活力ある若い脳を手に入れるためのアドバイス

7月 15, 2019
長期間にわたって、活力ある若い脳からの恩恵を受けるためには、生活の質を維持することが大切です。そして生活の質を維持するためには、常に脳をアクティブに保ちながら必要な栄養を与えることが不可欠です。

活力のある若い脳があれば、素晴らしい記憶力を維持し、明快に様々なことを感じることができます。

しかし、年を経るにつれて脳の機能な能力も低下します。

本記事では、できる限り脳を若く保つためのいくつかのアドバイスをご紹介しましょう。

年をとるにつれて、物忘れがひどくなり、暗記をするのが難しいと感じることがありますが、ある特定の習慣を身につけることで、老化を遅らせることが可能です。

運動が神経可塑性の鍵となる

神経可塑性とは、脳が変化して環境に適応する能力のことです。

それでは、身体運動は神経可塑性にどのように役立つのでしょうか?

運動すると、脳内の血流が増加し、血液の量と血管の数も増加し、脳内の酸素とグルコースの増加を引き起こします。

これは細胞増殖プロセスを助けると言われる栄養素の供給源となり、認知プロセスを改善します。

  • 注意力
  • 知覚力
  • 記憶力
運動する高齢者 活力ある若い脳を手に入れるためのアドバイス

ヴィータ脳に不可欠なマインドフルネス

マインドフルネスは、活力ある若い脳を維持するために不可欠です。

マインドフルネスの実践により、ストレスを軽減するなどの様々な効果が得られます。

多少のストレスは問題ありませんが、頻繁にストレスを感じる環境や生活は、私たちの健康に有害となります。

その中でも、ストレスによる脳への悪影響は非常に深刻で、強いストレスを感じている時には、コルチゾール値は上がり、記憶喪失などを引き起こします。

またストレスが慢性化すると、ニューロンが恒久的にダメージを受ける可能性があり、最終的には記憶に大きな影響を与えるでしょう。

こちらもご参考に:脳の健康が心配? 脳に悪影響を及ぼす6つの習慣

脳を活発に保つ

ここまででご紹介したアドバイスに加えて、活力のある若い脳を維持するためには、常に脳を活発に、そして健康に保つことが大切です。

これからご紹介する脳のエクササイズを行いましょう。

  • 電話番号を記憶する:現代社会では、電話番号を記憶する必要がなくなっています。しかし電話番号を記憶することで、「強制的」に脳とその記憶力を機能させることが大切です。電話番号以外にも、買い物リストや街の通りの名前や住所など、様々なものを記憶するように心がけてください。
  • 新しいことを学ぶ:新しいクラス、新しい言語、新しい単語など、毎日何か新しいことを学びましょう。自分の趣味に合うものを選んで楽しく続けてください。
  • 本を読む:読書は想像力を活性化するのに役立つだけでなく、脳にも大きな利益をもたらします。毎日の読書を習慣化することで、読む速度が速くなります。
  • 日記を書く:書くという行動は、心が活発になるのを助けます。どのような方法でもいいですが、継続して書くことが大切です。

こちらもご参考に:脳の健康を保つ食生活

バランスのとれた健康的な食生活

読書 活力ある若い脳を手に入れるためのアドバイス

活力のある若い脳を維持するためには、食生活にも注意を払うことが大切です。

私たちの脳は、グルコースを主なエネルギー源として使用するため、炭水化物、ビタミン、タンパク質を十分に摂取することが重要です。

必須栄養素を十分に摂取しないと、神経系に悪影響を及ぼす能性があります。

特定のビタミンやミネラルが欠如した食生活は、無関心、注意力の欠如、緊張感、または疲労感を引き起こす原因となる可能性があります。

若く活力のある脳に、健康的でバランスの良い食生活が欠かせないのはこのためです。

また、上記のアドバイスに加えて、心配する、怒る、悲観的になるなどの否定的な考えに満ちた心は、ストレスや不安につながり、最終的には脳に悪影響を及ぼす要因となる可能性があります。

毎日を幸せにそして穏やかな心で過ごすことに加えて、運動などを行い、心身の健康維持を心がけることが脳にとって大切です。

年齢を重ねるのを止めることはできませんが、老化を遅らせる努力をすることは可能です。

今回ご紹介したアドバイスを、早くから実践することで若々しく活力のある脳を維持する効果が期待できます。

  • Gómez-Pinilla, F. (2008). Brain foods: The effects of nutrients on brain function. Nature Reviews Neuroscience. https://doi.org/10.1038/nrn2421
  • Harrison, F. E., & May, J. M. (2009). Vitamin C function in the brain: vital role of the ascorbate transporter SVCT2. Free Radical Biology and Medicine. https://doi.org/10.1016/j.freeradbiomed.2008.12.018
  • Young, S. N. (2007). How to increase serotonin in the human brain without drugs. Journal of Psychiatry and Neuroscience.