腸内細菌に届く炭水化物(MACs)

この記事では、Macsと呼ばれる腸内細菌に届く炭水化物とは何か、そして私たちの健康維持にどう役立つのかを説明します。
腸内細菌に届く炭水化物(MACs)

最後の更新: 19 1月, 2020

腸内細菌に届く炭水化物であるMACsは、宿主の代謝による消化に耐性がある炭水化物です。

様々な研究によって、このタイプの炭水化物は、腸内細菌叢の多様性の増加と全体的な健康改善と深い関わりがあることが示されています。

腸内細菌に届く炭水化物(MACs)

腸内細菌に届く炭水化物(Macs)は、腸内細菌叢が摂取する難消化性の多糖類で、それらのほとんどは可溶性の食物繊維です。

食物繊維という用語は、消化吸収プロセスに抵抗する炭水化物の可食部分を指します。

食物繊維は、そのまま大腸に到達することができます。また大腸では、腸内細菌叢が発酵する機会を持っています。

すべての食物繊維が腸内細菌叢に届くわけではありません。また、腸内細菌叢に届き発酵に役立つのは、可溶性食物繊維のみです。

このタイプの食物繊維は、水分を保持して膨張し、腸内で脂肪と糖の吸収を遅らせる、粘稠なゲルを形成できます。

腸内細菌に届く炭水化物(MACs) 食物繊維

対照的に、不溶性食物繊維は発酵できないか、非常にゆっくりしか発酵しません。

ただし発酵はできなくても、腸を浄化し、体内から老廃物を排出する作用はどちらの食物繊維にもあるため、便の量を増やして腸の通過を促進する作用がある有益な栄養素だと考えられています。

MACsが発酵可能であるべき理由

健康な腸内細菌叢の餌となるべく、腸内細菌に届く炭水化物が発酵性であることはとても大切です。

Macsがないと、私たちの健康維持に役立つ腸内細菌叢が増殖できないだけでなく、生き残ることができなくなり、体内では病原体の方が強くなってしまう可能性があります。

また、発酵は腸内細菌叢が短鎖脂肪酸などの物質を生産するための基本的なプロセスで、栄養作用、代謝機能、免疫作用、および抗炎症効果があります。

腸内細菌叢に届く炭水化物(MACs)の利点

MACsの利点はすべて、健康な腸内細菌叢に起因しています。

今回の記事では特に大切な利点を取り上げています。

  • 腸への効果:健康な微生物は、腸壁の状態を改善・安定させることができます。その結果、食品の腸の通過を改善することもできます。
  • 抗炎症作用:腸内細菌叢は、大きな抗炎症力を持つ物質を生産することができます。慢性の細胞性炎症は、アルツハイマー病、癌、糖尿病、心血管疾患、早期の老化、肥満などの多くの病気への第一歩と考えられています。
  • 栄養作用: MACsの発酵は、腸内細菌叢が栄養を体に提供するために不可欠です。これらには、ビタミンKやB12などの短鎖脂肪酸、ビオチン、葉酸が含まれます。
  • 免疫調節特性:健康な腸内細菌叢は、腸の免疫反応を刺激して、IgA抗体、マクロファージ、ナチュラルキラー細胞、T細胞、インターフェロン、およびインターロイキンなど、身体の自然な防御要素の一部を強化することができます。また、抗菌作用を持つ成分を合成します。
  • 精神神経への作用:健康な腸内細菌叢と腸管透過性の低下は、精神面での健康を享受するための重要な鍵となります。
腸内細菌に届く炭水化物(MACs) 腸内の様子

豊富で健康な腸内細菌叢は、健康維持と促進に欠かせません。

MACsが豊富な食品

レジスタントスターチ、βグルカン、フルクトオリゴ糖、イヌリン、粘液、ペクチンは、Macsです。

ここでは、どの食品に含まれているかを説明します。

  • レジスタントスターチレジスタントスターチは、主に米、ジャガイモ、調理済みの冷えたオートミール、サツマイモ、栗、エンドウ豆、レンズ豆、オオバコ、熟したオオバコ、ソバ、キャッサバに含まれています。
  • βグルカン:これらは藻類、オート麦、キノコに存在します。腸内細菌叢への影響に加えて、免疫系を調節する作用が際立っています。
  • フルクトオリゴ糖とイヌリン:ニンニク、玉ねぎ、アスパラガス、バナナに豊富に含まれています。
  • 粘液:主に寒天、オオバコ、チアシード、トマト、およびチアシードに含まれています。
  • ペクチン:ペクチンが豊富な食品には、ブルーベリー、グーズベリー、レモン、みかん、リンゴ、マルメロ、オレンジ、ブドウです。

全粒穀物に含まれるセルロース、ヘミセルロース、リグニン、ふすまなどは不溶性繊維なので、MACsのグループではありません。

結論

健康的な腸内細菌叢を維持しながら、その健康効果を享受するには、十分な量と種類が豊富な腸内細菌叢が必要です。

そのためにはMacsの摂取が欠かせません!

それはあなたに興味があるかもしれません...
セリアック病のための炭水化物たっぷりのグルテンフリーレシピ
みんな健康Read it in みんな健康
セリアック病のための炭水化物たっぷりのグルテンフリーレシピ

グルテンは日々の食事の中にも多く含まれています。しかしセリアック病患者はグルテンを摂ることができないため食べるものが限られてしまいます。しかしタンパク質自体は体を正常に働かせるため必須なものです。今回はグルテンフリーでありながら工夫を凝らしタンパク質を多く摂取できるレシピを紹介します。



  • Chung WS., Meijerink M., Zeuner B., Holck J., Louis P., et al., Prebiotic potential of pectin and pectic oligosaccharides to promote anti inflammatory commensal bacteria in the human colon. FEMS, 2017.
  • Liu H., Wang J., He T., Becker S., et al., Butyrate: a double edged sword for health? Adv Nutr, 2018. 9 (1): 21-29.
  • Henrion M., Francey C., Le K., Lamothe L., Cereal b glucans: the impact of processing and how it affects physiological responses. Nutrients, 2019.