腸内細菌異常増殖症候群の10の兆候

10月 31, 2015
糖尿病などの疾患は、腸の筋肉に影響を与え、腸内の温度を通常より上昇させることがあります。

食後数時間後、ズボンのボタンがしめられなくなるほどお腹が張っているように感じることがありますか? 目を覚ました時はぺったんこだった胃が、一日の終わりにはかなり膨張した状態になる人が、最近、ますます一般的になっているように思われます。

腹部膨満は、それが過剰ではない場合であっても、腸の炎症を示唆している可能性があります。お腹の腫れに、ガスなどの症状および/または膨満感を伴う場合は、特定の食品への過敏か、腸内の温度を上昇させる細菌感染症が疑われます。これは、腸内細菌異常増殖症候群(SIBO)として知られています

SIBOとは?

腹痛

腸内の細菌の異常増殖は、正常なバランスが崩れ、腸内細菌が野放しに増加し始めた時に起きます。これはなぜ起こるのでしょうか? 多くの場合は、炭水化物、精製食品、アルコール、加工食品などを食べた時に起こります。 この種の食品は細菌に栄養を与え、脂肪酸を分解し、ガスや膨満感を引き起こします

細菌のもう一つのタイプもまた、体が使う前に胆汁を分解し、状態が悪化した場合、脂肪の吸収不全や下痢を引き起こします。最後に、細菌の第三のタイプは、小腸の粘膜にダメージを与える毒素を生産し、体が必要な栄養素を吸収するのを阻害します。

腸内細菌異常増殖症候群の10の兆候とは?

腸内細菌異常増殖症候群の症状は非常に一般的であり、他の疾患と間違われやすいです。以下の症状が1つ以上ある場合、医者に相談するのが最善です。

  • ガス
  • 腹部膨満
  • 脂肪の吸収不良
  • ラクトース、グルテン、カフェイン、フルクトース、その他食品に対する過敏
  • 腹部の痛みやけいれん
  • 便秘など消化の問題
  • 過敏性腸症候群や炎症性腸疾患
  • 疲労、糖尿病、線維筋痛症、自己免疫疾患、神経筋疾患などの慢性疾患
  • 特にビタミンB12など、ビタミンやミネラルの欠乏
  • 下痢

細菌の異常増殖の原因は?

細菌

腸内細菌の異常増殖は、最終目的地である結腸に食品中の細菌を運ぶための消化プロセスが妨害された場合に発生します。腸内の神経や筋肉へのダメージは、バクテリアを小腸に留まらせる可能性があり、SIBOの原因となります。 糖尿病などの疾患は、腸内の筋肉に影響を与えるため、SIBOの別の危険因子になります。

腸内細菌の異常な蓄積のその他の原因は、手術の傷跡やクローン病など、腸内の物理的障害です。 抗生物質、抗酸薬、ステロイドなどの腸内細菌叢を変化させる薬物も、SIBOを引き起こす可能性があります。 最後に、既に述べたように、 この疾患の主な原因の一つは、精製食品、アルコール、炭水化物、糖などの消費です。

SIBOの検査はできるか?

医師のアドバイスに従って、家で呼気検査ができます。検査は通常、12時間の絶食や砂糖の制限を含み、呼気サンプルを得るために3時間のあいだ15分毎に、風船の中に息を吹き込みます。 この検査は、SIBOの他、セリアック病または膵臓機能不全のような他の疾患の検査にも使われます。

病院や診療所では、医師は、尿や便検査でこの疾患を診断します。最初に医者に相談し、症状すべてについて話し合う必要があります。

SIBOの治療法は?

SIBOの治療の最初のアドバイスは、炭水化物の消費を減らし、砂糖や小麦粉など精製食品を避けることです。 また、アルコール摂取量を制限し、医師に治療の相談をしましょう。通常、医師は抗生物質を処方します。重要なことは、自己判断で薬を服用しないことです。

あなたへおすすめ