危険ではなく、ノミ、蚊、そしてハエに非常に効果がある防虫剤でもあります。

ペットの毛に直接この花の葉をこすりつけることがおすすめです。

紫サルビア

この植物は多くの場所で自生していますが、庭で育てることもできます。

サルビアはノミに効く天然防虫剤であり、いい香りがします。ペットに安全に使うことができ、雨が降った後はその香りが3倍も増します。庭に植えて、その利点を楽しみましょう。

ノミとダニのどちらもペットの悩みであり、不快感だけでなく、けがをさせてしまう可能性があります。高価な化学薬品を使用する代わりに、非常に強力な天然防虫剤としてここでご紹介した植物を使いましょう。庭を美しく飾ってくれるでしょう。

  • Blagburn, B. L., & Dryden, M. W. (2009). Biology, Treatment, and Control of Flea and Tick Infestations. Veterinary Clinics of North America – Small Animal Practice. https://doi.org/10.1016/j.cvsm.2009.07.001
  • Parola, P., Davoust, B., & Raoult, D. (2005). Tick- and flea-borne rickettsial emerging zoonoses. Veterinary Research. https://doi.org/10.1051/vetres:2005004
  • Dryden, M. W. (2009). Flea and tick control in the 21st century: Challenges and opportunities. Veterinary Dermatology. https://doi.org/10.1111/j.1365-3164.2009.00838.x
  • Bissinger, B. W., & Roe, R. M. (2010). Tick repellents: Past, present, and future. Pesticide Biochemistry and Physiology. https://doi.org/10.1016/j.pestbp.2009.09.010
  • Ożarowski A., Jaroniewski W., Rośliny lecznicze i ich praktyczne zastosowanie, Instytut Wydawniczy Związków Zawodowych, Warszawa 1987