子どもを読書好きにするには

10月 30, 2019
子どもが読書好きになるには、両親が本に興味を持つことが大事です。読書への関心を植え付けるには、親が手本になるのが一番効果的です。読むことには様々な喜びがある、と子どもに教えてあげましょう。

「どうしたら子どもが本を読みたがるの?」とお悩みでしょうか。

結局のところ、読書はあらゆる年齢の人にとって健康的な趣味で、心を豊かにしてくれます。また、読書は他の人と会って交流する機会も提供します。

本を読むと、永遠に続く思い出を残すことができます。字を読むことは、話すことを学んでいる年齢に発達する能力で、読書に興味を持たせるのに最適な時期です。

子どもに読書に興味を持たせる方法

読書

子どもがまだ生まれる前にお腹の中にいるうちから、読み聞かせを始めることができます。お母さんの本を読む声のピッチとイントネーションを聞くことは、子どもと母親の間のコミュニケーションになります。それに、魅力的な習慣の始まりとなります。

赤ちゃんが生まれたら、赤ちゃん向けの本を探しましょう。赤ちゃん向けの本の大きな絵と鮮やかな色が、読書の入口になります。1歳になれば、子ども向けの物語を読み始めることができます。

読書に興味を持たせるためには、毎日読むことから始めましょう。寝る前に本を読む習慣は、どんな人にとっても最も楽しい瞬間の1つです。

こちらもお読みください:お家で楽しもう!雨の日のアクティビティ

でも、ちょっとしたコツが必要です。そのコツをいくつかを見てみましょう。

1. 声に出して読み聞かす

子どもは本を読んでもらうのが大好き。読書が好きになるだけでなく、語彙力を豊かにすることにも繋がる素晴らしい習慣です。

きっと、何度も「読んで!」とせがまれる本があるはずです。同じ本を何度も繰り返して読むのって退屈にならないの?と親は思っても、子どもはまるで初めて聞くように楽しんでくれますよね。

2. 見える場所に本を置く

子どもの手の届くところに本を常に置きましょう。例えば、寝室やベッドの隣などです。また、休暇中に電車などで旅行するときは、本を持っていきましょう。

一度にたとえ数分間でも簡単に読むことができる本を何冊か常備しましょう。自宅で読書エリアを作ることも名案です。

こちらもお読みください:活力ある若い脳を手に入れるためのアドバイス

3. 子どもが一人で読めるようになっても、一緒に読書をする

子どもが一人で字を読めるようになっても、子どもは親に本を読んでもらうのが大好きなんです。親子の読書時間は、将来忘れられない思い出の一つになります。親に本を読んでもらうと、読書が家族と一緒に過ごす大切な瞬間だと学びます。

読書をする子ども

4. 映画の原作になった本を読む

本が原作になった映画やテレビシリーズはたくさんあります。映画を見た後に原作の本を読んで、映画のシーンやストーリーを子どもと再現して見ましょう。

また、逆の方法で行うこともできます。原作の本を読んだ後、映画を見るのもオッケーです。

5. 新しい本を探す

毎週、家族みんなで本屋や図書館に行きましょう。また、古本屋は、まるで宝物探しのように楽しむことができます。

これは、子ども向けの本を見つけるだけでなく、親が楽しめる本を見つける方法でもあります!

6. 電子機器を活用する

Kindle、Nook、iPadなどのデバイスは、読書への関心に火を付ける味方になります。電子形式になった本は、子どもや、日頃あまり本を読まない人にとって非常に魅力的です。

ただし、データとなった本は魅力的ではありますが、字を読む能力発達を妨げる可能性があります。こういったリソースを使用しつつ、紙の本も読み続けるようにしましょう。

7. どんな本も読んでみる

さまざまなタイトルやテーマが興味を引き起こすはずです。多くの場合、子ども向けの物語がベストですが、教育的な本を読む機会も与えましょう。

海賊、恐竜、宇宙などの題材が好きな子どもの場合は、そういったテーマの本を探してください。古典的な定番や漫画も子どもたちに適しています。

8. 読書を促進するイベントに参加する

お住まいの街には、読み聞かせイベントを開く図書館があるでしょうか。子どもをそんなイベントに連れて行って、他の誰かの読み聞かせを楽しませましょう。

また、ブックフェア(本の見本市)への参加も、さまざまな本を見つける絶好の機会です。子どもたちが作家と実際に会うこともできます。これも、読書が好きになるきっかけの1つです。

子どもを読書好きにするには

読書は家族の時間

読書好きな子どもにするためは、両親が読書を楽しむ必要があります。親が本を読む姿を見て、読書に興味を持つこともよくあるパターンなのです。

ぜひ、お子さんと一緒に読書を楽しんでください。今日は一緒に本を読んで、明日は読んだ本について話す時間を楽しむ、というのも読書を楽しむ方法です。家族で読書をする習慣を大切にすることが、子どもが読書好きになる最大の方法です。

  • Bravo, Luis, Malva Villalón, and Eugenia Orellana. “La conciencia fonológica y la lectura inicial en niños que ingresan a primer año básico.” Psykhe 11.1 (2011).
  • Jiménez, Santiago Yubero, and Elisa Larrañaga Rubio. “El valor de la lectura en relación con el comportamiento lector. Un estudio sobre los hábitos lectores y el estilo de vida en niños.” Ocnos: Revista de estudios sobre lectura 6 (2010): 7-20.
  • Reyes, Esperanza Guarneros, and Lizbeth Vega Pérez. “Habilidades lingüísticas orales y escritas para la lectura y escritura en niños preescolares.” Avances en psicología latinoamericana 32.1 (2013): 21-35.