あなたにぴったりのペットを見つけよう!

· 10月 11, 2018
どんなペットが合うのかは、その人の性格などによって様々です。

ペットを飼うと私たちの健康を全体的に改善することが出来るそうです。専門家によると、ペットを飼う効果は素晴らしく、身体的にも精神的にもメリットがあるそうです。

ただ、衛生面から他のペットよりも特にオススメのペットというものがいます。一方で、適切なケアを行わないと危険なペットもいます。例えば、緑のイグアナなどがこれに当てはまります。

専門家のオススメは猫と犬

猫と犬を抱える女性

猫や犬がペット愛好家の中でも人気が高いことは間違いありません。どちらも家庭の生活に慣れており適応性があります。また、獣医学的にみても犬や猫に関しては人間は広範な知識を得ています。

ただし犬も猫も人に影響を及ぼす微生物を伝達することがあります。清潔に保ち、予防接種を受けさせることは大変重要です。。

しかし健康面に関して、犬と猫にはいくつかの違いがあります。

この記事もお読みください:家でペットを飼うメリット

猫とトキソプラズマ症の(低)リスク

猫と犬を比べる時に、トキソプラズマ症の感染リスクは猫に関して唯一のネガティブな点でしょう。

トキソプラズマ症とは、寄生虫であるトキソプラズマ原虫によって伝染し、特に妊娠している女性に悪影響を及ぼす可能性がある病気です。

感染の危険性を避けるための基本は、免疫システムにあります。

実際には、猫の飼い主の多くはこれに対して免疫があり、この病気に対抗する抗体が作られています。

ですが、私たちの健康に良いペットとしては、犬がわずかに猫よりもリードしているかもしれません。ただし、これはネコ科動物が家庭のペットとして良くないということではありません。

犬を飼うことの健康上のメリット

犬と人

ペットとして犬を飼うことには、精神的な健康に大きなメリットがあります。

ペットと日常的に触れ合うことで、ドーパミンおよびセロトニンを解放します。ドーパミンとセロトニンは、ストレスおよび心機能不全と戦います。

犬が私たちの精神に与える良い影響はこれだけではありません。

米国で行われた調査によると、心臓病を患っている人の中で犬を飼っている人はそうでない人に比べて平均余命が高いそうです。

犬を飼うことで、飼い主も少なくとも20分は犬と一緒に散歩をするようになるためです。

こうして運動をする機会が増え、心臓のリズムが改善されます。さらに、ペット愛好家の方は、抑うつになる可能性が低いそうです。

犬とアレルギーの問題

人によっては、犬などの動物の毛に耐性がない人がいます。アレルギーは、ペットを持ちたい人にとっては悩みのタネとなります。

しかしながら多くの専門家によれば、犬を飼っている家庭の子供はアレルギーにかかる可能性が低くなるそうです。

その理由は、免疫システムがペットとの生活に適応するためです。犬の細菌フロラが、私たち自身の体を防衛する力を強化することに貢献してくれます。

いずれにしても、アレルギーがある人は毛があまり長くない種類の犬を選ぶのが良いでしょう。例えば、メキシカン・ヘアレス・ドッグ、アルゼンティニアン・ヘアレス・ドッグ、チャイニーズ・クレステッド・ドッグなどがいます。

または、毛が短くて厚いブルドッグも良いでしょう。

この記事も読みください:ペットと面会が出来る病院

あなたにぴったりのペットを見つける方法

猫と人

どのペットが私たちの健康に良いのかについて、様々な考え方があります:

・まず、どのペットが人間の健康にとって一番リスクが高いかを知る

・次に、好きなペットが私たちの健康にどんなメリットがあるのかを知る

過去には、ハムスターや亀などのペットが子供に良いと信じられていました。しかし、現在ではハムスターとペットはサルモネラ菌など細菌や感染症を伝達する危険性があることで知られています。

今も昔も犬は「人間の親友」

私たちの健康にも、犬はぴったりです。犬と一緒に生活することについては、危険性も少なく、むしろ彼らとの絆は私たちの生活をより良いものにしてくれます。

でも、どのペットがあなたにとって一番良いのかは、現実的な問題とあなた自身の好みによっても異なります。