家でペットを飼うメリット

7月 8, 2018
大人になっても覚えている幼少期の体験の一つがペットを飼う体験です。動物は子供に偉大な教訓を教えてくれる上、なかなか出会うことのできない無条件の愛で自分を満たしてくれます。

自宅でペットを飼うことは、子供の発育に大変有益な体験です。家族とペットの間に築かれる絆は愛と責任を育みます。また、安全面に必要となる要因を形成し、家族の誰にとっても素敵な相棒となります。

自宅でペットを飼うメリットとは?

1.子供に責任を教える

ペットを飼うということは、ペットが実質的に家族の一員になるということなので、そのための時間と責任が生まれるというを頭に入れておきましょう。ペットの世話や栄養を与える責任は、親だけ、もしくは子供だけに押し付けられるものではありません。

ですから、親は子供にペットの世話に関することは全て教えましょう。例えば、ペットを洗う時は、子供が側で見て、ペットのケアがどれだけデリケートであるべきかに気づけるように親が子供に洗い方を教えましょう。

そうする目的は、将来的には親の助けがなくても、子供だけでペットを洗うことができるようになることです。同じように、餌やりなどの単純な作業も子供に託して良いでしょう。ただ、親はペットに既に餌をやったかどうかを子供に前もって聞いたり、教えたりしましょう。

子供が決められた時間に餌をやったかどうかを自分で覚えていられる時が来るまでは、親はそうした確認をし続けましょう。

こちらもどうぞ:ペット面会が出来る病院

2.子供が新しいことを学ぶ

ブルドッグと猫

飼うペットの種類によって、その動物の知識を子供は得ることになります。例えば、ペットとして亀を飼う場合、どんな種類の亀が存在するのか、亀が何を食べるのか、元々の生息地はどんな場所なのか、寿命はどれくらいか、繁殖はどのようになっているのかについて学ぶことになります。

ペットと育つことによって、子供は動物もまた人間のように病気にかかったり、寒く感じたり、お腹が空いたりすることを学びます。更には、成長の過程(誕生、繁殖、死)についても学ぶことができます。

3.子供の健康に貢献する

犬や猫など、毛がある動物と育つことによって、子供はぜんそくやアレルギーを引き起こす病原菌に対する免疫を身に付けることができます。ペットの存在は低血圧や、心臓の健康がうまく維持できるように促します。 

動物は私達の生活をより健康なものにしてくれます。私達が動物を撫でる時、私達の体がストレスや不安、悲しみを和らげる神経伝達物質であるエンドルフィンを分泌し始めるためです。

4.子供の情緒的発育に良い影響を与える

犬をなでる家族

ペットが子供と過ごすことで得られる関係を通して、子供は良い態度や自尊心を身に付け、自信をつけ、より安定した自身を築くことができます。ペットと一緒にいることで、子供は共感を学び、動物が嬉しがっているのか、疲れているのか、悲しいのか、落ち着いているのかなどを認識できるようになります。

また、他人を尊重し、相手を気にかけ、相手と共有したり、相手をやさしく愛撫したりすることの重要性も学びます。更に、子供は物語を創作する際に、ペットが欠かせない存在となる物語を創り出して嬉しい気持ちになったりします。それが子供の創造性を刺激します。

5.子供を癒す

私達は時にひっそりと自分の悲しみに暮れていたい時があります。そうした時に、ペットは大抵、無条件の愛をくれたり、静かに相棒として側にいてくれたりすることで、私達を癒してくれます。独りぼっちに感じる時、ペットは大きな支えとなります。ペットの存在と支えは孤独や寂しさに直面する強さを与えてくれるのです。

6.家族全員の体調が良くなる

ペットと家族

家族が犬などの動き回るのが好きな動物を引き取ることになった場合、犬と一緒に遊んだり、散歩に行ったり、あちこち走り回ったりしなければいけなくなるので、家族みんなの体調が良くなります。

7.家族の絆を強めてくれる

家族で行う活動にペットを参加させると、それそのものが主のイベントとなります。そうすることが特別な瞬間、つまりペットと一緒の美しい家族の思い出となり、何よりもその瞬間がみんなにとって一番特別な時間になります。

自分の家族に一番合っているペット

犬と猫

ペットを飼うことは大変重要な決断であり、決して軽く見るべきものではありません。ペットを選ぶ時は、ペットに捧げられる時間、動物の性質、子供の年齢に応じて、子供の発育や共生に適しているのかなどを考慮する必要があります。

最も一般的なペットの種類は以下のような動物です。

  • 犬(最もおすすめできる犬種にはビーグル、ボクサー、コリー、セントバーナード、プードル、シュナウザーなどがあります。)
  • ウサギ
  • ハムスター

まとめ

犬をペットとして選ぶなら、家に帰る度に大きな歓びと幸せを胸にあなたを待っていてくれる、愛する存在がいることを頭に入れておきましょう。とは言え、どんなペットを選ぶにしろ、忘れられない経験になります。あなたを存分に愛してくれるペットは新しい家族の一員となることでしょう。

あなたへおすすめ