子供がペットの死を乗り越えるのをサポートする方法

12月 5, 2019
ペットを失うことは、子供の感情面に深刻な影響を与える出来事です。親として、子供がペットを失った後にはしっかりと寄り添い、子供がこの状況を乗り越えるのをサポートすることが大切です。

ペットの死は、大人にとっても子供にとって非常に辛い出来事です。

子供にとっては特に、最初の「死」の体験かもしれませんし、心に痛みが残る可能性があります。

今回は、子供がペットの死を克服する過程において、親としてどうサポートできるのかを学びましょう。

子供がペットの死を克服するのをサポートする方法

ペットの死因が、長期的な闘病や悲劇的な事故によるものかどうか、またはペットのサイズや一緒に過ごした時間の長短は関係ありません。

ペットの死を子供が受け入れて克服するのは、簡単なことではありません。

ペットは家族の一員であり、子供にとっては、一緒に冒険やいたずらをする遊びの仲間です。そのため、大切な仲間の死に直面すると、子供は感情的に取り乱し、一人取り残されたように感じたり、誰かを失うことへの恐怖感を抱くようになるかもしれません。

子供にとって辛い時間となるペットの死を克服する過程を、親としてサポートするための方法を一緒に学びましょう。

1. 子供のペットへの愛情を理解する

子供がペットの死を乗り越えるのをサポートする方法 ペットは家族の一員
ペットは家族の一員であり、特に子供にとっては大切な仲間です。

ペットの死を克服するという過程において、親ができる最初のサポートは子供の気持ちや感情の変化を正しく理解する努力をすることです。

ペットは子供と一緒に過ごすだけの存在ではなく、大切な親友であったり時には兄弟のような存在かもしれません。

そのため、ペットを失ったことを克服するのは、まるで家族の一員を失ったのと同じくらい辛い時間になる傾向があります。

ペットは人間ではありませんが、子供にとっては家族の一員として愛した相手がいなくなるという悲しい体験です。

2. 子供の気持ちに寄り添う

子供の立場になって、子供に寄り添い、子供が何を感じているのかを理解するように努力してください。

愛する相手を失うのは、どのような場合においてもとても悲しく心が痛む出来事です。

そのため、痛みを克服してペットの死を受け入れる過程にいる子供には、十分な注意を払いましょう。

ペットが長い間病気を患い、闘病の末に死亡した場合は、不慮の事故で突然死亡してしまった時よりも、子供はその死を受け入れやすいかもしれません。

こちらもご参照を:リサイクル品でペットハウスを作る方法4種

3. 子供に嘘をつかない

ペットが事故で死亡したと子供に説明する代わりに、子供を守るために、「ペットが逃げた」などと嘘をつく大人がいます。

子供に、大切なペットの死を伝えるのは簡単なことではありませんが、子供には真実を知る権利があります。

決して嘘を伝えて現実をごまかしてはいけません。

4. 子供と一緒に遊ぶ

子供の気持ちに寄り添いながら、できる限り子供と遊ぶ時間を作りましょう。

ペットの死を乗り越える過程において、「ぬいぐるみが死んでしまう」などのごっこ遊びをする子供がいます。

これは強力な癒し効果のある「ごっこ遊び」なので、この機会を活用して、大切なペットの死を克服するのに役立ててください。

5. 子供と一緒に本を読む

子供と本を読む母親

本に描かれた物語を通じて、子供に死を克服する方法を伝えることができます。

様々な物語を通して、子供と一緒にペットの死に関する問題に対処することができます。

家族やペットの死に関する多くの絵本や本があるため、子供の状況に似た本を見つけて、それを読みながら、子供と本について話すのも良い方法です。

6. 親がペットの死への自分の気持ちを子供に話す

子供の中には、心の痛みを表現するのが苦手な子供がいます。

この場合は、ペットがいなくなったことが親としての私たちにどのような影響を与えているか、その気持ちを子供と共有することで、子供自身も自分の気持ちを素直に表現できるきっかけとなります。

泣くことは普通であり、悲しいという感情を持ってもいいのだと子供に伝えましょう。

愛する相手を失った時、悲しくなって泣いても大丈夫なのだと子供に教えることが大切です。

7. 子供の質問に答える

ペットの死に直面した子供は、それに関する多くの質問を抱えているかもしれません。

子供の年齢に合わせて適切な方法でペットの死を克服するためには、子供が抱えている質問に対して、できる限り誠実に答える準備をしましょう。

こちらもご参考に:家でペットを飼うメリット

8. ペットとの思い出を話す

子供がペットの死を乗り越えるのをサポートする方法 ペットとの思い出

ペットの死という悲しい出来事に直面した時、ペットとの楽しかった思い出を取り戻すため、ペットと過ごした時間の中でも特に最高の思い出について子供と語り合う時間を持ちましょう。

できる限りペットについて話す時間を持ち、ペットと過ごした楽しい時間を思い出すことが、子供にとっては重要になります。

また、ペットのための小さな葬儀を行うのも適切な方法でペットに別れを告げる良い方法です。

これは痛みがなくなることを意味するのではありませんが、ペットとの楽しい思い出を胸にペットに別れを告げることで、ペットの死という悲しい経験を克服するのに役立ちます。

ペットとの思い出を話し合う以外にも、ペットとの時間を思い出す写真で子供と一緒にアルバムを作るのも良い方法です。

9. すぐに次のペットを迎えない

自分の友達であったペットがいなくなったというペットの死という現実を子供が克服するのには、時間が必要です。

子供の寂しさを別の動物で埋めようとしてはいけません。

次のペットを迎える前に、子供がゆっくりとペットの死を受け入れ、それを乗り越えるための十分な時間を与えることが大切です。

10. 子供に注意を払う

ペットの死に直面して、子供が悲しんだり泣くのは一般的です。

しかし、怖い夢を継続して見たり、子供がいつまでも寝られなかったり不安を感じる場合は、小児科医に相談してください。

中には、ペットの死を受け入れて克服するためのカウンセリングやセラピーが必要になる子供がいます。

ペットの死は、子供にとって最初の「死」の体験となることがほとんどです。

親として私たちができるのは、忍耐強く子供のそばで見守ることであり、私たちが子供をどれだけ愛しているのかを子供に伝えることが大切です。

ペットは子供にとって親友や兄弟のような存在です。

時間をかけてゆっくりとペットの死を乗り越えるように、温かく見守りサポートしてください。

  • KidsHealth. Cuando fallece una mascota. https://kidshealth.org/es/parents/pet-death-esp.html
  • Fleming-Holland, R. A. (2008). Reflexiones sobre la Muerte: el Duelo Infantil y el Suicidio Juvenil. Psicología Iberoamericana.
  • Ledesma, R. I. G., Cabrera, A. M., & Torres, L. S. (2010). Pérdida y duelo infantil: una visión constructivista narrativa. Alternativas En Psicolog{’i}a. https://doi.org/1405-339