虫刺されのアレルギーを緩和する5つの自然療法

· 8月 14, 2018
今回ご紹介する自然療法で症状が緩和されない場合は、必ず専門医の診断を受けてください。

虫刺されが原因のアレルギー症状を発症したら、自然療法がオススメです。

虫刺されへの反応は、私たちの免疫力の高さによっても個人差がありますが、健康に深刻な影響を及ぼすことは一般的ではありません。

しかし、一部の人は虫に刺されるとアレルギー症状を発症するため、自然療法を用いてその症状を緩和する必要があります。

虫刺されとは?

虫が私たちの肌を刺す虫刺されは、刺された場所に「咬合」が形成されます。虫によって私たちを刺す理由は異なりますが、蚊などのように私たちの血液を抽出するケースが多くあります。

虫に刺されるとすぐに私たちの皮膚が反応し、通常は皮膚が赤くなります。この赤みはかゆみを引き起こす傾向がありますが、皮膚をかいてしまうと皮膚が傷つき、さらに痒みと痛みが増加する傾向があります。

虫刺されアレルギーの影響

多くの場合、蚊をはじめとする虫に刺された人は、一般的な皮膚の反応を超えて以下の症状を発症することがあります:

  • 刺激
  • 痛み
  • 赤み
  • 打ち身のようなあざ

また虫刺されをかき壊して症状が皮膚全体に広がる場合、症状が深刻化し、適切な処置を行わないと傷跡が残ってしまう結果になります。

虫刺されの予防方法

虫刺されの予防

虫刺されの症状が悪化しやすいタイプの人や、虫に刺されるとアレルギー反応を起こしやすい人は、虫刺されを予防することが大切です。

  • 虫が発生しやすい季節でも、虫の多い場所に行くときは必ず肌が露出しない衣類を身につけてください。
  • 虫よけの薬やスプレーは、肌に塗布するタイプや空気中にスプレーするタイプのどちらもオススメです。
  • 虫の発生や増殖を防ぐため、自宅やその周りを清潔に保つことが大切です。ゴミなどはすぐに廃棄し、換気を欠かさないようにしてください。

虫刺されによるアレルギーを緩和する5つの方法

1.水で薄めたハチミツ

ハチミツ

ハチミツには、虫刺されが自然な状態に戻るのを助ける防腐作用が含まれています。また天然の抗生物質として働くハチミツは水に溶かすと肌に塗布しやすい形状になります。

材料

  • ハチミツ 大さじ2(50g)
  • 水 3リットル

使用方法

  • 水とハチミツを容器に入れたらよく混ぜてください。
  • 出来上がった液体をコットンにつけたら、患部に1日2回塗布してください。

2.酢と砂糖

ホワイトビネガー

ハチミツと同様に、砂糖には肌の回復を助ける性質があるため、虫刺されの症状を緩和する効果があります。この自然療法薬を、1日数回、患部に塗布してください。

材料

  • 砂糖 大さじ2(30g)
  • 酢 大さじ5(75ml)

使用方法

  • 酢と砂糖が均一になるまで混ぜます。
  • ハチミツと同様、コットンを使用して患部に塗布してください。

3.アロエベラのゲル

アロエベラのゲル

アロエベラは非常に強力な効能と特性を持つ植物で、薬用や美容など、様々な分野で活用されています。そして虫刺されによるアレルギー反応を緩和するのに効果的です。

材料

  • アロエベラのゲル 1/2カップ(100g)

水 1杯(15ml)

使用方法

  • アロエベラの葉からゲルを取り出して使用するか、市販品を使います。
  • 水を使って希釈したら、冷蔵庫で保管してください。
  • 少量を患部に塗布することで、治癒プロセスを遅らせる刺激を軽減します。

4.レモン果汁

レモン果汁

レモン果汁の酸味の働きが虫刺されをはじめとする肌のトラブルに効果を発揮します。

自然療法で多く使われるレモンは、その効果と使い勝手の良さで人気です。

材料

  • レモン果汁 1/2個

使用方法

  • レモン果汁を絞り、果汁を患部に塗布します。
  • レモンを直接患部の上から絞る方法もありますが、果汁をかけすぎないように注意してください。

こちらもお読みください:レモンの効能と自然療法レシピ

5.ティーバッグ

ティーバッグ

虫刺されのアレルギーを解消するときには、カモミールティー、緑茶、ハイビスカスティー、またはスーパーなどで手軽に手に入るティーバッグを使いましょう。

材料

  • ティーバッグ 1袋
  • 水 1カップ(250ml)

使用方法

  • 水を入れた鍋の中にティーバッグを入れて沸騰させます。
  • 出来上がったお茶はあとで飲んでください。
  • ティーバッグを取り出したら虫刺されの患部の上にのせます。
  • 症状が緩和されているのを実感できるでしょう。

今回ご紹介した虫刺されのアレルギー症状を緩和する方法をぜひお試しください。

ただし、数日経っても症状が改善されないときや悪化するときは、別の深刻なアレルギー症状の兆候かもしれません。必ず医師の診察を受けてください。